地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.01.29
XML
カテゴリ:スピノザ


「ツァラトゥストラ(上)」 <1>
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ /小山修一・訳 2002/12 鳥影社 単行本 252p
No.958
★★★★★

 
日、デパートの美術品展示場を覗いたら、たくさんの絵画や掛け軸の中で、ひとつだけやたらと興味を引かれたのが、「龍虎相克の画」だった。なにやら名前のある画家の手によるものらしく、なかなかの迫力だった。我が家の床の間にも、この掛け軸を書けたらどうだろうか、と想像してみたり、茶室では、この絵は合わないだろうなぁ、と思ってみたり。

 龍と虎の対峙する姿をみていて、自分はどちらに身を寄せるだろうかと思うと、龍のほうだった。というのも、私が生涯を通じて対峙しているひとつの人物は、寅年の獅子座だからだ。しかもライオンズクラブのドン、と来ている。やはり、どうしてもここは、あの虎をなんともやっつけたい、と気力を奮い起こすには、自らを龍に喩えるほうが、わかりやすいようだ。

 れにしても虎、寅、獅子、ライオン、などなど、いろいろな表現があるが、はて、どれがどれやらわからなくなる時がある。ニーチェは、駱駝→獅子→子供の「三つの変化」を説く。

 獅子となった精神はここで、かつて自分を支配した者を探し求める。この精神はかつての支配者とかつての神を宿敵とみなし、本性をあらわした巨大な龍と勝利を賭けて格闘するのだ。
 獅子の精神がもはや支配者と認めず、神と呼ぼうとしない巨大な龍とは、何ものであろうか? 「おまえを意のままにしてやる」これが巨大な龍の名前である。一方、獅子の精神は「わたしの意志を貫く」と主張する。
 「おまえを意のままにしてやる」と言いながら、金鱗燦然たる怪獣が身を横たえて、獅子の精神の行く手を遮る。一つ一つの鱗には、「おまえを意のままにしてやる」という魔性が金色に輝いている。
p38

 こでニーチェの言わんとすることは分るが、喩え話としても、なにも龍を化け物にしてしまわなくてもいいのに、と勝手なえこひいきをしてしまう(笑)。私はどうも寅年の獅子座のライオンズクラブのドンは、嫌いだ。彼は本当は、次の「子供」へと変化しなくてはならないはずなのだ。しかし、寅、虎、獅子、ライオン、と、自らを剛一点張りに固める姿は、美的ではないと思う。

 Oshoが
「私が愛した本」の168冊の中のトップに持ってくる限り、この本には敬意を表わさなくてはならない。「かく語りき」「こう言った」「かく語れり」などと訳されるニーチェの本だが、この本ではズバリ「ツァラトゥストラ」だけだ。余分な文を廃しているだけ、現代文としては読みやすく大意をつかみやすい。

<2>につづく







Last updated  2008.01.29 22:42:53
コメント(0) | コメントを書く
[スピノザ] カテゴリの最新記事


PR

X

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2021.11
2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02

Category

Comments

BHavesh@ Re[1]:アガルタの凱旋(12/15) subaru2012さんへ ああ、久しぶりにこの…
subaru2012@ Re:アガルタの凱旋(12/15) Miles Davis / Agharta 1 <small> <a hre…
Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…

© Rakuten Group, Inc.