4396914 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

井原線ふるさとじゃ~ナル

井原線ふるさとじゃ~ナル

全194件 (194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

「エコタウンいばら」

2022.06.21
XML
6月21日(火)雨
 夏至。一年中で昼間の時間が一番長い日で、太陽と宇宙からのパワーを最も得られる日だからか昨夜は気温が下がらず寝苦しかった。
 昨年の夏至は晴天で太陽パワーを一杯浴びて古畳敷き藁マルチ実証実験スタートした記事を書いていた。ちいさなもったいないのエコ活動はちりも積もればでこの1年で救った古畳わら床は数十枚を超え約2トンを敷きわら利用し焼却ゴミを減らしSDGsに貢献してきた。
 解体技術も向上し1枚解体の時間も短縮してきた。これからはこの技術を地域に普及させエコタウン運動につなげたい。






最終更新日  2022.06.21 11:53:26
コメント(0) | コメントを書く


2021.12.09
12月9日(木)晴れ
 昨日、神事仏事の「お供え葉」の「クササキ無人販売市」を設置した。
 今日は、店頭に「井原線まちおこし楽市」ののぼりを立てて商品陳列ワゴンを設置し無人販売「井原線まちおこし楽市」を稼働した。
 私がまちおこしを始めた初期の取り組みだが久しぶりに店先に掲げると20数年前のことが思い出されて初心に帰った気持ちになる。

 西江原町の「ノリノリマーケット」にも10月から協力出店してこの「井原線まちおこし楽市」ののぼりを掲げた。「楽市」の輪が拡がるといいね。






最終更新日  2021.12.09 17:31:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.13
5月13日(木)晴れ
 農園に隣接する市道の法面が草ぼうぼうになっていたのでゴミのポイ捨てが多い。
 今日は自主的に草刈りしてコキアを植えた。雑草が繁茂しているよりきれいにしてまあるい赤色の草花が並んでいる方が汚されない。少しでも地域の環境美化になると同時に農園へのごみの投げ入れが少なくなれば幸いだ。








最終更新日  2021.05.13 23:45:47
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.29
12月29日(火)
 今日、最後の資源回収を行った。今年1年、地域のまちおこしからは引退させてもらったが唯一残っているのが「エコタウンいずえ」だ。私が「資源回収deまちおこし」という趣旨で無理して立ち上げた団体だ。止めてしまえば灯が消える。細々とでも続けていればこの運動が花開く可能性も残る。種まきしてまだ小さな芽が出たばかりだ。
 まちおこしは一日にしてならず気長なチャレンジ精神が必要だ。
 今年(1月~10月)の回収実績は13.4tだった。来年はもう少し地域に浸透したいものだ。

 回収場所:出部公民館南の井原鉄道高架下のエコステーション
 回収品:ダンボール。雑誌、新聞、アルミ缶、スチール缶
 回収していないもの:古着、廃食油、ペットボトル、ビン類・・・これらは市の資源回収へ!

 「混ぜればごみ分ければ資源」分別よろしくお願いします。






最終更新日  2020.12.29 22:49:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.25
今日、地域まちおこしで残っていた「エコタウンいずえ」の決算を終えた。預かっていたお金も「エコタウン中部」に引き渡した。これでまち協がらみの宿題は全部手を離れ背負っていた荷物がなくなり軽くなった。
これからは「エコタウンいずえ」の代表だけを残すのみだ。
「自主財源を持ったふるさとづくり」という循環型まちおこしの根幹の理念は「エコタウンいずえ」だったが、これは途上にある。今少し代表として育つ姿を見たいと思う。






最終更新日  2020.03.25 21:47:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.03
5月3日(金)
 本日はエコタウンいずえの「令和事始め」で資源回収。
 地域でエコステーションをしていただいている事業所からダンボールがたまったから取りに来てほしいとの連絡を受けて行ってみるとダンボールが出てくる出てくる。軽トラの荷台が山のよう慎重に積み込み持ち帰り保管する。これだけ事務所に保管していると大変だろうね。



 一応持ち帰ったが連休中は回収業者さんが休み、当社エコステーションにて保管。これで軽トラ2杯分になっちゃった。連休明けまで降ろしたくないね。工場が占拠されちゃう。
 まちおこしながらこんなにたまってくると大変でござりまする。






最終更新日  2019.05.03 16:56:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.10
テーマ:まちおこし(361)
本日はJA岡山西 愛菜館の直売所講習会に出席しました。
愛菜館の「出荷者講習」の本年度1回目。
1、生産履歴の記帳について
2、春まき野菜の管理と収穫
3、農家の知恵袋「直売所向けおすすめの一品」
 1は、JAの職員さんの記帳についての説明。
 2は、農業普及センターの春まき野菜の管理のコツの講習。
 3は、農文協の原田さんが「現代農業」の中の「直売所名人」の実践例の知恵袋を紹介。

 これからまちおこしに農業を取り入れていこうとする時、こういう講習会をプログラムに組み込んで家庭菜園から自給自足、そして余剰作物の直売というの流れをつくるのも面白いと思った。
 「エコタウンいずえ」として直売所づくりのために農業に興味を持ってもらうきっかけに講習会を行うのっていいかも。






最終更新日  2019.04.10 17:38:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.22
テーマ:まちおこし(361)
本日の山陽新聞の笠岡・井原・浅口圏版にていずえ地区まちおこし協議会の資源回収が大きく(15.5cm×5段)記事紹介されました。
 見出し
 ~資源ごみ回収スタート
  出部まち協と自治連
  売上金を活動費に~
 軽トラに積み込んでいる私の姿が写真紹介されており恐縮すると共に動き出したものはなんとか実績を残して地域のまちおこしを推進したい。
 「エコタウンいずえ」設立。
 ゴミdeまちおこし を意義ある活動にしたい。






最終更新日  2017.08.22 22:29:16
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.09
テーマ:まちおこし(361)
本日、資源回収団体として井原市に登録申請するために中国銀行にて「エコタウンいずえ」の貯金通帳を作りました。
これで任意の団体として「エコタウンいずえ」が金融機関のお墨付きをいただき、井原市役所の環境課に登録ができるのです。

今年度、月1回、計8回の資源回収を行うことを申請してきました。
いずえ地区まちおこし協議会と出部中部自治連合会が資源回収を行ったものを月末締めで精算し、環境課へ補助金申請を行うのです。






最終更新日  2017.08.09 22:45:18
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.07
テーマ:まちおこし(361)
本日は予定では「いずえまち協 資源回収 エコステーション」開設日だったが、台風5号の影響でひっそりと置き場の整理を行います。
「水を差された」格好だが「雨降って地固まる」とも言う。
すでに資源ゴミの搬入は始まっている。

(看板の揮毫は消防士書家の橋本雅弘氏による)
雨ニモマテズ 風ニモマケズ まちおこし しませう。






最終更新日  2017.08.09 22:44:49
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全194件 (194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.