181853 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

左らく天

PR

Profile


binbokuji

Freepage List

Category

Comments

happykeiandkei@ お元気ですか~?(^_-)-☆ おはようございます♪ 最近、めっきり秋ら…
binbokuji@ Re[1]:スパムメールの嵐、再び(08/30) lameteoさん そうなんです。 今でもバ…
lameteo@ Re:スパムメールの嵐、再び(08/30) いやぁ、凄いわぁ! 貧乏くじさん、この…
binbokuji@ Re[1]:スパムメールの嵐、再び(08/30) hmasa884さん サイトでメアドを公開し…
hmasa884@ Re:スパムメールの嵐、再び(08/30) こんにちは~。 すごいですね~。 迷惑…

Recent Posts

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

グルメ

2010年03月17日
XML
カテゴリ:グルメ
 左らくのマスター曰く「これまではスシのネタでした。今は日本叩きのネタになってますね」

 回転寿司ブームで、これまで以上に消費されるクロマグロ。そこには利権や思惑がつきまといます。域内取引が除外され、実質ダメージのないEU諸国。採決次第では取引価格が高騰か、と濡れ手で粟の皮算用を弾くボストン沖=アメリカの水産業者と投機筋。商品を動かすことで、莫大な富を手に入れてるのが今の中国。種の保存だの環境保護だの、世界のダイナミズムはそんな感傷で動く程甘くはありません。であれば、捕鯨反対!と叫んでいるオーストラリアがモナコ案に反対するはずがないでしょう。トヨタ問題もそうですが、今の日本政府がコケにされている感じです。まさか、松岡洋右全権が国際連盟を脱退したような事態にはならないでしょうが、ワシントン条約締約国会議の今後に注目です。

※画像は近海産のメジマグロです。クロマグロではありません。






Last updated  2010年03月18日 02時42分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年03月06日
カテゴリ:グルメ
 (※註 以下の内容にはグロ、あるいは猟奇的等やや不快と感じるかもしれない表現あり)

 私の行きつけのS寿司店では時々珍しい食材を提供してくれます。中でもイノシシの睾丸、すなわち、○ンタマは最上の珍味はです。牛の方は mountain oyster (山牡蠣)として比較的有名ですが、家畜でないイノシシはノーマークでした。

 古来、市場に回ることはなく猟師の間だけでひそかに伝えられ、この部位のみは「造り」つまりナマで食す、と聞きました。実際食べてみると、驚くほど美味です。牛の方は魚の白子に似ている、と聞きますが、これは全く違った食材。甘味と歯ごたえがあります。

 昔から媚薬・強壮剤としての薬効は抜群、と言い伝えられてきたそうです。ただ、女性の方が召し上がる際、極めて稀に本物志向という副作用があるとのこと。「え、それって、無性にアレがしたくなること? それじゃ副作用ではないのでは」と聞いたところ、本物志向とは、無性に人間の(もちろん男性)○ンタマが食べたくなる、というのです。知人の医師であるI氏も、かの有名な阿部定事件は、強壮目的で食べたイノシシの○ンタマが原因ではないか、とチン説を述べています。しかし、そのメカニズム自体は不明です。ただ、それを知りながら、いつ局部をぶった切られるか、そのスリリングな感覚がたまらない、と一緒にイノキンを食べることが、マニアの男女間では静かなブームとか・・

牛の睾丸に関する健康食品






Last updated  2010年03月07日 14時36分10秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年03月04日
カテゴリ:グルメ
4月1日(水)12時34分 Reuterz

 リーマンショック以来どん底の不況下にあえぐ山中温泉でも、奇跡の成長を続けるビンボ・ホールディングス(代表・瓶棒工事氏)が今度は「マイ・スイーツ・ロード」ブランドでアイスクリーム事業に乗り出し、注目を集めています。

 商品はすでに8種類9品目が試作の段階を終え、生産ラインへに乗っている様です。瓶棒社長によりますと、「地元の天然食材が中心だが、ベースに山中温泉の湯そのものが使用されているのが特徴。それを、山中漆器に盛って提供する。温泉と漆器という両座標軸から、アイスでありながら、暖かいイメージが拡がっているのが分かるだろう。コンセプトはずばり『漆器と温泉の融合』だ」 さらに、瓶棒氏は「温泉アイス、あるいは温泉アイスクリーム、温泉ジェラード、という商品は現在google の検索で現れない。すなわち正真正銘、わが社のオリジナルだ。すでに民間検査機関に『商漂登録』してあり、今後同名の商品が市場に出回れば、すべて偽物と考えて欲しい」と早くもコピー商品の出現を牽制。

 今回のプロジェクトに対し、迎え撃つ立場のハーゲソダッツ・ジャパンとサーティーン・ワンは「我々の商品とは基本的に性格が異なり、従来の市場を脅かすものではない」と冷静を装っていますが、同社に対し水面下で開発の断念を要求している、との噂もあり、アイスを巡るホットな戦いは、冬季五輪以上に目が離せません。

 ※左・芭蕉一行枡に盛った「おはぎジェラード」 My Sweets Road というブランドにはアビーロードに模し、食べ歩く4人の姿とともに、George Harrison の "My sweet lord" を巧みにかけあわせている。/ 右・ 伝統の木製漆器で戴く「インパクト酒粕アイス」 特に芭蕉一行枡等に関しては3月8日午前11時30分~放映予定のNHK プロジェクトX かがのとしゅんしゅん便で。






Last updated  2010年03月05日 03時06分01秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年04月22日
カテゴリ:グルメ
 新芽が芽吹く季節。ふきんの山里は山菜捕りピークです。最近健康食材としても注目を集めているのが、この独活(うど)です。これは山菜農家の方から買ったもの。葉や新芽は天ぷら(右)、青茎は味噌漬け(中央)、剥いた皮も細くきざんでキンピラにします。捨てるところはありません。もちろん根っこの部分は茹でて酢味噌でも、また筍と一緒に木の芽和えに混ぜてもOKという、万能食材です。






Last updated  2009年04月22日 22時33分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年12月14日
カテゴリ:グルメ
 ここ最近、山中でもイノシシが出没です。農作物は荒らし放題で被害甚大ですが、ここはハンターが駆除してくれます。そのイノシシ肉を分けてもらい、ありがたく頂きました。イノシシ鍋は「ぼたん鍋」と言います。天然の肉だけに野性味があります。味付けはちゃんこ味噌風味で、水は天然の湧水を使用。ホントに旨いです。






Last updated  2008年12月15日 01時50分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年11月10日
カテゴリ:グルメ
 鴨が飛来する今頃は狩猟のシーズンにもなります。加賀地方では「坂網猟」という伝統的な手法が藩政時代より伝わってきました。猟師の資格を得るには厳しい難問をパスしなければなりません。その猟師から貴重な鴨を戴きましたので、さっそく鴨鍋にしました。現在市場に出回っているのはほとんどが養殖の合鴨ですが、天然の鴨はやはり独特の味わいがあります。さすがに、坂網猟による鴨は楽天市場にも出回っていないようです。






Last updated  2008年11月11日 02時38分53秒
コメント(3) | コメントを書く
2008年11月07日
カテゴリ:グルメ
 晩秋の風物詩、カニ漁の解禁で、市場でお目見えしました。このオスであるズワイはとても手が出ません。メスのコウバコも結構値が張ります。越前ガニに対抗してか、こちらでは「加能ガニ」という名称普及キャンペーンが展開されています。が、今ひとつ浸透・定着するまでに至ってないようです。

 ところで、いつのまにか30000です。どうやら今回も「逆¥○貞キラーセレブ」と言う愛称の、自動巡回ロボットさんでした。でも名乗っていただければ、このカニとは言いませんが(ロボットは食べれないでしょうから)何か粗品を進呈したく存じます。それにしても、このところ自動巡回さんが増えているような。で、「キリバン」は死後ですかね・・

加能ガニの検索結果です。わずかこれだけ。






Last updated  2008年11月08日 10時06分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年10月28日
カテゴリ:グルメ
 28日、食品衛生研修会が市内で開催されました。食材が揃う秋から冬は、ノロウイルスがアウトブレイクする季節でもあります。研修会の内容も、ノロウイルス対策にかなりの比重を置いていました。そういえば、10月に入り、ここ加賀地方でも立続けに食中毒が発生。しかし、原因物質の特定には至っていないとのことです。(保健センター関係者談) 研修用のビデオにはものものしい画面が登場します。最近は、過去にはなかった食の安全問題が浮上しています。このノロウイルスも昔は聞いたことがありません。なぜこんなものが猛威を振るうようになったのでしょう?






Last updated  2008年10月28日 23時41分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年10月24日
カテゴリ:グルメ
 多種多様な品種がある里芋の中でも、この赤ズイキの根芋(ガシラ芋)最高の食材です。料亭で使われる海老芋よりもはるかに美味ですが、北陸の山奥で限定的に栽培されるため、この品種に限っては市場に出回っていないようです。あることで、山奥の農家の方から頂きました。ありがとうございます。

 で別に決してH系をめざして検索をしている訳ではありませんが、「ズイキ」というと、もしやと思ってしまいます。案の定エロ系がヒットしました。あっちの方では肥後ズイキが有名ですが、いろいろ歴史があるようでした。ちなみに、「ズイキの涙」という語源はここからとか・・

本来はこういう食材
サトイモの絵本
加賀野菜ケーキなど、スイーツの食材ならまだ許せるだろう。

↓ここからは申し訳ないがR18ということで・・

ガラナ・随喜(ズイキ)配合潤滑ゼリー スムールイン
(あの再春館製薬)
スルームイン(ガラナ入り潤滑ゼリー)(上と同じパターン)
女教師美畜の檻
秘薬秘具事典
幸福に酔いしれての記






Last updated  2008年10月25日 02時34分57秒
コメント(3) | コメントを書く
2008年09月28日
カテゴリ:グルメ
 先日の研修旅行で買求めました。1本330cc¥600。結構値は張ります。早速飲んでみました味も色もギネス風です。旨いかどうか、というと、これが微妙です。初めてギネスのスタウト黒を飲んだとき「うぇっ!なんだこりゃ」となりました。ところが、通に言わせると。この味が分からんようではビール党じゃないな、と言われた経験がありますので。

八丁味噌ラガービール
金しゃち 名古屋 赤味噌ラガー 330ml×12瓶
ギネス・スタウト・黒







Last updated  2008年09月28日 17時44分14秒
コメント(2) | コメントを書く

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.