地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.02.22
XML
カテゴリ:アガルタ

地球人スピリット・ジャーナル2.0につづく



「神の子どもたちはみな踊る」 
村上春樹 新潮文庫 2002/3 初出1999/8~1999/12 他


 
菅野継さんのご紹介。読んでみようかなぁ、と家族に話したら、すでにこの本は我が家にあった。学生時代に子供が読んだらしい。この本ばかりではなく、他にもあちこちから何冊も村上春樹が掘り出されてきた。ふ~~ん、すでに我が家は、村上春樹に随分と侵食されていたんだな。

 何人かの女性たちを思い出した。彼女たちに、耳にふ~、と息を吹きかけられたような気分になった。10代の時に、旅先で知り合ったHちゃん。当時、小説を書いていた。駅の売店で文芸雑誌を広げてみせて、佳作の欄に自分の名前が列記してあるのを、しずかに見せてくれた。彼女は、あれからずっと年下の(と言ってもボクと同い年だが)農家の長男と恋におちて、ビニールハウスで野菜を作り始めた。でもそれからも小説を書いていて、「T」って雑誌の賞を取った。それ以来、どうしているんだろう。

 阪神淡路の時は、すぐT区(だったと思う)に住んでいるSちゃんに電話した。彼女は、結局ボクらよりずっと年上の男と結婚した。といっても7歳だけの年上だったのだけど、やっぱり30歳以上の世代、というのは当時ではだいぶギャップがあった。結局、彼女は5人の子供を生んだ。ほんと、そんなに多産系だとは思わなかった。地震では、ちょっと家の壁にヒビが入った程度だといっていた。

 地震もサリンも関係ないけど、Cちゃんのアパートが、すぐそばの川が氾濫して、床下浸水したことがあった。彼女も結局ボクと同い年の人と結婚して、同じ年の子供を二人生んだ。同じ幼稚園に通わしていたこともあった。彼女とは、だいぶ経ってから、割と近くに住んでいることがわかって、年に一度の年賀状だけは交換していたけど、この1~2年、また途絶え始まった。

 村上春樹を読んでいると、どうしてオンナたちを思い出すのだろう。ああ、そういえば、あの時のあの人、とか、えっと、そういえば、とか、なんだか、久しぶりに持ち出した、おもちゃ箱をひっくり返されたような、そんな気分を味わった。

 かえるさん、じゃなかった、かえるくん、のお話は、それこそカフカの「変身」の出だしを思い出した。高校時代に、カミュじゃなくて、オレはカフカのほうが好きだ、とヘンなこと言ったら、不思議そうな顔で(当然だろう)こちらを見つめたオンナがいた。もちろん、彼女とはなんにもなかったのだけど、なんにもなくて、ヨカッた。

 2月18日、とは、1月17日と3月20日の、丁度真ん中の日、なんだな。最初から、あの時のことをイメージして書いたといわれていたから、どうしてもそういう先入観で一つのあの時の、空気を思い出そうとしていた。小説のひとつひとつにコメントつけるほどのことでもない。村上春樹は、いつかは読んでみたいと思っていたけど、こんなふうな読み出し方でいいのだろうか。いや、どこからでもいいに違いない、などと、いろいろ独りで、ごもごもと言ったりしている。






Last updated  2009.03.31 13:12:04
コメント(3) | コメントを書く
[アガルタ] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.