地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.04.04
XML
カテゴリ:OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2

 

 

 

「臨済録」 <1>

 


Osho /スワミ・アナンド・モンジュ 1991/6 めるくまーる 単行本
Vol.2 No.0037★★★★★

 

 道元、とくれば、臨済でしょう、というくらい、私たち日本人にはなじみの禅師ではあるが、このふたつの流れには微妙な違いがある。もちろんかたや日本人で、かたや中国人、という出自はともかくとして、その禅風には、秋と春くらいの差があるような感じが私にはある。あるいは冬と夏、といってもいいか。道元のどこまでも質素で透徹な空気に反して、臨済には、どこか熱気がある。cool に対するhotと言い換えてもいいかもしれない。もちろん、私の単なるイメージだが。

 今回、この本を久しぶりに手にとって、おやっと思ったことは、あのOsho最後の講話録・ZENシリーズのなかの一冊にしっかり入っている一冊である、ということであった。それにしては、この「臨済録」、Oshoの最期のZenシリーズの中では、ちょっと雰囲気が違うなぁ、と思い、英語版にあたってみることにした。

rinzai.jpg

 そして分かった。なるほど、最期のZenシリーズのどれにも入っている、ジョークとドラムと、ジベリッシュと、Oshoの誘導瞑想が、すっぽり抜けているのだ。なるほど、そうだったのか。Oshoは、ことのほか臨済を愛していたので、いくつも講話録があり、ひょっとすると他の時期のものなのかな、とさえ思っていたのだが、そうではなかった。

 道元は、あまりに深刻すぎる。やはりOshoのジョークが必要だ。それでこそようやくDogenになる。ところが、臨済もまた超ど級のまじめはまじめなのだが、そこが抜けたまじめさである。どこかすでにジョークっぽい。だから、また、Zenシリーズのドラムやジベリッシュがなくても、まぁいいか、って感じがしないわけでもない。

 この本の翻訳がどうしてこうなったのか、考えてみた。本来、翻訳とはかなり恣意的な芸術だ。味付け加減ではどうにでもなってしまう。そこに翻訳者たちの面白さがあり、難しさがあるのだろう。ましてや、宇宙的おしゃべりBOXのOshoが「Master of Irational」つまり不合理のマスター=臨済を「語ろう」というのである。それを翻訳することは、そもそもが、簡単なはずはない。しかしまた、そこにチャレンジすることこそ、翻訳家達の喜びもあるに違いない。

 この本が日本語訳されたのが、1991年6月。この当時の空気を読めば、この本のなかから、各講話の最後のジョークやジベリッシュがなぜ落とされたのか、わかる気がする。日本にはすでに根強い臨済のイメージが定着していた。それはもう、どんなことがあってもくつ返ししようがないくらいに、一般に流布している。この臨済のイメージを借りて、Oshoは日本の社会の中に染み出ようとしていた、といえなくもない。

 しかし、あれから十数年。地球は何千回自転し、ガンジス河の水はどれほど流れさったことだろう。今、ちょっぴりづつめくりながら、思う。あのOshoのジョークや、ジベリッシュは、この本にも必要だったのではないか。あまりにお行儀のよいOshoの臨済では、本当のことが伝わっていないのではないか。Oshoは臨済ではなく、Rinzaiをこそ語っていたのではないか。

 日本の社会が、いくら臨済を尊敬し、仏壇の奥深くに祭り上げたところで、何がどう変わっていっているというのか。何がどうなったのか。宗教的偉人が、到底、凡人がたどりつきようのない聖人が祭壇に祭られて分離されたにすぎないのではないか。OshoのRinzaiは、そうではないだろう。仏壇の奥深くにある偉人についてではなく、誰もがみんなの中にあるRinzaiについてこそ語っていたのではないか。

 まずは、そんなことを思いながら、また、読み始めてみた。

red.jpg

<2>につづく







Last updated  2008.04.06 22:35:59
コメント(0) | コメントを書く
[OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.