000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

男一匹!イギリス・シングルファーザー奮闘記。

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

今日この頃

February 2, 2008
XML
カテゴリ:今日この頃
みなさま、明けましてオメデトウございます・・・・
かなり、遅ればせながらですが。

どうおすごしでしょうか?

時は過ぎ行き今年は2008年ですね

人によっては・・・

まだ

また人によっては

もう

時空の体感速度には十人十色?

さてうちのチビ介の2008年やいかに!
DSC01131.JPG

皆様にも幸あれ、2008年!!!






Last updated  February 2, 2008 11:33:25 AM
コメント(1) | コメントを書く


October 18, 2007
カテゴリ:今日この頃

皆様こんにちわ!

回想記再開と言いつつも相変わらずのあわただしさに更新もかなりスローなのですが・・・
申し訳ござません。

現在ちょうど法的な絡みとして約一年前の状況を書いているのですが以外にも多くの方から
多岐にわたるメッセージを頂いております。
中にはもちろん私と晃に起こっているような状況に海外で酷似したことで悩んでらっしゃる方やまた法律家の方でアドヴァイスをくださる方や暖かい心でサポートしてくださる方の多さに
驚きと感謝でいっぱいです。

そこでもし・・・仮にこのような状況で海外で既に解決された方や何か良いアドバイスをお持ちの方が居られましたらぜひとも解決の糸口でもご教示下しましたら幸いです。

日本と言う国が国際化や国際交流に積極的であるにもかかわらず、日本と言う先進国がそのなかで唯一親による児童誘拐の解決に同意していないがために私たちはこのように海外で苦渋をなめているのです。

もしこれら解決する術をお持ちの方が居られましたらぜひともご連絡宜しくお願い申し上げます。






Last updated  October 18, 2007 08:31:24 AM
コメント(5) | コメントを書く
July 28, 2007
カテゴリ:今日この頃

「ファイバー(5ポンド)、テナー(10ポンド)DVDーー!」

毎週金曜の昼下がり、今では聞きなれたフレーズ。

毎週金曜日の午後になるとこのお決まりの少しかすれた威勢のいい掛け声と共に、一人の中国人がやってくる。

彼は私の職場のあるこの辺りに海賊版のDVDを違法に格安で売りに来ている。

彼が来るとオフィスの同僚や近辺の職場の人たちが

「おい、DVDマンがきてるぞ!」

と声掛け合って外に出て皆お気に入りの最新のDVDを物色する。

私は彼が大嫌いだった、もちろん彼のことを知っているわけでもなかったし接したことすらなかった、ただただ生理的に受け付けなかった。
彼が来ても私だけは絶対に外に出て行かなかった。

それにはいろいろとわけがあって、このアジア人の少ない近辺で歩いているだけでよく心無い人たちからDVDマン呼ばわりされたりと、よく周りのアジア人たちとはいい迷惑だと話していたこともあった・・・

彼がこの辺りにDVDを売りに来るようになってちょうど1年くらいたったある時、ちょうどその日はひどい雨が降っていた、例のごとく彼はそこに居たのだがうちのスタッフが雨のせいで外に出るのをためらっているとボロボロのバッグから折りたたみのくたびれた傘を2本取り出すと大きく開けて商品のDVDとお客さんが濡れないように気をつかい少し微笑しながら自らが濡れることは全く気にも留めず商売を始めた。

その日はなぜか気がつくと私も知らず知らずのうちに外に出ていた、初めて・・・

彼は同じアジア人が目の前に出てきたので少し驚いたようだった。

関西人のO型のせいか私はこういう状況になるとなぜかいじょうにこの対象に好奇心が芽生えて話し出してしまう。
しかし彼はほとんど英語も話せなかったので、私のかたことの中国語に彼が分かる範囲の英語を交えてコミュニケートしだした。

彼はどうやら福建省からイギリスに不法入国でやってきたらしくもう3年近くになるという、そして妻子を中国においてきているといって少し照れくさそうに古ぼけた財布の中に挟んでいた写真を見せてくれた。

あと2年がんばって本国に帰るという、イギリスはきらいだと彼はいった。

彼も私が日本人だというと同じアジア人に親近感を感じたのか少し嬉しそうだった。
そんな彼の横顔を見ているとあることを思い出した、私が大学生の頃当時中華料理店でバイトをしていたのがそこに王さんとう若手の調理人が居た彼は大きな借金をしてまで大望を持って当時日本へやってきていた、私も血気盛んな頃で彼とはよく大喧嘩したのだが気もあって良くのみに出かけたりもした。
お互いに日本語と中国語を教えあったりもした。

そんな彼も今では神戸の中華街のレストランでで料理長をしているとつい先日、人伝いに聞いた。ふと記憶がシンクロした・・・

私に6歳の息子が居ると聞くと今目の前にいる彼はまた微笑しながら。

「いいのがあるんだ!」

と最新のトランスフォーマーのDVDを私に差し出した。
私も息子がこれを見たいと言っていたのを思い出して買う事にした。

今夜、大興奮しながら映画に見入る息子を横目に、妙に10年前の王さんとの記憶ががゆっくりと懐かしく想い出された。

「今度帰ったら久しぶりに神戸行って王さん探しにいかなあかんなー。」

ちょっとノスタルジックな夜・・・










Last updated  July 28, 2007 08:13:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 21, 2007
カテゴリ:今日この頃

金曜の夜・・・
ちょいと一杯やりながらふと気になることが・・・

「あー、そういえば来週誕生日なんだよな・・・」

そうなんです来週で31になってしますんです、別に31歳が特別感慨があるとか、歳だとかそういう感覚に陥ってるわけではないのですが、ただただ少し疲れ気味の金曜の夜にボーツと一息入れるとついつい100mダッシュのように過ぎ去った20代からこれまでを回想してみたりそしてこれからの行く先に気合を入れてみたり・・・

ただ今回の誕生日少し違うのが、これまであまり自分の誕生日など気にも留めていなかったのに・・・

今回はこっちに戻ってきて約3年間でこんな自分を支えてくれた友人達が企画してくれて明日バースデーBBQをしてもらう事になりました。

本当にいろいろな人たちからいただく優しさやパワー、素直に受け止めたいと想います。

そしてまたこういった喜びを次の誰かに受け渡していきたいなと想います。

「うん。」、人の優しさには国境も人種も無いですね。

とりあえず明日は思いっきり楽しもうと想います!!!






Last updated  July 21, 2007 06:47:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 17, 2007
カテゴリ:今日この頃

先週の事。

「あー・・・、ダディー・・・ビーチトリップいこ?」

「???」

「何それ?」

「あー、学校のみんなとダディー、マミーとピーチに行くやつが・・・」

「遠足?」

「あー、うん・・・」

良く聞いてみるとどうやら親子で参加する近くの海辺までの遠足とのことでした。
私も少し考えて、そういえば今学年もとうとう今週で終了だし最後くらいはと想った
瞬間少しあることがよぎりました。

それは何度かクラスの子のお誕生会やなんかに参加した際にそのうちのほとんど参加した大人の大半はやはりお母様方で、それはそれでよかったのですが、案の定お母様方はすこぶる元気な上に世話焼きが多く、最年少で数少ない父親の中で私を不憫に想ったのか強引にわたしの腕を鷲づかみにするやいなや親達の陣取るテーブルの中央の席に着席させられました。
その後はお決まりのマダム達の世間話に相槌をうちつつ際どいつっこみに四苦八苦したのを思い出しました。

恐る恐る。

「でどこの親達がくんの?」

と聞くと。

「えーっと、ティリーのマミーと、ルイのマミーと、ハービーのマミーと、・・・・」

「えーまたマダム軍団ばっかりやん、どっかのダディーはけえへんの?」

と焦る私を尻目に

「あー、あっくん知らん・・・」

ってな事で今週の水曜日に親子遠足に参加する事となりました・・・






Last updated  July 17, 2007 06:12:46 AM
コメント(6) | コメントを書く
July 16, 2007
カテゴリ:今日この頃
今学年も今月の19日を持って終了し9月からはイヤー2がスタート・・・
ということは遂にうちのチビも日本で言うところのピッカピッカの小学1年生。(英国は日本より約半年早い。)

どうりでわたし自身も年齢を重ねるわけです・・・

この2年間は、同じクラスメート達とゆっくりゆっくりと成長してきたのにこれかららは少し年長のメンバー達とも混合でクラス割があり1番チビのクラスだったアキラやそのクラスメート達は少しナーバスになっているのかなと少し心配にもなりましたが・・・
本人はいたって

「あっくんは全然大丈夫やで!」

と来年度に向けてポジティブに意気込んでいるようですが、そんなチビたちの心情をよそに過剰に神経質になっているのはどうやら私たち親の方なのかもしれません・・・

先日もクラスメートの親達に誘われてバーベキュウに行って来たのですが、もー親達(特にお母様方。)の関心は完全に新学期のクラス割にフォーカスされていました。

ある親が

「とにかくあの子とだけは同じクラスにはなって欲しくないわ!」

といえば、またあるマダムが

「うちの子にはあの子だけとは話さないようにといってるのよ。」

とか言いたい放題で、私は心の中で

「なに言ってんねん、まだ6歳やのにいろんなタイプの人間ともうまくやるのが勉強やろ馬鹿チンが。」

と胸くそ悪くも、うちの子もどこかで何か言われてなければとか頭をよぎりました・・・

とりあえず先日クラス割の発表があり、うちのチビ介は”イエロー”クラスとの事、仲良しのローズともまたクラスが同じで大喜びでした。

どうなる事やら一年生!!!






Last updated  July 16, 2007 06:53:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 4, 2007
カテゴリ:今日この頃
ってよく自分の息子を見ていて想います。

私としては、なんやかんやこれまで色々とあったし、それからまだまだ解決しなくてはならない問題もあるけど、彼は素直に優しい子に成長していてくれて今のところ一安心ですが、ここイギリスでもまたニュースなどで伝え聞く日本でも十代の凶悪な犯罪や暴走を知らされるたびに不安にもなります。

私の職場のあるとあるロンドンの東部の町は近頃イギリスでも知られる位に犯罪率が高くなり駅前の繁華街には目つきの悪い若者がうろつき、朝駅から外へでるとスカンクと言うそれはもう気持ちが悪くなるような異臭を漂わせるマリワナの類を吸って通学する中学生がうろつき今では見慣れたものの当初はぞっとしたものです。

それから一番私を憂鬱にさせるのが、十代の妊娠率がこの辺りでは以上に高い事です。
本当に驚かされます・・・
大袈裟ではなく、14、15、16歳くらいでベビーカーを押しているお母さんを本当によく見かけるのです。

先日私の部署のスタッフの女の子の一人が言っていたのですが、彼女はまだ22歳なのに学生時代の同級生のほとんどが既に子持ちと言うのです、多い子で既に子供が4人もいてしかも全ての父親が違うという子もいると聞かされてどうもこうも言葉を失いました・・・

逆に現在私たちが住むこの辺りは結構ファッショナブルな地域になってきているのですが日本よろしく親達は幼稚園くらいからどこの小学校がいいやらどの中学校が進学率が高いやらで子供達にプレッシャーをかけているといった具合です。

親としての子供への願いとは本当に難しいものだなと感じずにいられません。

親の自己満足での期待過剰ではいかんし・・・

今私が息子に伝えているのが、日本語をがんばること!

「あきら、ほらダディー見てみ日本語とイングリッシュがんばってるからいろんなお友達できるやろ?」

と言って出来るだけなぜそれをがんばったほうがいいのかを説明するようにしています。
分かりやすいほうが良いのだと想います。

こどもを凶悪犯にしてしまうのも、がんばるマンに育てるのも親の責任ちゃうかな?

それくらいの覚悟なかったら子供生んだらあかんのちゃうかなって想う今日この頃です。






Last updated  June 4, 2007 05:07:48 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 22, 2007
カテゴリ:今日この頃

この間の日曜日うちのチビ助の6歳のバースデーパーティーを
催しました!

タイトルは「爬虫類の不思議」
業者に頼んで移動動物園よろしくいっぱい蛇やらカメレオン やら、イグアナなんかが登場しました・・・
(不覚にもアクシデントで女の子が蛇にかまれて一同顔面蒼白・・・、大事には至りませんでしたが・・・)

運よく空も晴天この小難しいイギリスの天気をも味方に付けた わが子はそりゃもうご機嫌でした。
クラスメートや方々の友人が集まってくれ子供達の数はざっと30人・・・

1年ほど前からチビ助から

「ダディー、あっくんガールフレンドいるよ!」

と聞いていたものの紹介してもらう機会も無かったのですがついに今回息子の小さなガールフレンドを紹介してもらいました!

彼女の名は「ローズ」というのですがそりゃもうしっかりした女の子で、両親が学校の先生というだけあって私が彼女に自己紹介すると気品に満ちた態度で彼女も自己紹介してくれました!

ほんと6歳児とは思えんラブラブぶりでおとっつあんも少し 微笑ましいやら末恐ろしいやら・・・
(最初から最後までずっとベタベタくっついてました・・・)

まー本人がハッピーやったんやしええか!

想い出に残るといいな二人のツーショット
DSC01030.JPG








Last updated  May 22, 2007 07:21:11 AM
コメント(5) | コメントを書く
March 1, 2007
カテゴリ:今日この頃

ほんまに子供の成長は早いもんですねー。
つくづくそう想います。

最近では少しずつ生意気な口をきいたり
でもそれがけっこう的を射ていたり・・・

空手でも最初の頃はすねをぶつけてあざになると
泣いたり、べそをかいたり、あんまりハッピーじゃなかったのに

近頃はすねのあざを見つけるたびに
「ダディー、あっ君いっぱいあおいのあるから強くなってるなー」
なんていって誇らしげで・・・

確かに、いつも顔を合わせていると気づかんかったけど
確かにこのBlogの最初の頃の写真と最近の写真を比べると、幼児から少年
へと変わってきてんのかな・・・

少年時代、






Last updated  March 1, 2007 08:32:41 AM
コメント(5) | コメントを書く
February 13, 2007
カテゴリ:今日この頃

先週の事ですが・・・
近頃FX(為替取引)にはまってインターネットとにらめっこしている私の元に少し
モジモジしながら息子がしのび足で近寄り。

少し照れくさそうにこっちをチラチラ。

私が

「どうしたん?」

と始めると。

「ダディー、・・・・」

もぞもぞしながら。

「あ、あ、あ、あっ君、バレンタインが・・・・・」

意表をつかれたわたしが。

「はーーーーーーーー、ババババババババ、バレンタインがなんやって?」

さらに照れくさそうに・・・

「あーーーー、あっ君ローズにバレンタインしたい・・・」

と・・・

よく真相を聞いてみると、どうやら幼稚園のクラスでは来たるべくバレンタインデー
に向けて男女入り乱れてプレゼントを交換するらしく(イギリスではバレンタインデーは
男女のイベント)、彼もガールフレンドのローズに当たり前のごとく気前よく約束したとの
ことでした。

そこで
「で、君は彼女に何をプレゼントする気なのかね?」

と聞いてみると・・・
わが子はタブーを破り・・・

「あー、ダディーは幼稚園ととき何プレゼントしたん?」

あー、無常・・・
さすがに、ダディーは5歳の彼女はおろか頃幼稚園の頃おサルのように木登りと、スカートめくりが一番じょうずだったんだよなど白状できるはずも無く・・・

「あきら、ローズが一番好きなものは何や?それでいいんやぞ!難しく考える事はない!」
とかなり怪しいアドバイスをすると。

「あーーーーーーそうかー!!、ローズはチョコレートとジェリービーンズが大好き!!」

と言う事で週末に彼女が虫歯にならない程度のスィーツを買い込み来るべきバレンタインデー
に備えました!

あー正直ダディーは焦ったけどホンマ、彼女が喜んでくれたらええなー!!









Last updated  February 13, 2007 09:41:05 AM
コメント(3) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.