地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.03.20
XML
テーマ:一冊仕掛人(459)
カテゴリ:スピノザ


「さらば、“近代民主主義”」 
 /杉村昌昭 2008/1  作品社  単行本  251p 
Vol.2 No.0022★★★★☆

 
まもなくアントニオ・ネグリが初来日する。
これを機会に以前に目を通した本も取り寄せておいたが、どうもその流れにならない。せめてフォト・セッションを、と証拠画像。

マルチチュード.jpg

 

 「構成的権力」 近代のオルタナティブ 1999/06  松籟社

 「未来への帰還」 ポスト資本主義への道 1999/10 インパクト出版会

 「転覆の政治学」 21世紀へ向けての宣言 1999/12  現代企画室

 「<帝国>」初読、再読 グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性 
2003

 「がんばれマルチチュード」初読 ああ21世紀 荒岱介・編 2003/4 実践社

 「ネグリ生政治的(ビオポリティーク)自伝」 ・・・帰還・・  2003

 「マルクスを超えるマルクス」「経済学批判要綱」研究 2003 原書1979 

 「ヨブ奴隷の力」2004/12 情況出版 /世界書院

 「非対称化する世界」初読、再読 2005 

 
「現代思想」2005/11 特集マルチチュード 青土社 2005

 「マルチチュード」(上)初読再読  <帝国>時代の戦争と民主主義 2005

 「マルチチュード」(下)初読再読 2005

 「芸術とマルチチュード」初読再読 2007/05 月曜社

 「自由の新たな空間」2007/6 世界書院 

 「アントニオ・ネグリ講演集」(上) 
〈帝国〉とその彼方 2007/08 筑摩書房

 「アントニオ・ネグリ講演集」(下) 〈帝国〉的ポスト近代の政治哲学 2007/08 筑摩書房

 「さらば”近代民主主義”」 
政治概念のポスト近代革命 2008/1  作品社

 「未来派左翼」<上>  グローバル民主主義の可能性をさぐる 2008/03 日本放送出版協会

 「未来派左翼」<下> グローバル民主主義の可能性をさぐる  2008/04 日本放送出版協会

 「スピノザとわたしたち」 2011/11 水声社

 「世界が日本のことを考えている」 3.11後の文明を問うー17賢人のメッセージ 共同通信社 2012/03  

 「コモンウェルス」 <帝国>を超える革命論 2012/12 NHK出版

 「叛逆」-マルチチュードの民主主義宣言 2013/03 NHK出版

 「現代思想」 2013年7月号 特集=ネグリ+ハート 〈帝国〉・マルチチュード・コモンウェルス

 「ネグリ、日本と向き合う」アントニオ・ネグリ他著 2014/03 NHK出版

ーーーーーーーーーーーー


長文になったので、二分割した。2013/02/23  後半に続く







Last updated  2015.09.30 12:21:52
コメント(2) | コメントを書く
[スピノザ] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.