000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

**ビスケットとミントティー**

2020.12.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


アーティゾン美術館「琳派と印象派」

コロナ感染者が増える一方ではあったが
一ヵ月前に予約していた展覧会鑑賞
大変見ごたえがあった

俵屋宗達・尾形光琳らに代表される琳派と
マネ・モネ・ルノワールら印象派の
作品を通して東西の都市文化の美意識を比較しようというコンセプトらしい

私としては俵屋宗達の絵を見逃さんとする思いで
一番の狙いは
《風神雷神図屏風》
これは後半の展示となるが前半も魅力的な作品が揃っていた

何年か前に
俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一、三人の風神雷神図屏風が
同時展示され鑑賞した機会があった

何といっても
俵屋宗達のものが好き

楽しい
そして哀しい

それからはテレビ番組などで特集される《宗達》を観てきたが
何とも魅力的な人物像が描かれていた

今回も心に残ったのは
俵屋宗達作《狗子図》
愛らしい子犬の姿
何より早春の土の匂いを嗅ぐ仕草が可愛らしくこちらに寄って来るよう
傍のわらびも薄い墨絵で味わい深い
そして
ひとりぼっち

難しい解釈は専門家にお任せして
私は直感で鑑賞したい

余白で間を取り焦点を絞り美しさを際立たせる日本画
俳句にも通じるかな






最終更新日  2020.12.11 11:57:52
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.