000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

美女・特撮・時代劇・反逆

2012.09.12
XML

 第7話「危ない少年仕掛人!」(1986年11月24日放送)です。6話までは大映ドラマでお馴染み江崎実生監督でしたが、7話からは帶盛迪彦監督が担当。そのせいか、前回までの殺伐とした感じが薄くなっている。

 冒頭、街中でパンを盗んで逃げている子供がひとり。通りがかったミホ(中山美穂)は子供を抱き止めるが、

 PDVD_006.jpg
 お子様「なんだよ、オバン!」

 PDVD_007.jpg
 と、一番気にしていることを言われて、青褪めるミホ。

 sera0007a0008.jpg
 子供を追って来たわかりやすいパン屋を演じるのは、上田耕一さん。最初は鬼の形相だったが、

 PDVD_010.jpg
 黒鳥学園理事長の一人娘と言うことで、金で何でも解決するのが癖になっているミホに万札を渡され、

 sera0007a0011.jpg
 たちまちエビス顔に変わる。

 お前には人としてのプライドかないんか?

 なりゆきから、子供を保護したミホだが、子供は住所も親の名前も言おうとせず、ミホはほとほと困ってしまい、

 PDVD_027.jpg
 結局、ユミ(仙道敦子)のところへ押し付けることにする。

 お前には責任感と言うものがないんか?

 PDVD_031.jpg
 戸惑いつつ、可愛くない子供に挨拶されて、「こんにちはっ」と返すユミがとても可愛いのである。

 ミホは事情を話し、子供をしばらく預かってくれと頼む。人の良いユミは快諾する。ユミは、話のついでにミホにも「セーラー服反逆同盟」に入って一緒に戦ってくれと懇願する。

 PDVD_046.jpg
 ミホは、他のドラマの撮影があるから無理ッスとも言えず、父親である理事長への複雑な思いを大根芝居で吐露した上で、結局断る。

 このシーンの、中山美穂の演技は一見の価値あり。
 
 翌日、ユミは子供を学校に連れて行き、彼らのアジトにいさせ、一方で雄太(南渕一輝)に子供の身許調べを命じる。

 PDVD_066.jpg
 美術の授業で、自らモデルになる九条(竹中直人)。

 九条が今回は妙に生徒に理解のある、楽しい先生になってるのが、違和感バリバリ。第3話では森口君を冷酷に拷問にかけていて、しかもその森口君は、今そのクラスにいるんだけどね。

 いつの間にか、あの子供が教室に入り込んでいた。

 PDVD_091.jpg
 それに気付いて小声で子供を叱ユミが可愛いのである。

 PDVD_106.jpg
 子供がトイレに行きたいと言うので、ユミは子供を自分のスカートの中に隠し、ルリ(山本理沙)やケイと共に廊下へ出るのだった。

 昼食時間、それでも子供のことが気になるミホは、手作りの弁当を子供に食べさせてやっていたが、そこへ同じく子供に食べ物を持ってきたユリ、ケイ、ユミと鉢合わせする。

 PDVD_117.jpg
 ミホを理事長の娘として毛嫌いしているルリとケイは、例によって敵意を剥き出しにする。

 PDVD_118.jpg
 ほんとは彼らの仲間に入って一緒に戦いたいのに……と、さすがに寂しそうな顔になる。

 ユミが「ミホさんは……」ととりなそうとするが、その前にミホは自ら部屋を出て行く。

 一方、雄太は、あっさりと子供の親を見付け出し、神社で落ち合う約束をする。しかし、出迎えた父親の顔を見ると、子供は何故か逃げ出してしまう。

 ユミたちが彼女のマンションに戻ってくると子供はちゃっかり帰っていた。子供がどうやって2階のユミの部屋に入れたのかは、謎である。泥だらけになった子供に、

 PDVD_158.jpg
 「一緒にお風呂はいろっか?」と言うユミの、上目遣いがとても可愛いのだった。

 その言葉に、一緒にいた雄太が「ダメだよ、一緒に風呂に入るなんて……」と抗議の声を上げる。

 PDVD_165.jpg
 そんな雄太に「バーカ、何考えてんだよ!」とからかうルリが可愛いのであった。

 PDVD_174.jpg
 一方、父親は、面白い眉毛のヤクザ(益富信孝)と会っていた。

 実は父親は、ヤクザと組んで病院から麻薬(モルヒネ?)を盗み、それで一儲けしようとしたのだが、子供にそれを持ち逃げされてしまったのだ。子供は別にそれを売ろうとしているのではなく、幼いながらも父親の悪事をやめさせたかったのだ。

 その後、雄太がひとりで子供の面倒を見ていたが、ヤクザに侵入されて子供を攫われてしまう。

 だが、肝心の麻薬は、子供が学校に隠していた。ユミたちはそれを探し出し、さらにミホのもたらした情報で、ヤクザの素性も判明する。
 ユミは、麻薬と子供の身柄を交換しようとヤクザに持ちかける。

 ただ、ヤクザのところには子供の父親もいるわけで、他人のユミたちがその子供と麻薬を交換すると言うのはなんとなく変である。

 とにかく、ヤクザたちもその取引に応じる。

 PDVD_203.jpg
 夜、待ち合わせ場所にやってきた三人。彼女たちが、バトルシーンに普通のセーラー服姿で現れるのは珍しいケース。

 子供と麻薬を無事に取引するが、ここでも、父親が子供をユミたちに押し付けて、麻薬を受け取るという、なんか妙だなぁと言うシーンが出てくる。

 この場合、その前に父親が改心し、ヤクザから「子供は預かった。麻薬と引き換えだ」と言われ、ユミたちと一緒にここにやってこないと、シナリオとして成立しないと思うのだが。

 ま、とにかく、一旦は取引が成立したものの、ヤクザは帰ろうとするユミたちを部下に襲わせる。

 その部下の背中に書いてある、

 PDVD_211.jpg
 「極死」ってなんだ?

 さあ?

 PDVD_289.JPG
 無論、ユミたちは白いセーラー服のバトルスタイルになって戦いを挑む。

 激闘の末、ヤクザたちは三人に倒されるが、親父はこの期に及んで麻薬を持って逃げようとする。

 PDVD_281.JPG
 当然捕まり、ボコボコにされる。が、子供が駆け寄って父親を守ろうとすると言う、ありがちな展開になる。

 PDVD_289.JPG
 父親はこれ幸いとばかり、子供に抱き付いて大袈裟に泣き、ユミたちにそれ以上殴られるのを免れるのだった。

 この7話は、個人的には「反逆同盟」の中でももっともつまらないエピソードのひとつなので、今回は特に簡単に済ませました。

 (2016年8月20日・加筆訂正)






最終更新日  2016.08.20 20:30:06
コメント(4) | コメントを書く

PR

フリーページ

サイド自由欄

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

コメント新着

ふて猫@ Re:「ウルトラセブン」傑作選 第46話「ダン対セブンの決闘」 前編(07/17) New! 中途半端なアンヌの水着にがっかりですね😖…
ふて猫@ Re:仮面ライダーXを楽しむ その2(2012年6月1日更新)(09/20) New! どうもGOD機関も悪い意味でショッカーやデ…
ふて猫@ Re:「仮面ライダー」 第51話「石怪人ユニコルノス対ダブルライダーキック」(09/17) New! どうも大下博士の発明も物騒(騒動)なもの…
zura1980@ Re[1]:「イナズマン」 第9話「光るカビは夜歩く!!」(09/22) New! くりやまいちろう様 >サトコ役の桜井マ…
zura1980@ Re[1]:「イナズマン」 第9話「光るカビは夜歩く!!」(09/22) New! 影の王子様 >ご指摘のとおり、「仮面ライ…
zura1980@ Re[1]:「イナズマン」 第9話「光るカビは夜歩く!!」(09/22) New! ふて猫様 >確かに仮面ライダーに比べると…

お気に入りブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.