人生のバイブルを求めて。

大学時代に出会わなければならない50人

大学時代に出会わなければならない50人
著者:中谷彰宏



1日に5冊本を読み、月5冊本を出版する中谷彰宏さんは、
今までに628冊本を出版してますが、
そのうち僕が100冊ぐらい読んだ中で一番素晴らしい本(バイブル指定)です。




「出会いでしか人生は切り開けない。」




大学でこそ、自分の価値感をひっくり返すような人とたくさん会える。


自分が出会った、または出会うべき運命だった50人を紹介しています。


みんな奇人、変人、偉人、といろいろですが。





例えばこんな人たちです。




大学時代に出会わなければならない50人

・怖いもの知らずの友達
・恥知らずの友達
・隣の部屋の怪しい男
・なれなれしく話しかけてくる見ず知らずの人
・根拠も無くごっついことをしようと言うやつ
・とことん運の悪いやつ
・震え上がるような怖い先生
・答えを言わないで消える先生
・トップとビリ5%の学生
・空き巣
・本物の刑事
・100万円の仕送りがあるのに、年中同じ服のやつ
・年中同じ服の女の子
・お金を持たずに、喫茶店に入るやつ
・新宿より北に行ってみたいというお嬢様
・古本屋の怖いおじさん
・大学生にもなってゴルゴ13を目指しているやつ




こんな人にあったら、
また自分のいろんな限界が変わるなって思います。




人は人によって変わるんですね。




ここまで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/~。





© Rakuten Group, Inc.