地球人スピリット・ジャーナル1.0

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Free Space

2009年4月1日

地球人スピリット
・ジャーナル2.0


へ引越しました。

2009.01.13
XML
カテゴリ:osho@spiritual.earth

<15>からつづく

「英知の辞典」 <16
OSHO, スワミ・アナンド・ソパン 1996/05 めるくまーる 単行本 579p

  沈黙 SILENCE

 沈黙は知性の爆発だ。沈黙とは、あなたは内側では広々とした空間の広がり、遮(さえぎ)るもののない広々とした空間の広がりだということだ。沈黙とは、心(マインド)のすべての家具が片づけられてしまったということだ---思考、欲望、記憶、空想、夢---あなたはそのすべての家具を片づけてしまった。あなたは<存在>をじかに、直接にのぞき込んでいる。あなたは自分と<存在>との間にいかなるものもさしはさむことなく、それとふれあいを持っている。それが沈黙だ・・・・。

 それがここで起こっているのを経験できるとき----あなたは沈黙を聞くことができる。それを聞くとき、そこには即座の理解がある。理解は影のように沈黙について来る。

 言葉を理解したり、言葉を聞いたりすることは実に簡単なことだ。それは誰にでもできる。言葉についての少しばかりの教育が必要なだけで、大したものはいらない。だが、沈黙を聞き、沈黙を理解するにはとてつもない変容が必要だ。沈黙は神を理解するにはなくてはならぬもの、真理を知るにはなくてはならぬものだ・・・・。

 ここで私とともにあること、サニヤシンとしてあることは、静かにあることを学ぶことだと、ごく簡単に定義できる----それは私とともに沈黙のうちに坐ることだ。私がこれほど多くの言葉を使っているのは、ひとえにこれらの言葉があなた方に透き間を与えることができるからだ・・・・。

 私の言葉はあなた方を目覚めさせておき、その言葉と言葉のあいだで、私はあなた方に透き間を与える。そしてそれらこそほんとうのもの、本質的なものだ。次のことばを待ちながら、あなたは沈黙に耳を傾けなければならない・・・・。

 この状況全体が、あなた方は少しばかりの沈黙を手渡すために使われている。私はあなた方が沈黙を聞けるようにするために、沈黙を理解できるようにするために話しているということは、新参者には実に奇妙に見えることだろう。だが、ブッダたちはつねにそのようにやってきた。 OSHO
THE WILD GEESE AND THE WATER

 

 私はいつでも、どんなときでも沈黙している。たとえ話しているときでも、私は沈黙している。なぜなら、話すことは私の沈黙を妨げないからだ。話すことによって妨げられるようなら、その沈黙には価値がない。私の沈黙は充分大きい。それは言葉を含むことができるし、それは話すことを含むことができる。私の沈黙は十分に大きい。それは何によっても妨げられない。私の沈黙は言葉を恐れない。

 あなた方は沈黙して、話そうとしない人たちを見たことがあるだろう。彼らの沈黙は話すことに対立しているように見える----話すことに対立している沈黙はいまだに話すことの一部だ。それは不在であって、実在ではない。話すことの不在は私の沈黙ではない! 私の沈黙は実在している。それはあなたに語りかけることができるし、あなたのための歌を歌うことができる。私の沈黙にはとてつもないエネルギーがある。それは空白ではない。それは満ちあふれている。 OSHO
YOGA:THE ALPHA AND THE OMEGA,Vol、7

p414

 

<17>につづく







Last updated  2009.01.24 21:54:18
コメント(0) | コメントを書く

PR

Freepage List

Profile


Bhavesh

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Category

Comments

Bhavesh@ Re:禅と戦争 禅仏教は戦争に協力したか(11/16) 現在、日曜早朝座禅会に参加している禅寺…
Bhavesh@ Re:セックスから超意識へ<1>(11/13) Oshoの記念碑的1968年のレクチャー。当時…
把不住y@ Re:編集雑記(07/25) 新ブログはここです。 <small> <a href="…
Bhavesh@ Re:グルジェフ・ワーク 生涯と思想(01/12) 武邑光裕、の名前を検索していて我が読書…
abhi@ Re:編集雑記(07/25) お疲れ様。 新ブログ立ち上げたら教えてく…
Bhavesh@ Re:極秘捜査 警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」(03/03) 私は、最近になって 、そう2015年頃になっ…
Bhavesh@ Re:オウムからの帰還(03/01) この記事は我ながら、切れ味が悪い。大嫌…
Bhavesh@ Re:尊師麻原は我が弟子にあらず(03/12) 吉本もすでに鬼籍に入って、今更石を投げ…
Bhavesh@ Re:中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて(05/12) 島田の心情にも、同情する余地はある。 中…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.