地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2007.11.28
XML
カテゴリ:チェロキー
<1>よりつづく
プレアデスの智慧.jpg
「プレアデスの智恵」 チェロキー・インディアンからのメッセージ <再読>=<2>
薗田綾 1996/05 総合法令出版 単行本 259p
★★★★★

 田綾には、この一冊しか作品がないのだろうか。あればもっと読んでみたいが、逆にこのまま、この一冊しかない、といわれたほうがいい、と勝手に思ったりする。そのくらい、この本は、あちらこちらにインターフェイスを持ちながら、一冊として完結してくれているので、私の読書マンダラの中ではなんとなく収まりがいい。

 チェロキーとプレアデスが他の本ではどのような収まり方をしているのか知らないが、この本のような収まり方をしてくれていると、なかなかスッキリして、手間がかからない。プレアデスとは日本でいうところのスバル星のことを言うらしいが、どうもプレアデスというと、チャネリングの預言ものが多い。「スバルの智慧」、では本のタイトルにならないか。この本は、プレアデスを語りながら、あまりトリップしないところがいい。ほどほどに収まりをつけている。

 「チェロキーの預言の中にはチェロキー族が七つの踊る星(プレアデス)からやってきた存在であり、母なる地球にもしもの事があれば地球を救うために命を賭けねばならないということも伝えられています。遠い昔、宇宙からの訪問者(プレアデスからの宇宙人)が人類の祖先である初期の頃の原人と交わることによって急速に進化したといわれています。
 また『星の人々』という神話の中では『1985年以降に生まれてくる子供たちは星の子供たち(スターチャイルド)と呼ばれる』とあるのです。
p148

 初読時にも感じたが、上のような文面があると、すこし浮き上がってしまい、なかなか素直に聞けないのだが、なぜかこの本は、私を素直にしてしまい、この程度の表現なら許してしまうのだから不思議だ。それとこの1985年というのがミソで、実はこの年にハレー彗星がやってきており、また私への例のメッセージもこの翌年に来ている。「やってくる人々」とは、じつはこの1985年以降に生まれてくる人々だったのかしらん、と一瞬思ってしまう。そういえば、私を甲子園に連れていってくれたのも、この1985年以降に生まれた人々であった。

<3>へつづく







Last updated  2009.01.21 18:48:57
コメント(0) | コメントを書く
[チェロキー] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.