地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2006.05.02
XML

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく



 

「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」
杉山 知之著 2006/02 祥伝社



 インターネットやデジタル、ITを語る時、どうしてもアメリカからの輸入で、それをいかに取り込むか、いかに逆襲するか、という視点になりがちだった。しかし、それはインフラを中心として考えた場合であって、オリジナルなコンテンツ、ということを中心に考えたら、必ずしもそうでもなさそうだぞ、と本著は思わせてくれる。

 最近は、若い世代の人たちの本を読むことが多くなって、どこかついていけない部分も感じなくはないが、本著の著者は、私とまったく同じ世代の人間だ。時代体験はまったく同時である。いわゆるデジタルハリウッド学院のリーダーだ。学校、大学、大学院、とはいうものの、文部科学省のいうところの学校法人ではないだろうが、その心意気には共感する部分も多い。

 日本発のオリジナル・コンテンツ、という時に、その基礎は、漫画、アニメ、オタク、アキバ、萌え、あたりにありそうだ、という視点は私に目新しいが、また、ちょっと恥ずかしい感じもする。しかし、かつて三流文化に思われていた、江戸時代の浮世絵文化が、西洋の印象派のアーティスト達に大きな影響を与えたことを考えると、漫画文化を軽視するのは、どうかな、と反省させられる。

 日本にいながら、日本の「クール」な部分に意外と気がつかない、ということはあるだろう。そのような部分に視線を向け、それをオリジナルなコンテンツをさらに創造する人材を発掘・要請しようとする著者の視点には一目おくべきだ。

 さて、それでは、クール・ジャパンは、そこだけか、というテーマは残る。P156 では作家の島田雅彦が日本文化の「三点セット」は「わび・さび・萌え」と表現したことを紹介している。Web2.0とインフラ整備の進む中、日本発のオリジナル・コンテンツの今後の活躍やいかに。なかなか興味深い視点をもらった感じがする。







Last updated  2009.03.29 12:35:46
コメント(4) | コメントを書く
[ネットワーク社会と未来] カテゴリの最新記事


PR

X

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.