地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.10.06
XML
92cover2.JPG
『日本版FPジャーナル』2007年10月号(第92号)】
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
No.802★★★☆☆

 別に愛読しているわけでも、座右の書として残しているわけでもないのだけど、気がつけば、いつの間にか、仕事場の傍らにバックナンバーが揃ってしまっている出版物がいくつかある。この雑誌(機関紙)も、実はあまりよく読んでいないのだが、自然と溜まってしまう。特に必要も感じないのだが、会員であるかぎり自動的に送付されてくることになる。

 せっかくだから、たまに目を通すことになるのだが、金融関係の記事はともかくとして、この半年ほど、気になっていた記事といえば、「異業種に学ぶカウンセリング法」という連載記事。「産業カウンセリングLESSON」というサブタイトルで、この10月号で6回連載の最終回となった。レクチャラーは野原蓉子氏
株式会社・日本産業カウンセングセンター理事長とのことである。ちょっと紛らわしいが、私も関係がある社団法人・日本産業カウンセラー協会とは、まったく別組織で特に関連はないと考えていいだろう

 FPジャーナル誌における産業カウンセリング論だから、見開きカラーページの6回連載とはいえ、旧労働省技能認定・産業カウンセラー資格者の視点から見れば、もちろん物足らない内容であることはしかたない。もしもっと深い内容を知りたければ、その専門の書籍なりを参考することとして、ここでは、FPの現場で産業カウンセリングの必要性が強く説かれている、ということを受け止めることで十分であろうと思われる。

 いずれにせよ、せっかく送られてくる機関紙だけに、このようなところから関心を持って親しみを感じ、他のページもいろいろ読んでいかなくてはなぁ、と毎回思っている。他に読むのは、ちょっと変わったクロスワードのような「頭脳ストレッチ」。<単位にならない>とサブタイトルがついているように、なんでもかんでも単位にしてしまうFP協会のやりかたに、個人的にはずっと違和感を感じ続けているが、まぁ、あまりその辺にこだわりを持ちすぎてもいけないだろう。

 ふと考えてみれば、世にいろいろな
三位一体モデルがあり、私自身にもいろいろな三位一体がモデルあるのだが、仕事、業務、ビジネス、任務、生活の糧、という視点から考えれば、私の三位一体モデルは、-FP---代理店---超ホケン-、ということになるのだろう。FPという考え方は嫌いではないが、どうも私自身にはいまだにぴったり来ないコンセプトだなぁ、と思う。まぁ、隠し味程度でいいか。かといって、代理店業務超ホケン、についてもぴったりとくるものではないが、目をそむけていてばかりでも、日々の生活が成り立たない。ほどほどにリアリティをもって直視していかなければ、このブログの真実味も薄れてしまうだろうというもの。






Last updated  2009.02.11 00:49:51
コメント(0) | コメントを書く
[マーケットプレイス] カテゴリの最新記事


PR

X

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.