176675 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

左らく天

PR

Profile


binbokuji

Freepage List

Category

Comments

happykeiandkei@ お元気ですか~?(^_-)-☆ おはようございます♪ 最近、めっきり秋ら…
binbokuji@ Re[1]:スパムメールの嵐、再び(08/30) lameteoさん そうなんです。 今でもバ…
lameteo@ Re:スパムメールの嵐、再び(08/30) いやぁ、凄いわぁ! 貧乏くじさん、この…
binbokuji@ Re[1]:スパムメールの嵐、再び(08/30) hmasa884さん サイトでメアドを公開し…
hmasa884@ Re:スパムメールの嵐、再び(08/30) こんにちは~。 すごいですね~。 迷惑…

Recent Posts

Archives

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2010年03月06日
XML
カテゴリ:グルメ
 (※註 以下の内容にはグロ、あるいは猟奇的等やや不快と感じるかもしれない表現あり)

 私の行きつけのS寿司店では時々珍しい食材を提供してくれます。中でもイノシシの睾丸、すなわち、○ンタマは最上の珍味はです。牛の方は mountain oyster (山牡蠣)として比較的有名ですが、家畜でないイノシシはノーマークでした。

 古来、市場に回ることはなく猟師の間だけでひそかに伝えられ、この部位のみは「造り」つまりナマで食す、と聞きました。実際食べてみると、驚くほど美味です。牛の方は魚の白子に似ている、と聞きますが、これは全く違った食材。甘味と歯ごたえがあります。

 昔から媚薬・強壮剤としての薬効は抜群、と言い伝えられてきたそうです。ただ、女性の方が召し上がる際、極めて稀に本物志向という副作用があるとのこと。「え、それって、無性にアレがしたくなること? それじゃ副作用ではないのでは」と聞いたところ、本物志向とは、無性に人間の(もちろん男性)○ンタマが食べたくなる、というのです。知人の医師であるI氏も、かの有名な阿部定事件は、強壮目的で食べたイノシシの○ンタマが原因ではないか、とチン説を述べています。しかし、そのメカニズム自体は不明です。ただ、それを知りながら、いつ局部をぶった切られるか、そのスリリングな感覚がたまらない、と一緒にイノキンを食べることが、マニアの男女間では静かなブームとか・・

牛の睾丸に関する健康食品






Last updated  2010年03月07日 14時36分10秒
コメント(6) | コメントを書く
[グルメ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.