000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

BINGO!男女産み分け奮闘記

BINGO!男女産み分け奮闘記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

☆ 豆柴 ☆

☆ 豆柴 ☆

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2009年10月10日
XML
カテゴリ:産み分けのこと
☆毎月、排卵日が近くなりましたら、基礎体温と排卵検査薬の結果などを公開していきます。☆
☆詳しい産み分け法は本館の「BINGO!男女産み分け奮闘記」をご覧ください♪☆

昨日、元幼稚園のママ友から、うれしいお話を聞きましたぺろり
まずは、そのママ友の家族構成をお話しましょう。

年齢:不詳(私よりも確実上)
子ども:長男(8歳) 次男(5歳) 長女(2ヶ月)

なんともうらやましい限りの子どもたちよ!
見事です。

生まれたてホヤホヤの姫を見せてもらいました。
めちゃめちゃかわいい!!

で、ひとつうれしいお話。

「産み分けをする際、最後に産んだ子どもとの間がうんとひらいていると
逆の性別の赤ちゃんが生まれやすい」

という俗説。みなさんご存知でした?
私は初耳!

彼女は5年近くあいていた。
で、待望の女の子。

妻も夫もお互い体質が変わるから。と言ってました。
なるほど~

女の子が欲しい場合、夫は肉食よりも菜食に。という一般論がある。

彼女の夫は、確かに年齢とともに肉が多く食べられなくなっているそうな。
結果論として、菜食に近かったのかもしれませんね。

ちなみに、産み分けは全く意識していなくて、たまたま妊娠→女の子 だったそうな。

そうかぁ~~~。
うちの場合は、下の子はもう7歳。7年もあいたよ!
主人は、「もっと食べたいのに、肉が入らなくなった。。。」と
ガッカリ肩を落としている。

条件はピッタリなんだけどなぁ

妊娠してるといいな。

そうそう、主人的には「ただ単にもう一人子どもが欲しい。」とのこと。
それが、たまたま女の子だったら、そりゃ~うれしいけど、
男だったとしても、それはそれでやっぱりうれしいと。

「お前みたいにこだわってたら、いつまでたっても妊娠しないぜ!」
だって。

うんうん、そうだよね。
私も今欲しい。
この機会を逃したら、きっと3人の子宝には恵まれない。と思う。

でも、とりあえず、今年いっぱいは産み分けを実践したい。
それで妊娠しないなら、排卵日にめがけてやってやる!
男の子でも全然いい♪
だって、やるべきことはやったもん。(ピンクゼリーと病院は断念したけどさ。金銭的に)






最終更新日  2009年10月10日 20時40分04秒
[産み分けのこと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.