地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.04.06
XML
カテゴリ:OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2

<2>からつづく

 

「臨済録」 <3>
Osho 

 OshoがこのZenシリーズの中で、用いたジベリッシュやレットゴーの技法は、やがて、ノー・マインド瞑想となった。あるいは、連発されるジョークは、一冊の本となってまとめられている。この「臨済録」のなかでは、「No Mind瞑想」の部分も「TAKE IT REALLY SERIOUSLY」のジョークもカットされている。それだけに、臨済の不合理な面がより強調されている。

 臨済が繰り出す「喝」は、もともと伝統的な禅の中にない私には、理解しがたい。いや、その理解しようとする行為自体が、臨済の「喝」を受けているのだろう。この本をどのように楽しむかは、ひとりひとりの嗜好と才能にかかっているのだろうが、日本語と英語をない交ぜにしながら進む私の読書では、臨済もRinzaiも、私の網の目をくぐり抜け、にわかごしらえの枠組みから、簡単にはみ出していく。

 このシリーズの中で生まれたノー・マインド瞑想の前には、ミスティック・ローズ瞑想が作られたし、ノー・マインド瞑想の後には、ボーン・アゲイン瞑想や、ホワイトローブ・ブラザーズフット瞑想が残された。

 OshoのZenシリーズ28冊の中の日本語訳は、残り「ノー・マインド」全6冊。これを読み終わったあとは、残りのZenシリーズの英語版を読み進めるのもいいだろうし、あるいは、Osho・Zenタロットの中のZenを追っかけてもいいだろうし、さらには玉川信明のリストを追っかけてみることも興味深い。しかし、Oshoは、その思いこそ、お前が何にも読んでこなかったという証明になりかねない、と一撃をくだす。

 彼は三年のあいだ師を見ていたが、欲望で一杯になっていたせいで、師の弓がまったく違うことを見抜けなかったのだ。価値は的にはない。価値は仕草のなかに、あなたの中にある。あなたはくつろいでいるだろうか? あなたは全一(トータル)だろうか? あなたの心(マインド)は完全に静かだろうか? 異なる態度・・・・なぜなら、弓そのものが重要なのではなく、瞑想が大切だからだ。そして瞑想の人は、的のことなど気にもかけずに、簡単に的に当ててしまう。力を抜き、静かで澄み切った無心の境地で。p241

 日本語版にはない要素が英語版にある。ひとつは「ノー・マインド瞑想」、そして、「TAKE IT REALLY SERIOUSLY」なジョーク集。さらには、英語版の巻末には、書道の墨蹟群と、そして、ドラゴンの巨大な縫いぐるみ(まるで獅子舞のようだ)のスナップ画像がついている。。私はこのドラゴン獅子舞には、ちょっとした因縁を感じている。 最後に、英語版は、次の言葉で完結している。

Come back,
but come with the same serenity,
silence, grace, beauty,
and sit for a few moments
remembering the space you have been in,
remembering the path, the golden path,
that you have followed to reach your center.
Remenber that at the center
only witnessing is the truth.
Everything dies, only witnessig remains.
Witnessing is our eternity,
but live it in your actions, in your words,
in your responses, in your silences,
in your songs, in your dances.
We can create a world of great splendor,
in spite of all the idiots
who are determined to destroy it.

Okay, Maneesha?  
Yes, Beloved Master.  
     「Rinzai」p185



bar.jpg

<4>につづく







Last updated  2017.08.12 18:00:20
コメント(0) | コメントを書く
[OSHOmmp/gnu/agarta0.0.2] カテゴリの最新記事

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12
2017.11
2017.10

Category

Comments

Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…
Bhavesh@ Re:さよなら、サイレント・ネイビー(1)(12/24) 思えば、この本もだいぶ一生懸命に読んだ…
Bhavesh@ Re:オウムと私 林 郁夫(02/24) 10年前、私は私なりに、彼らと必死に対峙…
Bhavesh@ Re:「麻原集団事件」関連リスト(07/29) あれから23年。事件は究極の結末を迎えつ…
Bhavesh@ Re:あちきの浮浪雲(06/24) 「浮浪雲」単行本のタイトルは、「遊の巻…
Bhavesh@ Re:憲法九条を世界遺産に(03/18) 憲法九条にノーベル賞をという話題が持ち…
bhavesh@ お陰様で 富豪九龍ケン さん お陰様で体調は至って元…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.