人生のバイブルを求めて。

THE CONVOY祭での気づき

昨日は中村ねずみさんと言う方が演出してる、
「THE CONVOY祭」というのを見に行った。


キッカケは、別のお芝居の会場で渡されたチラシだった。


場所が日本武道館で、二日間で1万5千人を動員するという、
その人気ぶりの謎を解こうと思ったのだ。


だって、
・別にジャニーズではない。
・みんな知ってる大ヒットした歌を歌うわけじゃない。
・リーダーは45歳以上。みんなけっこうなお歳。


なのに、武道館は2階席の後ろまで、超満員であった。


なぜ?



SHOWの前半は、祭りの男風に歌やダンスを披露。
SHOWの後半は、なんだろうなあ、フレンチ風?
カラフルなスーツ姿で、歌って踊るのだ。
そして歌は全部オリジナル(これってすごいよね)だった。



演出品目
1.歌
2.歌
3.ダンス
4.歌
5.和太鼓
6.タップダンス
7.歌
8.ダンス
9.歌
10.歌
11.歌(やけに盛り上がる歌)
12.歌
13.小話
14.歌(ソロ)
15.歌(ソロ)
16.歌(ソロ)
17.歌
18.歌(やけに盛り上がる歌)
19.歌
20.歌
21.トークショー
22.歌(さいご)



さすがに、みんな総立ちという場面は、
11や18のやけに盛り上がる歌の時だけだったが、
女性が8割を占めてた(そりゃ男8人グループだもんな)。


年齢層も幅広く、女性の観客が20代~50代ぐらいまでいた。




思うに・・・



友人で「恋のストラテジー」という恋愛メルマガを、
http://plaza.rakuten.co.jp/koist
出している人が言っていたのだが、
単純に女性は、動く男性が好きだと。



よく動く人(それだけなんだが)。



女性は動く物が気になってしょうがないとか。



そういえば友人の女性とカフェに行くと、
みんな話の最中に、しょっちゅう視線が、
あちこちに飛ぶことがある。(例外はなし)
(こっちは、まわりをあまり気にしないタチなのだが。)



単に退屈だったというオチでは無く、
本当に、まわりの動く物に気になってしまうのではないか。



このステージのみなさん、お年も関係なく、歌にダンスに、


「ものすごく動く」。


年季入ってるせいか、それも上手い。




前半は、祭り男風だから、汗かきながら、
まっすぐで真剣な男を演じるわけです。


こういうのは不変的に人気あるんだろうなという気がします。



後半は一転、コメディ風の要素を入れて笑いをまぜてきました。



18番目の歌の時は、巨大なオロナミンCの風船をアリーナ席に5・6個投げ入れて、
さらに自分たちは、2階席に登場して観客の間を走り抜ける。
うーん盛り上げ上手である。




そんなTHE CONVOY祭も20年前は180人の会場からはじまって、
今では、武道館7500人の会場である。50代のおばちゃんが応援にくる。


スマップが45歳ぐらいになっても、武道館で歌って踊ってられるかどうか。


そう考えると、そのすごさがわかってくるのであった。



ここまで読んでくれてありがとうございました(^^)/~。




© Rakuten Group, Inc.