245479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

カズさんの最新ニュースブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Free Space

Favorite Blog

橋姫(はしひめ)は宇… New! Photo USMさん

【画像修正・画像加… New! 画像修正の職人さん

cafe dining&bar … garammasterさん
ボクサーブリーフが… 夏ノ介さん
2011.02.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


【送料無料】FX &日経225先物システムトレ-ド勝利の方程式

 

■この夏、大証が夜間取引延長へ

 1月15日の日本経済新聞で報じられましたが、この7月頃、大阪証券取引所が、日経平均先物などのデリバティブの夜間取引時間を延長することになりそうです。

 本決まりになれば、これまでの取引終了時間は「午後11時半まで」でしたが、「翌午前3時まで」と3時間半も延長されます。これによって、日経平均先物取引(商品名でいえば、大証が取り扱う「日経225先物取引」とそのミニサイズ「日経225mini」)への投資環境が大きく変わる、と私・相場の福の神は先読みしています。

 日本時間の午後11時半から午前3時までの時間というのは、実は、投資においてはすごく重要な時間なんですね。午後11時半はニューヨークの朝9時半(冬時間。夏時間の場合は10時半)で、ロンドンの午後2時半。言うまでもなく、世界の金融を動かしている、ニューヨークとロンドン両市場の「なう」をつかむ時間なのです。

 そしてご存知の通り、今の日経平均は、ニューヨークダウに連動しています。ニューヨークが上がれば翌朝の日経平均も高く寄り付き、下がれば寄り付きでドスンと下げてウダウダ低迷する、という流れになっています。そういう流れが予想できながら、日本の市場はこの時間帯は動いていないので、何かが起こっても日経平均先物については、取引のしようがない、というのが今の状況なのです。

■心理的ハードルが下がる

 では、大証が夜間取引を延長するとどうなるか? というのが今回のテーマです。
 突然ですが、人ってショックなことが起きて傷つくと、立ち直って動き出すまでに時間が必要ですよね。傷ついているのに「今すぐ行動せなあかん」というのは、ものすごく辛いものです。

 今までのFXと「日経225先物取引」の違いも、「傷ついても放っておいてもらえる」のか、「傷ついたのにすぐリアクションを求められる」というところにありました。

 というのも、FXも日経平均先物も、レバレッジがかけられるのは同じですが、損をした際にFXは自動的にロスカットする仕組みであるのに対し、「日経225先物取引」では、追証制度を採用しているので、期限内に追加金を入金しないとやっとロスカットされる。追加金という1段階があるのですね。

 この1段階がくせ者で、追加金を入金するのもしんどいし、入金しないならしないで、なまじっか時間があるだけに、「この間になんとか相場が反転しないかな」と悶々と思い悩んだりして、傷がより深くなってしまいます。「先物は難しい」というイメージがあるのも、そのためでしょう。

 つまり、FXと日経225先物取引の最大の違いは、「心理的ハードル」。日経225の取引時間が延長されれば、ニューヨークの様子を見て逆指値を入れて、自分でロスカットができるようになるので、心理的ハードルが下がるんちゃうか、と私は考えています。  続きはこちら

 

 

株式市場、6月には1万3000円まで回復する
2011年、株式相場で注目されるのは
クリスマス銘柄は年明けに高騰する 
赤いハゲタカに助けられた日本株 大株主に躍り出た中国系ファンドの狙いとは


※この記事の著作権は、ヤフー株式会社またはMONEYzineに帰属します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000000-sh_mon-bus_all







Last updated  2011.02.22 11:17:55
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.