380235 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モラルに体当たり記

酷い真実が色気を作る

色気というのはどのように作られるのだろう。

赤ん坊は色気なんかないのに、どうして年を重ねると、色気がある人間とそうでない人間とにわかれてくるのか。そして、どうして綺麗な色気と毒のある色気があるのだろうと、ずっと不思議だった。

それが昨日、ある人の話の中で、答えにぶつかったような気がした。
彼女は言った。
「酷いことだとわかっていても、それが真実なんだよね。」

酷い真実。その言葉を聞いて胸がどきっとした。

優越感に浸ること
差別心を持つこと
劣等感を抱くこと
裏切りにあうこと
守られない約束や
愛されないという事実

そういう世の中や自分の中にある、酷くて汚い、でも真実でもある、闇。

その闇と戦う人もいる。
その闇に飲み込まれてしまう人もいる。

そして、色気というのは、闇を受け入れた時に作られるのではないか。
抗うのではなく、同調するのでもなく、ただ、受け入れたときに。

私は、本当は、色気なんかなくてもいいから、酷い真実なんか受け入れたくない。
酷い真実を見るのは、やっぱり痛いから、闇を無視して、綺麗なことだけ見ていたい。

でも、そうやって生きていくのも、限界があったり、
年とともに、私自身のキャパが広がったこともあって、
少しずつ、酷い真実を見つめられるようになってきた。
それと同時に、色気が出てきたね、成長したねとも言われるようになってきた。

それは、嬉しいと思う半面、少し切ない。
酷い真実に気づかないでいられたら、色気なんかなくても、成長なんかしなくても、どれだけ幸せだったろう。

でもそのことに気づいてしまった以上、これからも私は変わっていくだろう。
いつかは、酷い真実を酷いとも思わない人間になっていくかもしれない。

これからどうなるかはわからないけれど、今は、せめて酷い真実の痛みから逃げずに、その痛みを抱えながら、生きていたいと思う。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.