地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.11.03
XML

「スピリチュアル・データ・ブック(2004)」
2004/04 ブッククラブ回 /星雲社 単行本 483p

前著より引用 


和尚(ラジニーシ)
1931-1990

 日本で「精神世界」という言葉が出始めた頃、かなりの広範囲で、ラジニーシという人物の影響があったことをご存知だろうか? カウンターカルチャーの流れから、ニューサイエンス、ニューエイジ、各種の心理療法、ボディワークなどのムーブメントを牽引した日本人のリーダーの中には、少なからずラジニーシの弟子がいた。直接の弟子にならなくとも、彼の
『存在の詩』などの著作に、衝撃を受けた日本人は多かった。絶大な影響力を持ったカリスマ、ラジニーシ。その背景には様々なスキャンダルも存在している。日本の精神世界史を語る上で、避けては通れない、ラジニーシの光と影に目を向けてみたいと思う。

 1931年、インド中央部の小さな村に生まれる。本名チャンドラ・モハン・ラジニーシ。ジャイナ教徒の一家に生まれた彼は、幼い頃から特異な性質を示し、若くして催眠術を習得していた。20歳の時、ジャバルブル大学に入学。その後、サガール大学で、哲学の修士号を取得。その後、いくつかの大学で、哲学の講師を勤める。多くのグルたちと比較しても、ラジニーシの知識の広さ、インテリジェンスの高さは類を抜いている。

 1966年、35歳の時、彼は教職を退き、遊説を始める。伝説的な宗教の色濃いインドにあって、彼の思想はラディカルで斬新なものだった。インド国内では反感を買ったが、当時、欧米ではヒッピームーブメントの最盛期。先進国の若者や知識人は、彼の類希なカリスマ性と斬新な思想、そして卓越した雄弁さに惹きつけられ、彼をグルとして仰ぐようになる。彼は自身の称号を「バグワン・シュリ」とし、デカン高原の学園都市プーナにアシュラムを開く。東西の新理論に挑戦した生活様式の実験場、フリーセックスの実践など、革新的な活動により、その名は世界に轟く。

 1981年になると、ラジニーシはインドを追われるようにして、アメリカのオレゴン州に居を移す。東京都ほどの広大な土地を購入し、そこにコミューンを作るためだ。コミューンの最盛期、ラジニーシの元には1億ドル以上という莫大な資産が集まった。弟子達はサニヤシンと呼ばれ、公称50万人と言われた。しかしこの頃から、様々な問題が発生する。ドラッグやセックスにまつわるトラブル、陰謀画策、訴訟、はては高弟の殺人容疑まで。そのどこまでが事実なのかはわからないが、コミューンの質は確実に変化していたようだ。かつて知性派が中心だった弟子よりも、ドラッグやフリーセックスに惹かれて集まってきた若者達。笑気ガスを吸い、高級外車を乗り回すようになったラジニーシ自身。古参の弟子達は次々にコミューンを去り、組織は混乱していった。そして1985年、ついにアメリカ政府から偽装結婚や不正入国等の告訴をされ、罰金刑とともに、国外退去を命ぜられる。

 各地を転々とした後、再びプーナに戻ったラジニーシは、アシュラムを再開。尊称は次々と変えられ、最終的に「オショー(和尚)」となった。アメリカでは一種のカルトとみなされるようになったが、彼を慕う人々は、それでもプーナに集まった。1990年、59歳で死去。糖尿病、喘息、アレルギーなどの持病を持っていたラジニーシ。死因は諸説ある。

 もし答えの見つからない探求者が、暗闇の中でラジニーシの言葉に出会ったら、むさぼるようにそれを飲み干したくなるのも不思議はない。言葉にできない何か、それを表現する術を彼は知っていた。彼の著作は膨大な数に上る(現在では市場に無い書籍も多い)。老荘思想、禅、仏教、スーフィ、キリスト教、インド思想、チベット密教・・・。それらのエッセンスを、現代人の感性に置き換えた、彼の表現力は卓越している。圧倒的な個性とカリスマ性を持った一人の神秘家は、20世紀に何をのこしたのだろう?
 p239






Last updated  2009.02.11 00:40:48
コメント(0) | コメントを書く
[マーケットプレイス] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.