176472 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

左らく天

山中温泉文学散歩

■ 山中温泉文学散歩

 山中温泉ゆかりの文豪と言えば、やはり松尾芭蕉でしょう。山中温泉で異例の長逗留をした俳諧の鉄人。その系譜は脈々と現代に受け継がれています。山中温泉を舞台にした文学作品は数知れず、また地元からも多くの文学者を輩出しています。このコーナーでは価格比較というより、山中温泉にゆかりのある数々の名作を紹介することにしましょう。

松尾芭蕉 「奥の細道」

 以前「えんぴつでなぞる奥の細道」が大ブレイクしました。現代はちょっとした俳諧ブームです。自動車やバス、あるいは飛行機といった交通機関が当たり前の現代に、むしろ俳諧行脚のようなスローライフに現代人はあこがれているのかもしれません。

 俳諧の巨星であるとともに、旅の達人・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅程の中で、山中温泉に異例の長期滞在をしたことで有名です。この史実から、後世の歴史家にいろいろな憶測を呼ぶ結果となりました。山中温泉ゆかりの文豪といえば、まずこの芭蕉が思い浮かぶくらいです。著作もずいぶん多くあります。

山中温泉と「奥の細道」にスポットをあてたもの
芭蕉と曾良


吉本加代子さんの著作集

Geisha Girls  いろいろな過去を背負って山中温泉にたどり着いた人々。怒り、悲しみ、恐怖、絶望感 ・・ 表面上の華やかさとは逆に、この町にはドロドロした情念が交錯しています。複雑な山中温泉絵巻の絵師として深く関わるのが、旅館の女将さんかもしれません。

 「おあねさん」はある老舗旅館の若女将、吉本加代子さんによる作品で、身の周りの人間模様を綴ったヒューマン・エッセイです。一読、筆者が優れた文学的素養の持主、ということが伺えます。卓抜な文才がありながら、嫌味な表現も、予定調和的なオチもありません。筆者自身をとりまく群像を、冷静な観察力と深い愛情とともに、筆を抑えた表現で描いています。旅のガイドブック以上に山中温泉を楽しめる作品。是非ご一読をお勧めします。


辻政信 関連書籍

山中で最も有名な男・辻政信  先日吉田茂元首相の暗殺計画が報じられていました。クーデターを企てたのは元参謀本部士官ら、旧日本軍幹部です。しかし、実行グループのリーダーを陸軍参謀の僚友、辻政信が説得し、未遂に終わったというのです。この辻政信たる人物、山中出身者ではセレブ中のセレブです。しかし、太平洋戦争に深く関わったこともあり、地元でもタブー扱いです。その後、政治家への道を踏み出した辻政信は、インドシナで忽然と姿を消しました。天才戦略家なのか、日本を破滅に追いやった狂気の人物なのか ・・ 後世の歴史家にとっても関心は高く、先般も津本陽氏の著作に盗作疑惑が起こるなど、今でもしばしば話題にのぼります。ただ、自著『潜行三千里』が見当たらないのが残念・・

●辻政信 / 旧・石川県江沼郡東谷奥村字今立出身、ノモンハン・マレー・ガダルカナルの作戦参謀。詳しくは『山中町史に残るビッグネーム・辻政信』

  1. 作戦参謀辻政信新装版
  2. 辻政信と七人の僧 (結構お勧め)
  3. 津本陽 著 / 八月の砲声 (盗作疑惑が起こったいわくつきの作品・2007/2月28日現在在庫なし)
  4. 牛島康允 著 / ノモンハン全戦史 (津本氏に無断引用された、と指摘されている作品)



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.