人生のバイブルを求めて。

「ほめる」技術

「ほめる」技術(バイブル指定)
著者:鈴木義幸


捨てる技術以来、~の技術が、地味ながら流行ってる気がする。


お世辞ではなく、自然に相手が欲しがってることを「ほめる方法」について書いてある本。

なぜバイブルかと言うと、人をきちんと「ほめる」ことができるというのは、とても重要なことだと思うからです。



この本から「ほめる」技術を抜粋すると、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は言います。ほめるというのは、ただ「すごい!」「すばらしい!」と美辞麗句をなげかけることではない、と。相手が心の底で、他人から聞きたいと思っている言葉を伝えて初めて、「ほめる」という行為は完結すると。
~「ほめる」技術P.38より~



この良い例が下記です。



ラソーダ監督はいいます。
「ジョン、お前は天才だ!!」ところがジョンは顔色1つ変えません。

~省略~

ラソーダ監督は違う言い回しを試します。
「ジョン、あの低めのストレートをよく軸をぶらさずに振りぬけたな」
ジョンがほんのちょっぴり笑みを漏らすと、ラソーダ監督は思います。「これだ」。
~「ほめる」技術P.39より~


これはつまり、


相手が日々どんなことを思っているかを洞察して、どんな言葉を投げかけられたいのか熟慮して、初めて「ほめ言葉」は発せられるべきものです。
~「ほめる」技術P.39より~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



なかなか一朝一夕にはいかない技術ですが、自分ひとりで生きるのでない限り、とても大切なことです。日頃から本気で相手のことを良く見ていないとできないことです。何度も繰り返し読む機会を持とうと思う一冊です。



ここまで読んで頂きありがとうございました(^^)/~。





© Rakuten Group, Inc.