379748 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モラルに体当たり記

好きな気持ちがなくなるとき

好きな気持ちは何かのきっかけでなくなるわけではないのだと思う。

誰かと話したいな、と思ったときにその人を真っ先に思い出したり、
その人と会えると思っただけで、スキップしたくなったり、
この人に可愛いと思われたい、ドキドキさせたい、と思ったり、
顔を見ているときに、なぜかにやけてしまったり、
そういうことが、無くなっていることに、ある日ふと気づく。
好きでなくなっていることを知るのだ。

あんなにあんなに好きだった気持ちが、
なくなってしまうなんて嘘みたいだけれど。

もちろん、友達としては好きが持続するけれど、もうドキドキしない。
恋、じゃない。

やっぱり恋は魔法なんだろうな。
いつ解けるかなんてわからない魔法。

でもさ、いつか永遠に解けない魔法にかかりたいものだけれど、ね。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.