115502 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いざこざの外

Nov 29, 2005
XML
第8回公判には証人が2人いました。奥平康弘氏の後に登場したのは
唯一の女性証人 藤本由香里氏でした。藤本氏は筑摩書房の編集者であり
漫画評論家でもあるそうで、日本マンガ学会の理事を務められています。
手塚治虫賞の選考委員をされたこともあると本では書かれていました。

藤本氏の言葉で特に共感をしたのは「不快感」についての事でした。
証言が始まってすぐに述べられた言葉でしたが、特に男性向けポルノを
読む時には不愉快な部分が残る時があって、それを頭の中で選り分けつつ
読みすすめる必要があるという内容の発言をされていました。
不愉快な部分は具体的に言われませんでしたが、例えば暴力的行為や
痴漢行為から、その被害女性とセックスをする様な描写でしょうか。
中には何の救いもなくストーリーが完結するものもありますが、大抵は
ハッピーエンドに近い状況や、女性がその状況を楽しむという結末に
なる事が多く思います。男性の妄想なのか願望なのか分かりませんが
私が旦那の作品が掲載されている雑誌を読んでいても、似た感情を
抱く事がありました。編集者の目ですから、もっと深い内容を言って
いたのかもしれませんが「不快感」という言葉には大いに納得しました。
そして幸いな事に、旦那の作品に対しては比較的「不快感」が少なかった
そう述べられたのにホッとしたのを覚えています。
だから逆に人気が無いとも言えるので、複雑な所ではあるのですが。

藤本氏は、旦那の作品のストーリーをそれぞれ解説し、更には性器描写と
内容の相関関係にまで触れた作品論にまで発展しました。
これには正直、こちらが驚きました。同じく、旦那本人も。
「そんな計算をして、漫画を描いてるの?」
「いや、全然。こっちの方が、へぇって感心しちゃったよ」
「・・・そうだよね、やっぱり」
帰り道、夫婦で苦笑しながら話しました。やはり作品は作者の手を離れて
受取り側の感性に大きく委ねられてしまう様です。

ところで証言の中にもう1つ、興味深い内容がありました。
日本の漫画水準は世界的にも高水準ですが、良い物・悪い物を含めて
表現層が厚いから、漫画界が発展したというのです。以前に漫画大国で
あったアメリカは1950年代に出来たコミックコードによる規制の為
発展が妨げられたと言われています。コミックは子供の為のものという
強い思い込みがあったので、全ての表現を無害なモノにしてしまった結果
大人が読むに堪えるだけの深い漫画が無くなってしまった。
「表現をしぼませるのではないかと非常に危惧を持っています」
「今回の事件が、漫画は子供のものだという誤った思い込みから始まって
いるのでなければいいと思っています」
日本マンガ学会の方が望んでいる、強い言葉だったのでしょう。
藤本氏は旦那の作品を、決して守るべき良い物と言ったのではなく
日本の表現水準を落とす引き金となりかねない、悪い前例が出来るのを
阻止しようと証言して下さったのだと思います。







Last updated  Nov 29, 2005 04:48:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
[松文館わいせつコミック裁判] カテゴリの最新記事

PR

Favorite Blog

バイクのヘルメット… 昼サイさん

新・浅間の見える窓 あじたまさん
トマト・トマト とまとまにあさん
少年チャンポン しろくまさゆきさん
エロ漫画家の日記 エロ漫画家さん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:ドナドナと独り連想ゲーム(07/31) is cialis more effective or viagraciali…
http://viagraky.com/@ Re:ドナドナと独り連想ゲーム(07/31) wellbutrin viagra <a href="htt…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/qd729t7/ ち○…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


藤原まほ

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.