000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お手軽☆☆☆スイーツ

美味しいぜんざいの作り方

☆美味しいぜんざいの作り方

● 材料(4~5人分)
 豊祝大納言・・・・・150g
 砂糖・・・・・・・・初めは300g位にして、好みで加減して下さい。
 塩・・・・・・・・・お好みで適量を加える。

● ひと言
 甘ったるいお善哉が好きな方は、渋切りをしないで、最後まで炊き上げます。

------------------------------------------------------------

● 作り方

 1)ひね小豆は一晩(10時間位)水に浸け置きいっぱいに膨らし、水を替えて中火で炊いていく、煮えの悪い豆は捨てること。
   新小豆の場合は水に漬けおかずに煮る方が味も良い。

 2)よく洗った豆を鍋に入れちょうど浸かる位に水を入れる。
   火加減は豆が踊らない位に弱火を保ち、アクが浮いてきたらこまめにすくい取る。
   豆が空気に触れていると割れるので、お湯の分量に注意すること。

 3)小豆が柔らかくなってきたかを時々確かめること。
   小豆が割れる直前に火を止めて渋切りに移る。
  (煮始めてから30~40分位経過)

 4)渋切り
   豆が目一杯にまで膨らんだ時を見計らって、今までの煮汁をすべて捨てる。
   この作業は豆が割れ、中身が出てしまってからでは遅すぎます。

 5)煮汁を残しておくとエグ味が残るので、完全に捨て去るほうがよい。
  (この辺までで約40~45分分くらい。)

 6)再び新しい水に替えて、弱火でコトコトと煮続ける。
   豆が空気に触れていないかを注意。
   充分に豆が柔らかくなった事を確かめて火を止め20分~30分程むらす。
  (この蒸らし行程で皮が柔らかくなるのです)

 7)豆を試食してザラつき感が無ければ仕上げに移ります。
   砂糖を入れる前に、余分な煮汁をすくい取り捨てて下さい。
   煮汁の量は豆がヒタヒタ状態になるようにします。

 8)余分な煮汁を取った後に、計っておいた砂糖の全量を入れる。
   あっさりした甘さをお好みの方は、ここで砂糖を少し控えて、後で甘味を調整してください。
   こってりした甘さが欲しいときには、水飴を加えて下さい。

 9)中火くらいでゆっくりと炊き始める。
   かき回しすぎて小豆をつぶさないようにコトコトと、10分ほど煮ると小豆に甘さが浸透し美味しそうな香りがしてきます。
  (時々は味見をしながら作業を進めてください)

10)最後にひと煮えすれば、火を止めて出来上がり。
   白玉だんごか焼いたお餅を入れれば最高の善哉が楽しめます。
  (ここ辺までで最初から約60分くらい。)



© Rakuten Group, Inc.