185766 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

左らく天

山中温泉が舞台の作品

■ 山中温泉が舞台の作品

■ こおろぎ橋

 山中温泉を舞台にしたテレビドラマでといえば、まず「こおろぎ橋」が思いつくでしょう。本編は1978年放映されたポーラテレビ小説の第21作目で、樋口可南子さんのデビュー作でもあります。当時の山中温泉は観光協会のポスターからチラシまで樋口可南子さん一色。すっかり山中温泉のイメージキャラになってました。ロケには私も野次馬で参加しましたが、実物の樋口さんは上品かつ清楚。それでいて優雅な色香があり、うっとりするぐらいでした。

 それだけに、ヘアヌード写真集が発売された時は山中温泉中に激震が走ったものです。当時、どこの喫茶店にいっても「ウォーター・フルーツ」(画像) がおいてありました。もしその当時、山中町民に「なりたい職業」のアンケートをとったら、ダントツで篠山紀信のアシスタントだったでしょう。

 その後コピーライターの糸井重里氏と「おいしい生活」を経て結婚したのは周知のとおりです。今から思えば、あのポスターやチラシのコピーはすべてご主人の手になるものだったんでしょうね。

※樋口可南子 出演作品

    wf2.jpg
  1. NHK大河ドラマ総集編 太平記
  2. NHK時代劇  風神の門
  3. 谷崎潤一郎原作  卍 まんじ
  4. 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾
  5. NHK ディロン 運命の犬
  6. 村上龍原作 昭和歌謡大全集
  7. 陽炎
  8. 阿弥陀堂だより

(残念ながら「こおろぎ橋」は発売されていないか、絶版のようだ)

■ はるちゃん

nakahara1[1].jpg 「こおろぎ橋」に続き、1996年からは東海テレビ制作の「はるちゃん」が放映されました。このシリーズの1~3までは山中温泉が舞台で、仲居さんの「はるちゃん」をめぐる群像のヒューマンコメディです。アルバイト店でスカウトされた樋口可南子さんとは対照的に、ヒロインの中原果南(なかはら かなん)さんは仲代達矢さんが主催する無名塾の出身。実際お会いした中原さんは、どことなく憂いのある樋口さんに対し、活発なお嬢さん、といった印象を受けました。

 物語の舞台となったのが「翠明」という老舗旅館です。今でも「はるちゃんの宿」と親しまれています。「はるちゃん」演ずる中原さんはその後同じ無名塾の役者さんと結婚され、子どもお生まれになったよし。どうぞお幸せに。そして、機会がありましたら今度は是非ご家族で山中温泉にお越しを。。

※画像は無名塾のHPより。。

  1. はるちゃんの宿「翠明 桂御園」
  2. 青柳裕介 作画 「はるちゃん」 (コミックはこれだけ)
  3. 「はるちゃん 1」 のテーマ曲・ジョー・リノイエ 「それだけしか言えない」
  4. 「はるちゃん 2」 のテーマ曲・来生たかお 「どこまでも恋心」
  5. 「はるちゃん 3」 のテーマ曲・南佳孝 「壊れたラブ・ストーリー」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.