人生のバイブルを求めて。

小田さんの天才セミナー

今週の木曜日は小田さんの、
あなたを天才に変える技術セミナーに行ってきました。



ひと言でいうと、セルフプロデュースの方法です。



なかでも「ほめる技術」を中心に教えてもらいました。



魅力的な人は「自分自身」を良く知っている。


だから「相手を良く知る」ことができる。


そして「相手を信じる」ことができる。


さらに「相手の嫌な面も含めて受け入れる」ことができる。


その上そういう人は「人を輝かしている」。



また、自分の30秒の予告編を作ってくださいと、

言われました。



自己紹介の時に、相手に自分に興味持ってもらえるような、

自己紹介の仕方を考えようということです。



個人的に、

これは「自分の過去と未来を入れるといいです。」





小田さんは、防衛大出身というバージョンで言えば、

防衛大を卒業して、自衛隊に行かないことで、

国防という分野を外から変えて行きたいという、

プロフィールを披露してくれました。



確かに一度聞けば、すごい志ですねと思う、

インパクトがあります。


もちろん、ウソじゃないことも重要です。



そしてほめることに関しては、

「ほめることは簡単だと」



ほめることは、「違いを認めること」だからだと。

違いとは、

「その人の存在そのものに、私は関心を持っていますよ」と、

伝えることだと。



なるほどなあ~と感心しました。


その他もいろいろあったのですが、

とてもためになりました。



魅せる技術なので、中身がないじゃないか!

という意見を持たれる方もいるかもしれません。



でも思うに、中身も魅せ方も、車の両輪であって、

両方とも必要なんだと私は思います。


何かの本に、

「優しさは、伝わらない限り優しさではない。」

とありました。


私はその通りだと思います。


中身も魅せ方(伝え方)も両方伸ばせればいいですね。



ここまで読んでくれてありがとうございました(^^)/~。


© Rakuten Group, Inc.