地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2008.11.12
XML
カテゴリ:osho@spiritual.earth

<1>よりつづく

「和尚、性愛を語る」 エッセンス集 <2>
Osho/玉川信明 2003/02 社会評論社 単行本 266p
★★★★☆

 現在、当ブログでは、[ Integral ]  、[ Agarta David ] 、そしてこ[ OSHO@Earth.Spirit 0.3 ]  の三つのカテゴリが走っており、計画では、この三つのカテゴリが同時に終了し、最後の[ 21th Category ]になだれ込んでいく予定なのだが、どうしてもこちらの[ OSHO@Earth.Spirit 0.3 ] が遅れがちになっているようだ。

 もともと、この玉川・和尚ガイドブック・シリーズ4冊をてがかりに、Osho本を読んでみようというプロジェクトはあったのだが、それもスタート地点で「和尚、禅を語る」読書リストの途中で、中断した形になってしまっている。リストアップされた他の本はいいとしても、最後の「永遠の大河」全4冊シリーズを残しているのだ。老子を「禅=ZEN」の中に入れるかどうか、どうも納得がいかないので、この本自体を読む気になったら、再読しようと残しているのだった。いずれ完読の予定。

 で、禅(ZEN)をしめくくらないままではあるが、現在、チベット密教(タントラ)に視線が移っている今、この段階で、Oshoのタントラシリーズを読みこんでみるのも必要であろうと思う。

 和尚のテーマは瞬間であり、無限だ。無限であるが故に彼の著書は、編集面で乱雑なこともあり、文字通り混沌としている。繰り返しも多い。まして単一のテーマを扱っても、ほとんどの書は講話と聴衆者の質問と合わせて紹介してあるから、余計に煩雑なものになっている。それで私は総枠のデッサンは描いてみたが、今度は各論への誘惑が生じてきた。p5

 決して「編集面で乱雑」であるとは思わないし、Oshoの講話は、ラマ・カルマパ16世が語るように、必ずしも出版されるための本として語られているわけではない。

 「あなたは、彼があなた方のために語っていると感じているかもしれないが、彼が語るのはただあなた方のためだけではない。Oshoは同時に<アーカーシャの記録>のために語っている。語られたことはなんであれ、すべて忘れ去られていない。だから、あなた方は彼が言葉を繰り返しつづけるのに気づくだろう。彼は言葉を繰り返しつづける。そして、あなたは彼があなた方のために語っていると感じている。だが実を言うと、彼はただ少数の人々のために語っている。Oshoの本質を認識する者はごくわずかしかいない。彼の言葉は<アーカーシャの記録>のなかに残る。それが未来の人々に対しても役立つように・・・・」 ラマ・カルマパ16世

 受け取る側によって、Oshoの言葉の存在意義は大きく異なる。

 日本で見られるかぎり刊行書、雑誌に目を通して、このような一本の書が上梓されたのであるが、事情が事情で、各書から抜粋集めいた書となっている。(そのためタイトルには「エッセン集」とした) 具体的に言えば、たった一話のコラムの中にも、三冊の書、雑誌からの引用が組み込まされて構成されたりしているのもある。総論から各論への移行。いわばこの書は和尚理解のインフラ作りの仕事と言えよう。p6

 最初、この玉川本に出会った時、最初は、とてつもない違和感を感じた。いったいなんでこんな本を作ったのだろうと、数年無視していた。だけど、いつ頃からか、この玉川のガイドブックシリーズ作りの努力も、まったく無駄ではないのではないかな、と思うようになった。人生の晩年においてOshoと出会った玉川がサニヤシンになるチャンスもなく(と思う)、日本語で出版された本のみを手掛かりに、自らの読書ノートを整理した、と考えれば、むしろ、これ以上、この手の努力を試みた人は、他にいなかったのではないか、と敬服するに至った。

 参考文献

「愛の錬金術---隠されてきたキリスト」上・下

「タントラ---セックス、愛、そして瞑想への道」

「タントラ・ヴィジョン---サラハ王の歌を語る」

「タントラの変容---タントラ・ビジョン2」

「セックスから超意識へ」

「秘教の心理学」

「奇跡の探究2---7身体の神秘」

「愛の円環」

「英知の辞典」

「マイウェイ---流れゆく白雲の道」

「生・愛・笑い」

「ニュー・ウーマン誕生」

「Oshoダルシャン」Vol,2,3,8,12

「OSHO TIMES」No,52,76,82,90     p265

 このリストを手掛かりに読みすすめてみるのも一興だろう。

<ご注意>次のリンクへ進んでください。2010/02/27







Last updated  2010.02.27 20:10:48
コメント(0) | コメントを書く

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.