383976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モラルに体当たり記

July 31, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、今後の進路の相談で、久しぶりに、
大学学部時代のゼミの教授にお会いした。

(ていうか、先日、推薦状を書いてもらいに行ったら、
別途わざわざ時間を設けて頂くことになり、それが本日。
「今後の人生をどうするつもりかについて話し合う必要アリ」
と判断されたらしい。かなり心配をかけていると思われる。)

さて、J先生は学者らしく、物事の表面に惑わされないで、
すこーんと、核心に切り込んでくる。

大体においてその切り込み方は、
超核心だが普段全く考えていない方向から、来る。

本日も、「で、これからどうするの?」という話が始まって、
私がいかに口に糊するかというところで悩んでるんです、
と切り出したところ、そっこー、

「いや、そんなことはどうでもいいんであってさ」
と、その問題は一蹴。

「明日死ぬかもしれないわけですから、
そこのところ考えて、何をしていたら
道半ばで死んでも自分で納得できるかを考えなきゃ」

と、一気に生き死にの話に。

(>ゼミの皆さま、いかにもJ先生っぽいでしょ(笑?
 ぜひあの口調を思い出しながら読んでください。)

しかし、最近過労死で死んだというゼミ生(私たちの3つ上らしい)の話とかを聞くと、
確かに「明日死んでも後悔しない」というのは大事なことかもしれないと思う。

そして、帰ってきたら、たまたま、こんな記事を目にする。
http://www.rankado.co.jp/data-base/0000/2000-7-18.html

>「西村君、僕は今、君の後ろで斧(おの)を持って立っているんだよ。この斧で君の頭を打てば君は死ぬんだよ。君が死ねばその作品が君の遺作になるんだよ。それでいいのかい」。

うわーん、シンクロニシティ。
神さまも「よーく考えなさい」って言ってるんだろう。

にしても、先生、「道半ばで死んでも」って・・・。
縁起悪すぎです(苦笑)!


追記)
なんでそんな話になったのかわからないのですが、
夏休み(9月末まで)の間、
先生の秘書業務をすることになりました。

ゼミ生の皆さま、先生のところに用事があれば、
私が懇切丁寧に対応いたしますので、ぜひお越しください。






Last updated  August 1, 2006 04:04:58 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bitteraska

Favorite Blog

家系の違い New! にわとりのあたまさん

おざーんblog おざーんさん
My wife is ... にわとりのあたまの裏さん
●尾崎友俐● ◇尾崎'友俐◇さん
今宵もガイショクざ… 東京スヌーピーさん

Comments

111@ Re:どうしてボランティアはブスが多い?(10/04) べつに、美人とブスなら ブスのほうが多い…
http://buycialisky.com/@ Re:口癖(03/20) buy low cost cialis softcialis tadalafi…
http://buycialisky.com/@ Re:どこまで食べれるか?(04/09) viagra y cialis espa olqual e o melhor …
http://cialisda.com/@ Re:口癖(03/20) cialis and popperscialis cialis genuine…
http://cialisda.com/@ Re:できたての彼氏は赤ん坊と同じ(07/29) photo of cialiseyesight cialisgoedkoop …

Freepage List


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.