1288387 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

地球人スピリット・ジャーナル1.0

PR

Rakuten Profile


Bhaveshさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Recent Posts

Archives

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12

Category

Comments

ラララ@ Re:私が愛した本<26> ラマナ・マハリシ(01/08) 感動して、なぜか涙が出てきました。。。(…
Bhavesh@ Re[1]:マイトレーヤ(03/17) holy echo♪さん 書き込みありがとうござい…
holy echo♪@ Re:マイトレーヤ(03/17) この本を紹介してくださってありがとうご…
Bhavesh@ Re:憲法九条を世界遺産に(03/18) 憲法九条にノーベル賞をという話題が持ち…
bhavesh@ お陰様で 富豪九龍ケン さん お陰様で体調は至って元…
富豪九龍ケン@ Re:「一九九九年地球壊滅」 桐山靖雄 <1> 久々ですがたまたま=ネットサーフィンし…
bhavesh@ Re:一九九九年地球壊滅(11/10) <small> <a href="http://terran108.coco…
bhavesh@ Re:一九九九年地球壊滅〓って出版年が(11/10) 富豪九龍ケンさん せっかくの書込み、3年…
Bhavesh@ Re[1]:ゾクチェンの教え <1>(09/10) アドバイス、ありがたく頂戴します。
mkkk@ Re:ゾクチェンの教え <1>(09/10) いきなり後期密教からやって理解できるわ…

Favorite Blog

マンジューシャカ New! 歩楽styleさん

増田地区民大運動会… 丹野まさよしさん

佐倉ごるふの「原理… 佐倉ごるふさん

Calendar

2007.10.06

 
XML
カテゴリ:2nd ライフ
前より続く


「中毒するセカンドライフ」 
三上義一 2007/09 ランダムハウス講談社 単行本 221p
No.804★★☆☆☆

 久しぶりに街にでて書店に行って見ると、年寄りの介護に追われている身としては、ある意味では、華やかな街の雑踏でさえ「仮想社会」に思えてくる。相変わらずの景色だが、どこか醒めてしまった自分がいることに気づく。何がリアルで、何が大切なのか。何が必要で、何がアプリケーションのトッピングなのか、いよいよマジな気分になってきた。

 この本、セカンドライフを語っているが小説である。ついに出た、というべきか、当然出るだろうと思われていた、というべきか。まぁ、狙いはわからないわけではないが、残念ながら、読者としてこの小説をじっくり読んでみるほどの関心は湧いてこない。SL本ウォッチングとして、このような本が出た、というメモを残しておくことにとどめよう。



「セカンドライフ探検ガイド」
三淵啓自 /デジタルハリウッド大学 2007/10 実業之日本社 単行本 157p
No.805★★☆☆☆

 
「セカンドライフの歩き方」と同じ著者による別バージョンというべきか。まぁ、この手の本はすでに出尽くしている。どこかに新しい記事が書いてあるのだろうが、それをひとつひとつ追っかけてみることに、何の意義も感じないような時代になってしまった。

 私の住んでいる地域の行政もすでにSLに参入を果たしているが、最近は、取り引きのある
TN社もまたSL参入を発表した。まぁ、遅れてはならじ、という持ち前の業界リーディングカンパニーとしての危機感からの参入だろうが、その仮想社会を本当に必要とするには数年以上の時間を必要とすることだろう。



「オープンソースの逆襲」 
吉田智子 2007/09 出版文化社 単行本 263p
No.806
★★★★★

 オープンソースの存在意義については、このブログでも何度か触れてきた。SL本ではないが、PC本コーナーに行ってこのような本があれば、ついつい手にとって読んでみたくなってしまう。この本であらためて知るようなことも少ないが、確実にこのような本が次々と生まれてきては、そのオープンソースの存在意義を主張し続けてくれることはありがたい。逆襲とまではいわないまでも、まもなくと言うべきか、もうすでにと言うべきか、winの一人劇場は終わっているのだ。まぁ、winはすでに裸の王様状態だな。



「パソコン創世『第3の神話』」
ジョン・マーコフ /服部桂 2007/10 NTT出版 単行本 432p
No.807
★★★★☆

 
「アップルやPARCより前に起きた、決して語られなかった神話が明らかになる。パーソナル・コンピュータの本当の原点はここにあった。」、「カウンターカルチャーが育んだ夢」というコピーだが、本当にそうだったのだろうか、とちょっと疑問になる。もちろん、一部にはそのような動きはあったのだろうし、今からそのように歴史を位置づけることも可能であるかもしれない。しかし、すでに40年近く経過した過去のことをあまりに美化するのもどうかなぁ、と思う。これではまるでカウンターカルチャーがパソコンを生み出すためにあったようなイメージさえ持ってしまう。

 もしそのようなコピーをくっつけるなら、カウンターカルチャー全体を論じてほしい。そして、もっと俯瞰的な総括のうえに、これからの未来図もつけてほしいものだ。もちろん、このような捉え返しは賛成だし、論旨に反論はない。しかしひいきのひいき倒しにはなってほしくない。

つづく






Last updated  2009.02.10 21:43:40
コメント(0) | コメントを書く
<2>よりつづく

fox-sonootoko-zoruba.jpg
「その男ゾルバ」  [字幕スーパー版] <3>  
原作:ニコス・カザンザキス 製作・脚色・監督:マイクル・カコヤニス 出演:アンソニー・クイン ∥ アラン・ベイツ ∥ イレーネ・パパス ∥ リラ・ケドローヴァ 原題:Zorba The Greek 国別:アメリカ・イギリス・ギリシャ合作 1964
No.V059
★★★★★

 仕事も忙しくなったし、本など読んでいる場合じゃない。そろそろ図書館通いは卒業しようと、決意したのは、ほんの数日前。借りていた本も全部返却し、読みたい本リストも削除した。ちょっとせいせいした気分だったのは、ほんの数日。またまた図書館から連絡がきた。以前から依頼していた本がようやく2冊ほど入ったという。もともと読みたい本だったからありがたかったが、これでは、まだまだ図書館とは縁が切れないことが判明した。

 図書館にいったついでに、以前から気になっていたビデオも借りてきた。いままで何度もみたものだ。でもそれはテレビに放送されたものを録画したもの。一本のビデオになっているのはこれが初めてだ。いままでも何度かこのブログにも登場した。
YouTubeでみたり、小田実が亡くなった時も思い出した。

 初めて本として読んだのは25年ほど前。小説が苦手な私は全体のストーリーさえよくよく理解できなかった(読むのが面倒くさかったんだなぁ)。そして20年ほど前にテレビで放送された。早速録画して何度も繰り返してみたのでストーリーは分った。だけど、あとから考えてみたら、どうやら40分ほど短縮されていたのだった。あれ~。

 で、数年前に今度はノーカット版が放送されたので、今回は保存版としてDVDに録画することにした。しかし、この時も慣れない録画で、後半部分30分が、DVDの設定ミスで録画されなかったのである。残念! それを見かねた友人が、完全録画版を送ってくれたので、ようやく全編を見ることができた。

 しかし、いままでは飽くまでテレビ放送版。ひょっとして原版はもっと違うのではないか、と以前からちょっと気にはなっていた。図書館の視聴覚コーナーに一年ほどに見つけた時から、一度は借りてこようと狙っていたのだ。

 さて、夕べも見たのだが、どうやらいつのものように焼酎が回って、後半一時間分は寝てしまったようだ。そんなこんなで、ようやく今日は改めて見ることになった。今日きちんと見てみて、なるほど、いままで見逃していた部分が沢山挿入されていた。こまかい表情やストーリーの細かいディティールがこちらのほうがより分る。

 もともとOshoがゾルバ・ザ・ブッダと言ったから知った作品だけれど、どうしてもOshoの言説のイメージが強くて、勝手にこちらでゾルバのプロフィールを知っているつもりになっていた。今日改めてみて、より生き生きとしたゾルバが、またまた微笑んでいた。これなら、これからも何回か借りてきて繰り返し、見てみようと思う。ひょっとすると、今日も見逃してしまったところが、また現れてくれるかもしれないぞ。

Zorba's Dance, Including The Barbecue Party

Zorba The Greek Dancing His Heart Out

Zorba the Greek

<4>につづく







Last updated  2010.02.13 00:15:41
コメント(0) | コメントを書く
ガントレーニング2.JPG
「ガントレーニングセミナー」 顧客をガンから守るムーブメント(仮称)
おすすめ度?????

 職業柄、何をどう、どこまで学んでおけばいいのか、一応は線引きをしてみるものの、どこまでもボーダレスに守備範囲を広げつづけなくてはいけない、・・・・のか。しかし、それは無理だろう。もともと医学や身体に関心があり、すでに予備知識がある人ならそれもいい。だけど、なにやら今度は「顧客をガンから守るムーブメント(仮名)」だという。その意義や目的には賛同できる。しかしながら、「ガンから守る」なんて誇大妄想なのではないか、大言壮語にすぎないのではないか、とちょっと首をかしげる。

 最近は、自らがガンに罹患していることを告白する有名人も多くなった。個人でも、しっかり告知してもらい、ガンに面と立ち向かおうとする人々も増えている。かつてはガンは不治の病だった。告知されればそれは死を意味した。だから本人にはあまりにその精神的なショックは大きすぎ、日本においては告知はほとんどされることはなかった。

 しかし医学は進歩した。検査技術や治療技術が進歩したおかげで、早期発見早期治療に務めれば、死期を遅らせるだけではなく、完全治癒する可能性さえ残されるようになってきた。だから告知は日本においては増えている。それでも死亡率は下がらず、およそ3人の日本人はガンで死亡していく。

 ガンで思い出すのは、
ケン・ウィルバーの奥さんトレヤが、やはりガンで亡くなったこと。その日記を読むと、二人や周囲の人々が、いかにガンと付き合ったのか、克明に書いてある。トレヤの死後、ウィルバーが次なる著書を出すには何年も経過している。あるいは最近、私も大事な恩師を乳がんで亡くしている。さらにはヘンプなどの薬効を末期患者のターミナルケアとして使おうという動きもある。サーマンの「現代人のための『チベットの死者の書』」ども話題になった。

 ムーブメントといっても、その多くの部分は、つまりリスクを金銭に置き換えてマネジメントしようというプロジェクトだ。「顧客をガンから守る」なんてことは専門家ならぬ立場の人間が軽々しく口にすべきではないと思う。もっとも
PETのような検査技術も、かなり割安な料金でサービスを受けることができるようになってきた。ガンに罹患することは避けることができないまでも、その「現状」と「課題」についても直視していかなくてはならないのだろうと思う。そして、残されている道は決して多くはないだろうが、ひとりひとりにできることは皆無ではない。そこのところは、確かにキチンとトレーニングしておくことは大事なことではある。






Last updated  2009.02.02 22:16:00
コメント(0) | コメントを書く
代協活動.JPG
「代協活動の現状と課題」 
平成20年度版社団法人・日本損害保険代理業協会 
No.803★☆☆☆☆

 おすすめ度と言っても、一般には入手できない冊子につき、おすすめすることもできない。ましてや、代協などと言っても、何のことやら分る人はほとんどいないはずだ。これでも、マネー雑誌に宣伝したり、ラジオ広告でアピールしたりしているのだ。しかしまぁ、いかんせん全国1万2000人程度の小組織につき、社会的な認知度は低い。認知度が低いが、その活動内容や情熱は決して低くはない。ましてや存在意義も十分ある。

 この冊子は、年に一度発行されて会員の手元に配られる。まさに「現状」と「課題」である。すでに67年の歴史をもつ業界組織につき、業界組織率約30%とは言え、かなりな実力がある組織と考えてみることもできる。もちろん、ひとりの会員の目から見たら、問題が山積みになっていることも十分にわかる。

 組織としての活動もともかくとして、マーケット市場のデータも毎年更新されているので、興味深い。2006年度における代理店実在数はおよそ25万店。そして募集従事者集はおよそ200万人。とすると一代理店に8人の募集人が登録されていることになるが、あくまでこれは資格登録者数なのであって、実際の感覚としては稼動25万代理店平均2~3人の実働として5~60万人の統計的従事者数ということになるだろう。

 つまり日本人口1億3千万人として、ひとりの従事者が平均200人程度の顧客をもっている、ということになる
80対20のパレートの法則や6次の隔たりでも考えてきたが、まぁ、この地球上に200人の知り合いがいれば、まぁ平均的なのであって、一つの職業に就く限り、この程度の支持者は必要であろう、という目安にはなる。あるいは、自分がひとりの人間としてこの地球上で生活するうえにおいて、おおよそ200種の職業の人々のお世話になりながら生きている、と換言することもできるだろう。

 もちろんごくごくありふれた職業もあるだろうし、希少価値をもって本質とする職業もなくはない。しかしながら、地球人としてマーケットプレイスでごくごく溶け込んで生活していくには、この平均200人程度の顧客を相手にする職業は、浮世をしのいでいくには、とても便利な職業と言える。小隠として山里に住むのでもなく、病的な自己顕示に走る必要もない。

 この団体も近年ボランティア活動に力をいれている。公益法人であることに目覚めたというべきか、そこのところをより強調すべきというべきか。とくに地球環境問題にはとくに敏感であり、さまざまな活動を展開しつつある。もちろん組織として解決しつづけなくてはならない問題は山積みである。であるが、まずはこのような組織があり、現代社会を走り続けている、ということも、どこかにはっきりと明記しておかなくてはならない。






Last updated  2009.02.02 22:17:56
コメント(0) | コメントを書く
「新日本保険新聞」2007/9
新日本保険新聞社
★★☆☆☆

 一部出版物を利用している関係上、定期的にこの会社が発行しているカタログや出版物のDMが送られてくる。このサンプル紙もたまに送られてくるのだが、ほとんど読まずに古新聞置き場へ直行ということが多い。ところが今回は「SPIRIT」の文字が輝いて見えていたので、とりあえず取っておいた。
リズ・ダベンボードコーチングにおいては、この「とりあえず取っておく」という行為が一番いけない。捨てるか保存か決めなくてはならない(笑)。

 とはいえ、まずはおちついて読み直してみると、このタイトルの意味するところがよく分らないので
MDRTページを覗いてみた。つまりMDRTとはMillion Dollar Round Table(世界百万ドル円卓会議)のことで、セイホ営業に関わる世界300万人のうち、トップセールス(と自認する)三万人が集う自発的な組織のことだ。

 その組織の日本会の今年の会長(TNA社の代理店らしい)である加藤某氏がインタビューを受けた、ということである。

 仕事をしていく上で、スキルアップやノウハウの吸収について積極的に取り組むことは、もちろん必要です。しかし、いくらスキルを磨き情報を持っていたとしても、お客様の信頼を得るために、本当に大切な心構えがなければ、伝えることはできないと思うのです。環境の変化には柔軟に対応していかなければなりませんが、一方で、決して変えてはならないもの、つまり、仕事、人生、家族に対する感謝、真摯な姿勢、責任感を備えることが何よりも大切だと思うのです。これこそが、まさに”MDRT SPIRIT”そのものです。p1

 簡潔にして妙、という感じがする。その通りです。それは別にどこかの組織のキャッチフレーズになるようなものではなく、まぁ、仕事人として基本的なことではある。スピリチュアリティ・・・などと言って、ぐちゃぐちゃこねくり回すより、シンプルにこう言い切ってしまうほうが楽だね。

 というより、こう言い切れてしまうことは、実はすごいことだと思う。この分りやすく簡潔であることが、MDRTにまで「上り詰め」、その代表を務める人物の底力なのだろう。






Last updated  2009.02.11 00:52:19
コメント(0) | コメントを書く
92cover2.JPG
『日本版FPジャーナル』2007年10月号(第92号)】
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
No.802★★★☆☆

 別に愛読しているわけでも、座右の書として残しているわけでもないのだけど、気がつけば、いつの間にか、仕事場の傍らにバックナンバーが揃ってしまっている出版物がいくつかある。この雑誌(機関紙)も、実はあまりよく読んでいないのだが、自然と溜まってしまう。特に必要も感じないのだが、会員であるかぎり自動的に送付されてくることになる。

 せっかくだから、たまに目を通すことになるのだが、金融関係の記事はともかくとして、この半年ほど、気になっていた記事といえば、「異業種に学ぶカウンセリング法」という連載記事。「産業カウンセリングLESSON」というサブタイトルで、この10月号で6回連載の最終回となった。レクチャラーは野原蓉子氏
株式会社・日本産業カウンセングセンター理事長とのことである。ちょっと紛らわしいが、私も関係がある社団法人・日本産業カウンセラー協会とは、まったく別組織で特に関連はないと考えていいだろう

 FPジャーナル誌における産業カウンセリング論だから、見開きカラーページの6回連載とはいえ、旧労働省技能認定・産業カウンセラー資格者の視点から見れば、もちろん物足らない内容であることはしかたない。もしもっと深い内容を知りたければ、その専門の書籍なりを参考することとして、ここでは、FPの現場で産業カウンセリングの必要性が強く説かれている、ということを受け止めることで十分であろうと思われる。

 いずれにせよ、せっかく送られてくる機関紙だけに、このようなところから関心を持って親しみを感じ、他のページもいろいろ読んでいかなくてはなぁ、と毎回思っている。他に読むのは、ちょっと変わったクロスワードのような「頭脳ストレッチ」。<単位にならない>とサブタイトルがついているように、なんでもかんでも単位にしてしまうFP協会のやりかたに、個人的にはずっと違和感を感じ続けているが、まぁ、あまりその辺にこだわりを持ちすぎてもいけないだろう。

 ふと考えてみれば、世にいろいろな
三位一体モデルがあり、私自身にもいろいろな三位一体がモデルあるのだが、仕事、業務、ビジネス、任務、生活の糧、という視点から考えれば、私の三位一体モデルは、-FP---代理店---超ホケン-、ということになるのだろう。FPという考え方は嫌いではないが、どうも私自身にはいまだにぴったり来ないコンセプトだなぁ、と思う。まぁ、隠し味程度でいいか。かといって、代理店業務超ホケン、についてもぴったりとくるものではないが、目をそむけていてばかりでも、日々の生活が成り立たない。ほどほどにリアリティをもって直視していかなければ、このブログの真実味も薄れてしまうだろうというもの。






Last updated  2009.02.11 00:49:51
コメント(0) | コメントを書く


「『超保険』解体新書」
「超保険」研究会 2004/03 績文堂出版 単行本 238p
No.801★★★☆☆

 世にさまざまな職業があり、職業にさまざまなスタイルがある限り、さまざまな商品があふれかえっていることは当然のことだが、一世を風靡したり、長期の定番品になって生き残る商品はそう多くない。この超ホケンも、さて、一世を風靡はしたものの、長期の定番に成り得るかどうか、いまだに評価定まらぬ「商品」のひとつといえるだろう。

 この本も、ついに仕事場に「残り続けてきた」三冊のうちの一冊だ。発行されたのは2004年3月、すでに3年半が経過している。新しい千年紀を記念してネーミングされたミレア・グループが、満を持して、世界遺産に匹敵するような商品開発をしようとして生まれたのがこの商品だ。ホケンは習慣として商品と呼ばれているが、実際は姿のないサービスの形態だから、個人的には、これを商品と呼ぶには違和感がある。ましてや超ホケンにおいてや。

 ホケン業界は、不払い問題やコンプライアンス問題、郵政民営化などでてんやわんやの大騒ぎだ。ひとつひとつの話題については、当然の帰結であり、台風一過のおだやかな日々が一日も早く到来することを願っているのみだが、問題山積みという状態はこれからも延々と続くことになるにちがいない。

 ITの進化とコンサルティングの融合から開発された超ホケンだが、そのコンセプトには大いに共感賛同するところだが、実態としての進捗状況は、さて、いかがなものか。細かいデータはいろいろと出揃っている。もちろん、進化するホケンであるだけに、この本がでた当時からはかなり変貌をとげている。

 今回、この本をあちこち読み直してみて、歯がゆいやら面映いやら、落ち着かない気分になってしまった。爆弾を抱えたままスタートしたこの巨大プロジェクト、一体どこまで展開していくことになるか。結局は顧客の満足を獲得することができるのか。あるいは将来のある日、静かにフェードアウトしていくのか。マーケットの流動いかんによっては、どうなるかまったく不明な将来性である。

 ただ、このような未知なる世界にいどみ続ける姿勢は絶対に必要だ。その姿勢には激励の声をかけたい。というか、わが社の主力サービスだけに、他人行儀な表現に終始ばかりもしていられない。このブログで展開するかどうかはともかくとして、日々このテーマで取っ組み合いをしているのも事実なのである。

「『超保険』進化論」(2012/12 績文堂出版)につづく







Last updated  2012.12.24 21:22:34
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.