000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mari`s すけっちのぉと

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

2006.08.20
XML
カテゴリ:写真・欧田舎町

ザルツブルク6.jpg

サウンドオブミュージックの舞台となったオーストリアのザルツブルク

夏は、音楽祭が開かれる音楽三昧の日々にひたれる町ザルツブルク

あのモーツァルトが生まれたところでもあります

実は、モーツァルトはこの町が好きではありません

ザルツブルクの王様ともいえる大司教にひきたててもらえず、

あちこちにでかけて食べていかなければならなかったモーツァルト

けっして好きではなかったザルツブルクの町ですが

今のザルツブルクはモーツァルトにおんぶにだっこ

モーツァルトにはじまり、モーツァルトチョコに終わるといったかんじで

モーツァルトは観光の目玉になっています。皮肉なもんですね。

もうひとつの観光の目玉はサウンドオブミュージック

あのトラップ一家がほんとうに住んでいたのがザルツブルク郊外

マリアはこのザルツブルクのノンベルク修道院の修道女でした

ノンベルク修道院.jpg

右手がノンベルク修道院、奥にホーエンザルツブルク城が見えます

マリアさんもこの道をとおっていたのでしょうね

この、ノンベルク修道院からは、ザルツカンマーグート地方が一望に見渡せます

時間があったら、散歩がてら行ってみても・・・すてきな景色が見られます

ザルツブルクの私のおすすめ

シーズンは6月~9月がベスト、真夏でも薄めのセーター必携です。

8月に行くと、郊外の町でこんなお祭りがみられるかもしれません

お祭りに出会った日のぶろぐはこちらからどうぞ

民族衣装の人たちがあふれる、音楽祭り。日本のぼん踊りといったかんじです

マリアさんのあの衣装は伝統的な、民族衣装だったのですね


2005-07-26 13:57:01

ザルツブルク町のみどころは、大司教の宮殿レジデンツ、

この町は、キリスト教の大司教が治めていた町で

王様は大司教というわけですが、この大司教の豪奢な生活ぶりに

圧倒させられるのが、この宮殿です。見事な内装は必見です

ぼうさんが、こんな豪勢に暮らしていいの?って思いますが

サウンドオブミュージックのロケでも使われたあのミラベル宮殿は

大司教の愛人のために建てられたとか

とことん、宗教的ではなかったようですね

そんなことやっているから、宗教改革とかになったのでしょうが・・・

それはともかく、このクラシックヨーロピアンというかんじのこの町

ヨーロッパのほかの町同様すてきなインテリアショップがありました。

ウインドウをみているだけでも、ため息がでます

冒頭の一枚は、真紅のテーブルクロスに真っ白な家具、輝くシャンデリア

ヨーロピアンエレガンスそのものというかんじのコーディネートですね

ヨーロッパは真紅の使い方が実に上手

日本でも、非毛氈が真紅ですね

非毛氈も、ヨーロッパの真紅の絨毯も

アラブ諸国一帯の遊牧民の真紅の絨毯がルーツといわれています

遊牧民の赤い絨毯のお話は、又いずれ・・・

下は、書斎のコーディネート

ザルツブルク4.jpg








最終更新日  2006.08.20 12:44:25
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.