14243299 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

美女・特撮・時代劇・反逆

天知茂の「美女シリーズ」、60~80年代の特撮・時代劇・ドラマ、横溝正史関連作品、
および「セーラー服反逆同盟」「スケバン刑事」「不良少女とよばれて」「スクール☆ウォーズ」などを紹介しています。2012年9月開設。

毎度お買い上げありがとうございます。
現在のタイトル画像は森山いずみ隊員です。
2018.01.20
XML
カテゴリ:時代劇


 読者の皆様、こんばんは。管理人のzura1980こと、うにゃきちでございます(どっちだよ)。

 さて、今回は実に久しぶりの時代劇であります。

 そして、やっとこの企画を公開できる日がやって来たかと、管理人は今、感動に打ち震えておるのです。

 だいぶ前に「さわり」だけ紹介したことのある「破れ傘刀舟悪人狩り」、今度は、全131話の中から気になる女優さん、エピソードを厳選して紹介していきたいと思い立ち、去年の春頃からコツコツ準備を始めていたのですが、なにしろ仕事の遅い管理人なので、去年の夏までには記事にしたいと思っていたのに、遅れに遅れ、とうとうこのように年を越してしまった次第なのです。

 面目ないことですが、しかし、言い訳させて貰うと、33枚にも及ぶDVDをいちいちチェックして、その見所をピックアップして、キャプをして記事にする作業が想像以上にしんどかったのです。

 ……と言う訳で、基本的には自分の好きな女優さんの出演回(シーン)だけを集めてみましたが、その他にも傑作エピソード、シリーズ上重要と思われるエピソードも含まれています。

 では、早速参りましょう。

 あ、例によっていい加減な人間が書いているので、人名・地名などで誤記があるかと思われますが、大目に見てやってつかあさい。

 第1話「闇に光る眼」(1974年10月1日)

 記念すべき第1話だが、別に他の回と大した違いはない。レギュラーが初めて顔を合わせたり……と言うようなシーンは皆無である。

 しかし、一応レギュラーの紹介をしておこう。

 PDVD_005.jpg
 主人公の叶刀舟、演じるのはご存知、萬屋錦之介である。

 千住の外れにある瑞光院、別名・棺桶寺と呼ばれる無住の荒れ寺にいつの頃からか腰を据え、その類まれな蘭方医学(要するに西洋医学)を駆使して主に貧乏人を相手にほとんどタダで医療活動をするかたわら、ちょくちょく悪人狩りを嗜むと言う無外流抜刀術の達人である。

 性格は豪放磊落、酒好きで無欲、どんな人間も差別せず平等に扱う。しかし金や権力を笠に弱い者をいじめる奴らは漏れなくあの世へ産地直送したいお年頃。独身。

 属性……無敵

 PDVD_009.jpg
 稲妻のお蘭(江波杏子)。口入屋や、揉め事の仲裁、生命保険の外交など、幅広く色んなことに手を出して、江戸でも少しは名の知れた女傑である。

 一応、刀舟のことを憎からず思っている設定なのだが、別に刀舟と結婚したいなどと思っている訳ではない。

 PDVD_006.jpg
 仏の半兵衛(桂小金治)。瑞光院の寺男で、ひたすらがめつく、小判を見ると目の色が変わるが、涙もろいところもある。

 酒好き、女好き、ばくち好き。

 PDVD_007.jpg
 伊庭弥九郎(織田あきら)。刀舟の弟子を自任する医者の卵。掘っ立て小屋に住んでおり、暇さえあれば薬草採集に励んでいる。その方面の知識に関しては刀舟も一目置いている。

 人は良いが、真面目過ぎて融通の利かないところもある。剣の腕もなかなかのもの。

 PDVD_008.jpg
 むっつりお竜(ジャネット八田)。瑞光院によく出入りしている女壺振り師で、普段は辻ばくちなどで小金を稼いでいる。その気になればイカサマで客から金を巻き上げることも出来、急に大金が必要になったお蘭に頼まれて、一晩で大金を稼ぐこともしばしばある。

 侠客気取りの言動を見せるが、根はいたって素直で純真な女性である。

 で、第1話である。

 刀舟は、瑞光院を訪ねてきた米問屋の上総屋喜八(内藤武敏)と言う男に、娘の八重の目を治して欲しいと頼まれる。

 刀舟は基本的にビンボー人しか治療しないので、上総屋も一旦は断られるが、ちょうど寺にやってきたお蘭に声を掛けられる。

 PDVD_010.jpg
 上総屋「お蘭?」
 お蘭「そうですよー、夫婦喧嘩から離婚・復縁、浮気の後始末まで揉め事一切八方丸く収めるお節介屋、渡り中間から人足、女中子守まで即座に集めてお目にかける口入屋、家賃から借金の取り立て、遺産相続の立会いから利殖(?)の方法まで、面倒な仕事は一切お引き受けしております、よろず相談承り屋のお蘭ですよー」

 ここでお蘭が自己紹介代わりに自分の商売について超早口で一気にまくしたてる長台詞が素晴らしいのです。
 で、そのお蘭の口添えで、刀舟も上総屋の娘の診察を引き受けることになる。無論、お蘭はちゃっかり仲介料を頂くのだが。

 だが、弥九郎は、刀舟が汚いやり口で大金を稼いでビンボー人を泣かせている上総屋の求めに応じるとは何事かと憤激し、寺を飛び出してしまう。

 半兵衛「うぶなんだな」
 お蘭「でも、今時珍しい人よね」

 彼らも弥九郎の度外れた純真さに時に呆れつつも、彼の人柄には好感を抱いているのだ。

 一方、鷹の御前と呼ばれる幕府の大物、いわゆるフィクサーは、スリに大事なものが入った財布を奪われ、それがひょんなことから刀舟の手に渡ったことから、部下に刀舟抹殺を命じていた。しかも、鷹の御前は上総屋とも癒着しており、上総屋がわざわざ刀舟に治療を頼んだのも、何か魂胆があってのことらしかった。

 PDVD_000.jpg
 それはさておき、刀舟は約束どおり上総屋に足を運び、八重の目を診察する。

 で、この八重を演じているのが「ウルトラマンタロウ」第38話で美少女ぶりを発揮していた天野美保子さんなのである。時期的には、「タロウ」出演から約1年後である。

 その後、刀舟に同行していた弥九郎は、「私が間違っておりました。親がどうあれ、あの八重と言う娘に罪はありません」と、率直に自分の誤りを認めるのだった。

 刀舟「あの目に光をあててやりてえなぁ」
 弥九郎「先生の深い心も分からず、恥じ入っております」
 刀舟「ふふふ、すぐ感激するのがおめえの癖だ」

 刀舟は、成功するかどうかは分からないが、八重の目を手術すると父親に告げる。上総屋はポンと200両の金を当座の礼として渡し、さらにお重のようなお土産までプレゼントしてくれる。

 刀舟と弥九郎、貰った金をすぐに貧民街にばら撒いて歩くが、最後にとある貧家に立ち寄り、一旦そこを離れる。だが、鷹の御前の部下が仕掛けた爆雷で、家は刀舟の可愛がっていた子供ともども、刀舟の目の前で木っ端微塵に吹っ飛ばされてしまう。

 PDVD_001.jpg
 それを目の当たりにして、物凄い顔になる刀舟先生。

 弥九郎も刀舟以上に憤り、こっそり火薬を調合して、犯人に復讐しようとする(と言っても、その時点では相手が誰だか分からないと思うのだが……)。

 刀舟、もしそんなことをしたら破門だと言いつつ、弥九郎の書物や薬草で埋まった掘っ立て小屋の中を見回し、「俺よりよっぽど優秀な医者になりそうだな」と、嬉しそうにつぶやく。

 やがて、八重の目の手術が行われることになる。場所は棺桶寺で、父親も付き添う。

 PDVD_002.jpg
 八重「お父ちゃん、ずっとそばにいてくれる?」
 上総屋「ああ、いるとも」

 手術が始まって数時間が経った頃、覆面の暗殺者たちが寺に入り込み、一心不乱にメスをふるっている刀舟を取り囲む。

 PDVD_003.jpg
 刀舟「上総屋、まだ手術は終わっちゃいねえぜ」
 上総屋「八重の目が直らぬことは最初から分かっておりました」
 刀舟「ぶわぁかやろう、治らねえ者に手術なんかするもんけえ」
 上総屋「先生に手術を頼んだのも、この機会を作る為だ」
 刀舟「手術は続ける。斬るなり、突くなり、勝手にしろい」

 刀舟、白刃に囲まれながら、平然と手術続行を宣言する。

 剣客である前に、まず医者であると言う刀舟の強固な信念が描かれた印象的なシーンである。

 上総屋も、もしかして成功するかも……と、鷹の御前の命令に背いて、手術が終わるまで刺客たちを止めさせる。

 PDVD_004.jpg
 手術が無事終了すると、刀舟は刺客たちの不意を衝いて反撃に出て、素手で大暴れする。

 そしてお蘭から刀を投げ渡されるや、あっという間に刺客たちを皆殺しにする。

 その強さはほとんどギャグの域に達しており、上の画像のシーンでは、5秒で7人ほどの敵を斬り伏せている。

 刀舟は、上総屋もついでに斬りたいところだったが、八重に免じて許してやる。

 仕上げにその足で鷹の御前の屋敷へ乗り込み、鷹の御前をぶったぎる。鷹の御前は、江戸のあらゆる物品の値段を操作して、莫大な利益を上げ、さらには自分の意に逆らう商人や役人を暗殺していたのだ。

 なお、まだ序盤なので、「てめえら人間じゃねえ、たたっきってやる!」と言うお決まりの台詞はない。

 ちなみに天野さん、よほどスタッフか、錦之介に気に入られたのか、この後、2回もゲストとして、それも重要な役で出演している。大人の俳優ならともかく、子役でひとつの作品に三回もゲスト出演と言うのは、珍しいのではないだろうか。

 第17話「他人の顔」(1975年1月21日)

 顔の皮を剥がれた若い娘の惨殺死体が発見される。それは、とある大名のお姫様の顔の火傷の跡を治す為、江戸時代だと言うのに皮膚の移植手術を試みる狂気の医者の仕業であり、しかもその医者は刀舟の昔の知り合いだった……と言うストーリー。

 さて、弥九郎から死体の話を聞いた刀舟、メスで切られたような傷だったと知って捨て置けず、珍しく番所に出掛けて、死体をその目で確かめる。

 で、そこへやってきたのが、

 PDVD_002.jpg
 美濃屋と言う呉服屋の娘・おみつで、それを演じているのが「バトルフィーバーJ」の二代目ミス・アメリカ汀マリアこと、萩奈穂美さんなのである(クレジットは萩原)。

 彼女は一昨日から姉のお京が行方不明になっているので、もしやと思って死体を改めに来たのだ。

 果たして、その死体は、おみつの姉・お京に間違いなかった。

 PDVD_003.jpg
 それにしてもまだあどけない顔立ちで、実に可愛い。

 着物姿なので、そのでかいお尻が拝めないのが残念であるが……。

 おみつは、そうとは知らずに姉を拉致した武士に話し掛け、竹やぶの中でばっさり斬られてしまう。だが、ちょうど彼らの後をつけていたお蘭によって瑞光院に運び込まれ、刀舟の治療を受ける。

 PDVD_004.jpg
 手術中のおみつ。

 手術は無事成功しておみつは助かるが、手術の後、お蘭の応急処置が良かったのだと珍しく刀舟がお蘭を褒める。

 PDVD_005.jpg
 おみつ「あの侍が姉さんを……」
 お蘭「あいつらがやったのかい?」
 おみつ「(首を横に振る)でも、あの侍は姉さんと随分親しく……」

 意識を取り戻したおみつに、お蘭があれこれと問い掛け、おみつは母親の手を握りながら答える。

 文字では分からないが、萩さん、かなりのハスキーボイスなのである。

 お蘭が寺に行くと、その前で刀舟が野良犬の傷の手当てをしてやっているところだった。

 PDVD_006.jpg
 お蘭「物好きですね、先生も……野良犬なんかほっときゃいいのに」
 刀舟「俺ぁ長崎にいた時分なぁ、犬や猫を実験の為に随分殺したんだ、その罪滅ぼしってやつだ」
 お蘭「優しいんですね、先生は」

 動物にはすこぶる優しい刀舟であったが、そこへ突然斬りかかってきた某藩の刺客たちを容赦なく切り殺して地獄に叩き込んであげるのでした。

 色々あって、お京の皮膚を使った手術も成功せず、最後はとうとう、レギュラーであるお竜が彼らに捕まり、顔にメスを入れられそうになるが、寸前で、その医者(伊藤雄之助)は、旧友の刀舟に言われた言葉で良心に目覚め、手術を拒否するのだった。

 医者は大名の家臣によって無残に殺されるが、そこへ乗り込んできたのが、

 PDVD_007.jpg
 鬼より怖い刀舟先生だったのです!

 刀舟は、旧友の死を看取ると、サクサクッと群がる家臣を切り伏せてから、大名本人とご対面。

 刀舟「やい! てめえも人の親なら、可愛い我が子が顔の皮を剥がされて殺された親の気持ちがわからねえとは言わせねえぞ」
 大名「黙れ! うちの娘は松平家に嫁ぐ大事な体なのだ。町娘の一人や二人……」
 刀舟「べらぼうめ、チクショウ! 人の命をなんだと思ってやんだい? 命の尊さは将軍であろうと岡場所の女であろうと変わりはねえんだ! てめえなんか人間じゃねえ、たたっきってやるぁーっ!!」

 相手がどんな偉い人でも、物怖じしないのが刀舟先生の良いと・こ・ろ手書きハート

 なお、これが最初ではないが、既に「てめえら~たたきってやる」と言う決め台詞が定着している。

 PDVD_008.jpg
 刀舟、家臣たちを皆殺しにすると、大名さえも遠慮会釈なく斬り殺してしまうのでした。

 それにしても、この顔、怖過ぎ……。

 続きはまた今度!







最終更新日  2018.01.20 21:04:04
コメント(2) | コメントを書く

PR

フリーページ

サイド自由欄

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

コメント新着

ウルトラマリオ@ Re:「超電子バイオマン」 第14話「新頭脳ブレイン!」(01/17) New! しかしドクターマンの部下達だって感情豊…
影の王子@ Re:「破れ傘刀舟悪人狩り」 美女&傑作選 その1(01/20) New! 更新お疲れ様です。 蘭方医学ということは…
ふて猫@ Re:「破れ傘刀舟悪人狩り」 美女&傑作選 その1(01/20) New! 萩さんは魅力的ですね😅時代劇のコスもお似…
zura1980@ Re[1]:「花のあすか組!」第3話(03/15) New! クッカリス様 コメント&リンクありがと…
zura1980@ Re[1]:実写版「新ハレンチ学園」その2 (2012年8月27日更新)(09/21) New! クッカリス様 なんでもかんでも見ておら…
zura1980@ Re[1]:管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その5(01/30) New! ふて猫様 ダダは良いですよね。「ウルト…
クッカリス@ Re:「花のあすか組!」第3話(03/15) New! 女子高生と言えば麻雀作品でスクウェア・…

お気に入りブログ

猫を探して人を得る… New! hoshiochiさん

同じ日本人(20日… New! 佐原さん

セインツロウ2 ル… New! 平打電さん

写真関係 せつぶんまめさん

フランス人の視点か… kaitenetさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.