070053 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちんブログ

8耐観戦記

今年も待ちに待った8耐がやってきた。
去年は都合により、観戦できませんでしたが、今年は行ってきました。
しかし、今年も従兄弟の結婚式があり、日曜日の決勝のみの参加になりました。
土曜日は、京都で結婚式に夕方まで参加しました。
この結婚式は、アットホームな感じで、少人数ながら良い結婚式でした。
夕方に終了し、京都土産なんか買いながら、近鉄の路線の確認なんかしてました。
一番早いルートでも、約2時間、近そうに見えて案外鈴鹿まで時間がかかりました。
京都で夕食を食べて、8時に近鉄京都駅を出発、乗り継ぎを2回ほどし
22時に近鉄白子駅に到着しました。
そこからタクシーで20分ほどでサーキットに到着です。
もう夜も遅かったため、メインゲートは真っ暗で、不安ありありでした。
でも、駐車場周りを散歩していると、出店もあるし、映画とかもしてました。
多少、空腹感を覚えていたため、ビールと焼きソバを食べながら、映画見てました。
ただ、不安なのは宿泊場所を確保していないことでしたが、サーキット施設内のボーリング場や
温泉施設内が簡易休憩所になっていたため、そこに宿泊決定しました。
宿泊場所が取れないから行けないと思っている方、寝るところはどうにかなりますよ。

日曜日は、メインゲートが6時30分に開くため、6時に起床。
準備をして外に出ると、もうすでにかなりのお客さんが並んでいました。
でも、前来たときは、そんなでもなかったと思うので、今年は観客数が増えたのかな?
6時半のゲートオープンと共に、場所取りの人は飛ぶように走っていました。
僕はメインスタンドの指定席の確認をし、レース前のピットウォークに参加するため、
ピットウォーク券を買い、並んでいました。
ピットウォークが7時30ぷん~8時30分まであり、レース直前のバイクやRQの写真を取り巻くってきました。
ただ、残念なのが、レース直前のため、あまりライダーが出てきてなかったことです。
しか~し、セブンスターホンダのピット前にいると、玉田選手が来たのです。
ラッキーなことに、目の前に登場してくれたので、声をかけて握手をしてもらいました。
手には、包帯をし、ひざにもサポーターをしていて、満身創痍な感じがしました。
実物は思った以上に小さく、足とかかなり細かったです。女性の足みたいに綺麗でした。
そして、RQの方々、相変わらず綺麗ですね~。
そして、ピットウォーク終了間際に、ヨシムラのピット前でチーム写真の撮影ができ、ラッキーです。
ファンサービスといったことでは、ヨシムラが1番だったと思います。
フリー走行まで時間があったので、早速念願の赤福氷を食べに行きました。
この時間でも猛烈な暑さだったため、冷たくて美味しかった~。また来年も食べに来よ。
この日、東海地方も梅雨明けをし、暑い熱いレースが予想されます。
フリー走行では、やはりホンダ、ヤマハが調子が良いのか、それともヨシムラは本当にフリー走行なのか。
フリー走行も終わり、スタートまでにかなりの時間があったため、イベント会場をブラブラ。
そうしていると、見た事あるような顔が…。高知のライダー軍団が。来るという噂はあったものの
ここで会えるとは…。昨晩はやり倒したらしく、二日酔いありありで来てました。
スタートの時間が近づくと、スタンドも人で一杯になり、盛り上がってまいりました。
アナウンサーの声と共にカウントダウンをし、見事なスタートを見れました。
しかし、波乱の予感が。
1周目から、有力チームが転倒、マシントラブル等。
どこのチームがどうなったかは、特集号をお楽しみに。それともネットで確認したかな?
ただ、1時間もするとさすがにストレート見るだけじゃ飽きてきて、早速ビール。
そして汗。そしてまたビール。そして汗。これの繰り返し。
場所も転々としながら、ビール&ジュースが消えていきました。
やはり、場所はシケインとヘアピンかな~?一番良く動きも見えて、転倒とかも多いし。
ホンダセブンスターの清成選手もシケインでスリップダウンしてましたな~。
すぐに走り出したけど。
それにしても8耐って色々な楽しめ方があり、みんなそれぞれが色んな方法で楽しんでます。
スタートと同時に寝て、ゴールと共に起きる。
イベントをずっと見てる。
RQの写真ばっかり撮っている。
場所を転々とし、見ている。
お土産ばっかり買っている。
飲み食いのみしている。等々。
僕はどれかな~?RQかな~?
8時間後のゴールの時間はレースの感動と、終わった寂しさ、そして来年への活力がこみ上げてきます。
そして表彰式のあとの花火は、また来年も来よう!って気にさせます。
時間がある方は、ぜひ行ってください。
あの現場での臨場感を味わってください。
仕事がある方、ご家庭がある方も、どうにかどうにか都合をつけて来て下さい。
ご家族は遊園地&プールで楽しめます。
もしどうしても行けなくても、心のどこかに8耐のことを考えてください。
それが8耐なんです。

帰りは23時名古屋発の夜行バスで帰ってきました。
このバスも慣れたもんです。
翌日の朝には帰宅できました。

また来年の8耐に行くために1年間、がんばっていこう!



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.