8666595 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美女・特撮・時代劇・反逆

天知茂の「美女シリーズ」、60~80年代の特撮・時代劇・ドラマ、
横溝正史関連作品、および「セーラー服反逆同盟」「スケバン刑事」などを紹介しています。
2012年9月開設。

毎度お買い上げありがとうございます。
現在のタイトル画像は田山真美子さんです。

1/25 「ウルトラセブン」第19話「プロジェクト・ブルー」を手直ししました。
4/06 「バトルフィーバーJ」第16話「格闘技!闇の女王」を手直ししました。
4/30 「400万ヒット御礼」(3/26)に画像を追加しました。
5/12 「セーラー服反逆同盟」第6話「真夜中の処刑遊戯」を手直ししました。
10/19 「ウルトラセブン」目次を補完しました。
10/29 「セーラー服反逆同盟」第9話「パソコン逆転計画!」を手直ししました。
2017.03.28
XML
カテゴリ:特撮ヒーロー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽戦隊サンバルカン MUSIC COL [ (キッズ) ]
価格:1101円(税込、送料無料) (2017/3/28時点)


 第19話「危険な100点少年」(1981年6月13日)

 中尾工科学研究所なる施設を訪ね、中尾博士から説明を受けているのは、バルシャークこと、鮫島欣也。

 PDVD_000.jpg
 中尾「これはただの水だが、この電解装置で瞬間的に水素を分離して、強力な水素エネルギーに変換するんだ」

 中尾博士がそう言いながらコップの水を装置に注ぐと、たちまちそれにつながれた自動車のエンジンが回転を始める。しかも、その車はロープで大きなトラックを引っ張りながら爆走し、最後はロープが切れて敷地内の池に飛び込んでしまう。

 中尾「エネルギーが強過ぎて爆発したんだ。ただ、ここまでくればあと一息、エネルギーさえ制御できれば実用化できる」

 中尾博士を演じるのは、たいてい悪役をやることの多い原口剛さん。

 だが、この時既にブラックマグマのガマモンガーが敷地内に侵入していて、実験の一部始終を目撃し、中尾博士の発明の凄さを本部に戻って報告する。

 当然、ヘルサターンはその発明を軍事目的に利用しようと考え、その発明の強奪を命じる。

 もっとも、ブラックマグマならずとも、そんなごっつい研究が進められていると知れば、世界中の政府、軍、企業、悪の組織が群がり寄って来ることは必定である。

 あるいは、石油に取って代わる可能性の高い水素エネルギーの出現を喜ばない石油メジャーが、中尾博士の抹殺を図っても決しておかしくはない。

 嵐山長官は、サンバルカンに、平和守備隊と共に中尾博士の身辺をつきっきりでガードするよう命じる。

 PDVD_001.jpg
 そんな折、庭の植え込みの中にいた、博士のひとり息子である宏を欣也たちが侵入者だと勘違いして出動する騒ぎが発生する。この研究所は、中尾博士の自宅兼用の建物らしい。

 中尾「宏、何をやってるんだ、こんなところで……パパは今研究の一番大事なところなんだぞ。人騒がせな真似をして邪魔をしないでくれ」
 宏「……」
 朝夫「博士、もういいじゃないですか」
 中尾「いや、この子はいくら言い聞かせても分からない子なんだから」

 宏は、父親に対して何か含むところがあるようで、叱られてもそっぽを向いて風船ガムを膨らませている。

 その後、欣也は、宏が点数の低いテストの答案を捨てようとしていたことを知り、「間違ったところをやり直し、分からないところを聞いたりすれば、パパだってその努力を認めて許してくれるんじゃないかなぁ」と、男気溢れるアドバイスを与える。

 だが、宏は欣也のアドバイスを鵜呑みにし、

 PDVD_002.jpg
 宏「パパ、やってみたけど、どーしても分からないところがあるんだぁ」
 研究も大詰めで、見るからに忙しそうな父親のところへ押し掛けて、話しかける。

 中尾「なんだ、この忙しい時に……なんだ、またこんな点を取ってきたのか、あとにしろ、パパは今一番大切な時だってのが分からんのか?」
 宏「……」

 さすがに見兼ねて欣也たちがとりなそうとするが、宏は「パパいつもそうなんだ!」と叫び、部屋を飛び出してしまう。

 宏を探しに研究所を出た欣也の前に、ガマモンガーが現れ、襲ってくる。
 その後、龍介と朝夫も駆けつけ、無駄に長い戦闘シーンに発展する。

 PDVD_003.jpg
 そして、三人をその場に釘付けにしている隙に、公園のブランコに座っていた宏少年に、普通の格好をしたゼロツーとゼロフォーがにこやかに接近すると言う段取り。

 PDVD_004.jpg
 ゼロフォー、ロングパンツでも履いてるのかと思いきや、昔の小学生みたいな黒い半ズボンだったのが、ちょっとミスマッチで萌えるのである。

 ゼロスリー「僕、中尾宏君でしょ」
 宏「……」
 ゼロフォー「パパに愛されない、可愛そうな坊や」
 ゼロスリー「あんなうちにいても面白くないでしょ、だからお姉さんたち、宏君を助けてあげようと思うの」

 PDVD_005.jpg
 ゼロフォー「もう勉強しなくてもいいし、学校に行かなくてもいいし、パパに叱られなくてもいい、とってもいい方法があるのよ」
 宏「ほんと?」

 PDVD_006.jpg
 ゼロフォー「うんっ!」

 宏の問い掛けに、可愛らしい返事をしてから、ゼロツーと目を見交わすゼロフォー。

 この「うんっ」が、濃いメイクとの落差もあってめっちゃラブリーなのだが、当然、キャプではそれが伝わらないのが残念である。

 ぶっちゃけ、今回の一番の収穫はこのゼロフォーの私服(?)だなぁ。

 とにかく、宏は二人の甘言に乗って、ほいほいブラックマグマのアジトへついて行ってしまう。

 そして、各種データを測定され、そのデータを元に宏そっくりのダークQが作り出される。
 それをスパイとして博士の身辺に送り込もうと言う作戦なのだ。

 PDVD_007.jpg
 宏「あ、俺がいる!」
 ニセ宏(無言で頷く)
 ゼロツー「今からこの子があなたの代わりを務めてくれるのよ」
 ゼロフォー「その間、あなたは遊びまわってればいいの」
 宏「そうか、そいつは良いやー」

 宏、物事をあまり深く考えない性格なのか、それとも ただのバカ なのか、彼らがどう見てもワルモノなのに、一向に怪しまず、手放しで喜ぶ。

 しかし、宿題や授業の時間だけでなく、ずーっと入れ替わりっぱなしと言うことは、とりもなおさず宏は中尾家に戻れなくなることを意味する訳で、小学生の彼がたちまち路頭に迷うことは簡単に想像がつく。

 だが、宏は、明日は明日の風が吹くイズムの持ち主なのか、それともやっぱり ただのバカ なのか、

 PDVD_008.jpg
 言われたとおり、ゲーセン(ゲームコーナー)で遊びほうけるのだった。

 もっとも、当時はまだビデオゲームより、スマートボールやもぐら叩きやら、物理的なゲームばかりである。2年前の「バトルフィーバーJ」では、メンバーがインベーダーゲームに興じるシーンもあったけどね。

 なお、この入れ替わりプロット、「宇宙刑事シャイダー」第12話「百点源太の正体?」とクリソツである。脚本は、こちらが曽田さんで、あちらは上原さんだけど。

 ただし、「シャイダー」では、両親もニセモノとの入れ替わりを承知していて、本物はそのまま家に残ってゴロゴロしている……と言う風に変えられていて、管理人が指摘した疑問点を解消している。

 ついでに言えば、路頭に迷った宏が、早晩、父親に助けを求めて、結果的に入れ替わり作戦に支障が出るであろうことは、ゼロガールズたちにも容易に察しがついた筈で、そう言う意味から、彼らがわざわざ本物の宏を解放したのは不可解である。

 ダークQさえ宏そっくりに仕立ててしまえば、本物は用済みなので、殺すか、人質に取っておくと言うのが、由緒正しい悪の組織の取るべき道であったろう。

 PDVD_009.jpg
 その夜、中尾博士、ニセ宏、サンバルカンの三人が同じ食卓を囲んで家庭料理(誰が作ったんだ?)を味わっている。

 三人は研究所に寝泊りしているのだろう。

 それにしても、スーパーヒーローがこうやって茶碗でご飯を食べてるシーンってありそうであまりない光景だよね。基本的にヒーローは家庭を持たないことになってるからね。

 PDVD_010.jpg
 ニセ宏「パパ、今日はごめんなさい、これから心を入れ替えて一生懸命勉強します」
 中尾「うん?」
 朝夫「ひょひょうっ、どういう風の吹き回しなんだろうねー」
 中尾「お前、刺身は嫌いだったんじゃないのか」
 ニセ宏「今日から全部やり直すと言ったでしょ、天国のママにも誓ってきたんですよ」

 まるで別人のように良い子ちゃん発言を連発する宏。

 でも、ここまで極端に改心すると、かえって怪しまれそうな気がするのだが、続けてニセ宏は、中尾博士と宏しか知らない、家族旅行の話を持ち出して自分が本物だと言うアピールをする。

 龍介「研究が終わればまた二人で行けるさ、ねえ、博士」
 中尾「そうだな」
 ニセ宏「うわー、楽しみだなー」

 一方、本物の宏はどこかの家の犬小屋に潜り込んで、一夜を過ごす。

 PDVD_011.jpg
 翌日、ニセ宏は100点満点の答案を手に、誇らしげに学校から戻ってくる。

 中尾「やればできるんだなぁ」
 龍介「昨日は20点だったのに」
 欣也「急にこんな良い点が取れるもんかなぁ」
 中尾「私の息子だもの、これが当然だ」

 欣也だけはやや不審そうな顔になるが、父親は疑う素振りも見せない。

 その後、本物の宏がニセ宏を公園に連れ出し、もう一度入れ替わって欲しいと懇願する。早っ。

 PDVD_012.jpg
 ニセ宏「僕たちは入れ替わる約束をしたんですよ」
 宏「でも俺が本当の子供だ」
 ニセ宏「じゃあ算数で100点取れますか? 明日は理科のテストがあります。僕はパパに100点取ると約束しました。君にはそんな約束できますか? できっこないでしょう。そう言う子はもうパパの子ではないのです。何故ならパパは僕を見直したからです。僕こそ本当の子供だと思っているからです」

 無論、ニセ宏がそんな要求を入れる筈もなく、滔滔とまくし立てて宏を黙り込ませる。

 最終的にはつかみ合いの喧嘩になるが、人間がダークQにかなう筈もなく、本物の宏は負けて逃げ出す。

 PDVD_013.jpg
 宏は、レギュラー子役たちに伴われてサファリにやってくる。

 正男「マスター、ちょっとこの子の話聞いてやってくれよー」

 PDVD_014.jpg
 まり「家出してきたみたいだけどー」
 次郎「なんだかさっぱり訳の分からないことを言ってるんだー」

 管理人、未だにどっちが正男でどっちが次郎だか良く分からない……。

 ま、どっちでもいいか……。

 宏「俺、負けたんだ、俺、ニセモンの宏に負けちまったんだ!」
 嵐山「君は、誰なの?」

 PDVD_015.jpg
 宏「中尾宏、本物の中尾宏だぞ!」

 何度も書いて恐縮だが、管理人はまりちゃんの顔が好きである。

 PDVD_016.jpg
 宏の聞き捨てならない言葉に、人差し指をつき合わせて唇に当てる嵐山。

 嵐山「ちょっと薬を持って来てあげようね……」

 嵐山、美佐に後を任せて奥に引っ込む。次のカットでは、

 PDVD_017.jpg
 嵐山「嵐山だ、そちらの宏君はニセモノだぞ」

 きっちり、嵐山長官の姿になってから、研究所のサンバルカンに通信している。

 いや、この場合、別に服装は替えなくても良いと思うんですが……。一刻を争う時であるし。
 これが、逆(司令室→サファリ)だったら着替えなくちゃいけないんだけどね。

 三人はそれを受けて、中尾博士にも協力して貰い、ガマモンガーやニセ宏を研究所の外へ誘い出し、彼らを(うんざりするほど長い戦闘シーンを経て)撃破する。

 PDVD_018.jpg
 事件解決後、サファリで感動の再会をする中尾親子。

 中尾「パパがいけなかったんだ、許しておくれ……パパは研究にばかりに夢中になっていてお前のことを忘れていたんだよ。もうこれからは決して寂しい思いはさせないよ」
 宏「パパーっ!」

 流れ作業的に和解する親子。

 「シャイダー」12話に比べると、その辺の描写がいかにも雑で、アイディア倒れと言う感じがしなくもない。

 思うに、戦隊シリーズってメンバーの数が多く、独立した巨大ロボットバトルシーンもあるから、宇宙刑事シリーズなどの単体ヒーロー作品と比べると戦闘シーンの比率が高くなり、その分、どうしてもドラマ部分が弱くなっている気がする。特に「サンバルカン」以降は。

 おまけに今回も、

 PDVD_019.jpg
 最後に「サンバルカン体操」コーナーがあって、ますます本編シーンが圧迫されることになる。
 
 まぁ、今回は1分足らずだけどね。

 16話では、変身後の三人だったが、ここでは役者本人が踊っている。

 PDVD_020.jpg
 また、今回はレギュラー子役三人も後列に加わっているようだ(画面左端がまりちゃん)。

 で、それを眺めているのが、美佐と、

 PDVD_021.jpg
 嵐山……じゃなくて、何故か、中尾博士なのだった。

 管理人、不覚にも、いかにもナイスミドルな原口さんを見て、吹き出してしまったことを告白しておく。

 PDVD_022.jpg
 さらに、途中から美佐と中尾博士まで加わって、元気にヒーロー的なポージングを見せるのだった。

 原口さんのこんな姿、まず他では見られないよね。

 これがなかなか可愛いのだ……。いかにも良きお父さんと言う感じで。






最終更新日  2017.03.28 20:30:59
コメント(2) | コメントを書く

PR

フリーページ

サイド自由欄

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

コメント新着

影の王子@ Re:「宇宙刑事ギャバン」の魅力を語り尽くす 第43話 前編(06/29) New! タイトルを「再会」と短くしたのは、新聞…
影の王子@ Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第19話「危険な100点少年」(03/28) New! 昭和ライダーや宇宙刑事ほど戦隊に思い入…
ふて猫@ Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第19話「危険な100点少年」(03/28) New! 確かにシャイダーに比べると子供の行動が…
エレクトロファイヤー@ Re:「仮面ライダーV3」 第6話「ハンマークラゲ出現!放て、V3の必殺わざ!!」 後編(03/26) New!  ハンマークラゲは、通常のV3キックなら…
zura1980@ Re:「V3の26の秘密」(03/26) New! 影の王子様 >シリーズ前半に登場した「2…
zura1980@ Re:仮面ライダーにとっての「復讐」(03/26) New! 影の王子様 確かに志郎も途中からあまりそ…
zura1980@ Re[5]:これは失礼・・・。(08/21) New! 笑太郎様 >やはり違った様ですね。早とち…
影の王子@ 「V3の26の秘密」 New! シリーズ前半に登場した「26の秘密」は…
影の王子@ 仮面ライダーにとっての「復讐」 New! 以下、昭和ライダー限定(平成はわからな…

お気に入りブログ

コックリル警部 旅… New! hoshiochiさん

「ポスト真実」と政… New! 佐原さん

出展レポートin茨城… New! glass1-2015さん

目玉焼きの黄身 いつ… New! メイカイサラドックさん

最後のホリデー?! kaitenetさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.