184470 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

クリシュナ108のブログ

PR

X

Profile


番茶ギーター解説

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Aug 27, 2012
XML
カテゴリ:著作公開
捨ててこそ青春だ

10章  「かせぎ」と「つとめ」

人生をおくるうえで仕事は重要なファクターとなる。この仕事を君たちは「かせぎ」とおもっている。質素な生活でいいのなら「かせぎ」は少なくてもいい。だから「かせぎ」を気にせず好きな仕事ができる。贅沢な生活、消費がしたいなら「かせぎ」をふやさないといけない。前者は自分探しに時間をつくれるが、後者にはそんな時間はない。他人との優劣を付けるためはたらくだけの人生である。人がうらやむものを手にいれるためにはたらく。しかもやりたくない仕事までして。質素なくらしをして自分探しの時間をたくさんつくる。これがこの本のテーマである。

「命を肉体だけから考えると自分の存在意義を見失ってしまう」【渡辺昇一】

贅沢なくらしとは肉体観念のくらしであり、質素なくらしとは肉体に執着しないくらしである。つまり魂に主眼をおいた生活である。

「錦をまとって地獄に堕ちるよりボロをまっとって天国へ行け」【英諺】

「君たちの時間は限られている。だから他人の人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。それは他人の思考の結果とともに生きることだからだ。他人の意見によって自分の内なる声が掻き消されてしまわないようにしろ。そして一番大切なことは自分の心や直感に従う勇気をもつことだ。心や直感は、君が本当は何になりたいのかすでに知っている。ほかのことは全て二の次だ」【スティーブ・ジョブズ】

本当に自分の能力を発揮できる仕事がある。心のそこからトキメキを感じる仕事がある。そういう仕事につければどういうことがおこるか。人生がたのしいから余裕が生まれる。衣食足りて礼節をしるようになる。礼節をしって人は人間らしく生きられる。そうでなければ動物とかわらない。礼節とは礼儀をわきまえる、自分のことだけでなく他への配慮ができる余裕がそなわるということである。
それを広義において供犠(ヤッギャ)といえる。依存している相手に礼をしめすことである。人は多くのものに依存して生かされている。まず、両親、先祖に依存している。親がいないとこの世に生を受けられなかった。だから礼をつくし親孝行、先祖供養という供犠をおこなわないといけない。会社にも依存している。生活の糧をもらっている、だから労働という供犠をする。国家にも依存している。だから税金を払うという供犠をする。雨、土、風をつかさどる八百万の神々にも依存している。だから祭祀(宗教的儀式)を執りおこない供犠を返礼する。それでは私たちを創造した創造主にはどうやって供犠をすればよいか。それが後述の「18の茶室」の主題である。これをしらないと人生の意味がない。そこで最高の供犠をじっくり勉強してもらいたい。この最高の供犠を実施すればその他の供犠は免除される。社長決済が得られたら部・課長の決裁などもう必要ない。

心の鏡にはたくさんの塵や埃がつもっている。不要なものを捨てることはこの塵や埃をはらうことであり、そうすれば自分の姿がよくうつる。不要なものをためこむと鏡をそれが覆い自分の姿はうつらない。またしんどい仕事をしていると、それをわすれさせるためや、ストレスをとるために余暇をつかってしまう。心の鏡にうつった自分をみつめる時間などない。

じつは仕事には、「かせぎ」と「つとめ」がある。江戸時代はそれがあたりまえであった。人は日銭を「かせぐ」のと同時に地域への貢献もわすれなかった。消防団、夜警団、氏神様の祭り、河川・池・墓地などの管理など地域のために「つとめ」をはたした。この地域への奉仕こそ供犠である。「つとめ」は供犠(ヤッギャ)のことである。
「ヴェーダ」では人生を四期にわける。学生期、家住期、林住期、遊行期である。「かせぎ」をするのは家住期だけである。あとは「つとめ」の期間である。家住者の「つとめ」は「かせいだ」お金で他の階級を維持することになる。
Simple Living and High Thinking
「質素な生活と高い思考」をおくりたい。「贅沢な生活と質の高い消費」の人生をおくっては大切なものを見失う。

誤解されてはいけないので明確にするが、供犠(ヤッギャ)の本当の意味とは至上主を満足させることである。本来はそれ以外のものになされるものではない。
本当はなにになりたいのか魂はすでにしっている。本当の仕事、供犠はなにかもしっている。だからそれを思い出さないといけない。このことを理解するには「18の茶室」を本がすりきれるまで、なんどもよんで答えをみつけてほしい。

「私はあらゆる供犠(ヤッギャ)と苦行の究極の受益者であり、全ての惑星と神々(デーヴァ)の至上主であり、一切の生物の幸福を願う大慈悲者であると、これを知る人は永遠の平安(シャーンティ)に達する」【バガヴァッド・ギーター第5章29節】


prabhupada_01.jpg






Last updated  Sep 1, 2012 07:36:49 AM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

ローザンベリー多和… New! さぁちゅん☆さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

         … 就職活動サポーターさん
飲食ブラックからホ… ブラック企業からの、ホワイト転職者さん

Comments

通りすがりの読者@ Re[1]:ナーラダ・バクティ・スートラ(78)(07/22) バガヴァッド・ギーター』第3章15 【…
ジョーンズ@ Re:『捨ててこそ青春だ』 第6章 新村(シンチョン)の隠れ家サウナ(08/25) あきらめるほうがつづけるより難しいのは…
なにここ?@ Re:ナーラダ・バクティ・スートラ(78)(07/22) なにここ・・・壮絶、コワッ!!
虹の父@ Re[1]:ナーラダ・バクティ・スートラ(78)(07/22) ブログ読者さん 度重なる無礼、誠に申し…
ブログ読者@ Re:ナーラダ・バクティ・スートラ(78)(07/22) ブログ主さんがひたすら沈黙を守っておら…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.