地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2006.10.11
XML

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく



 

「寝ながら学べる構造主義」 
内田樹 2002



 
「『街的』ということ」と言う本がとても面白かったので、そのあとがきを書いていた内田樹という人の名前がどこかに残っていた。そしたら、たまたまこの人が書いた本があったので、借りてきた。この本もなかなか面白い。寝ながら読んでしまった。

 私は「専門家のための」解説書や研究書はめったに買いません。つまらないからです。しかし「入門者のための」解説書や研究書はよく読みます。面白い本に出会う確率が高いからです。p7

 最初から、こちらの下心を見抜かれたようで、ちょっと気恥ずかしい。私が新書本を好んで読んでいるのは、もちろんこちらが厚い本を読むだけの読解力がないせいもあるが、たしかに新書本には面白い入門書や解説書が多いからでもある。もちろんこの本も新書本だ。

 構造主義前史として、マルクス、ニーチェ、フロイトの解説のところを読んでいて、社会、私、魂のトライアングル構造が思い浮かんできた。それはある意味、このブログの構造と重なっているわけだが、結局は、煮詰めていけば、「なかよく元気でしあわせに」ってことになるんだなぁ、と解釈。

 ところで、いよいよ、フーコー、バルト、レビィ=ストロース、ジャック・ラカンの構造主義四銃士になると、ふーっと思いつつ、横目で読んでみると、これがなかなか分かる。なるほど、そういうことか。この程度のことだったら、もうすこし気をいれて読み直したら、完全理解できるな、と思わせてしまうほど、すごい魅力の本でありました。

 乱雑に並んだ新書本を無作為に手にとりながら、結局、次第に構造化しつつあるわがブログ。いくつかの選択肢の中から選びとったブログ・ジャーナリストというエクリチュールのもとで、どんなテクストがみちびきだされるのか。

 ポスト構造主義という言葉もあったし、過去の記事にも
ポストモダンという言葉もでてきているなぁ。どうもポストという言葉も気になり始めた。ポストとは「以後」をあらわすラテン語だとか。実はこのブログ、この「以後」というところにポイントがあるのであった。今は、ポスト「彼」とだけ言っておこう。

 私たちはインターネット・テクストを読むとき、それが「もともと誰が発信したものか」ということにはほとんど興味を持ちません。誰が最初に発信したのであろうと、それはインターネット上でコピー&ペーストされているあいだに変容と増殖を遂げており、もはや「もともと誰が?」という問いはほとんど無意味になっています。問題は、それを読むか読まないか、読んだあと自分のサイトにペーストしたり、受信元のサイトにリンクを張ったりするか、という読み手の判断に委ねられています。これはバルトのいう「作者の死」とかなり近い考え方です。p130

 このブログで狙っていることはまさにそういうことなのだが、作者はこう前書きしながら、「その先鞭をつけたのは、リナックスOSです」とリーナス・トーバルスの紹介に入っていく。なかなかうれしい。この本、美しい。美的である。美の表現という意味で、このブログでは「ブログ・ジャーナリズム」のカテゴリへのご招待となった。 







Last updated  2009.03.29 13:25:27
コメント(0) | コメントを書く
[ブログ・ジャーナリズム] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.