2970560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

井原線ふるさとじゃ~ナル

全1955件 (1955件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

全て | なんでんかんでん | 畳屋おやじのブログ | 会社経営 | ★井原線まちおこしネット事務局 | ★井原線ウォーク予定表 | 取材ノート | ★『井原線ウォークのひとこま』 | 畳ギャラリー | 《畳縁工芸ギャラリー》 | たたみべり | 『おかだ農園』 | 直売所 | 『ふるさと いずえ情報局』 | 「出部歴史研究会」 | 「エコタウンいずえ」 | ◆井原線ブログ事務局◆ | ♪ 井原線まちおこし横丁♪ | 【井原歩こう会】 | ♡でんちゅうくん♡ | 【先人顕彰会・井原】 | 【ふるさと井原夢づくりプラン】 | 『心象風景』 | ★井原線おでかけガイド | ★イベントふぉとアルバム | 井原線マスコミ伝播紹介 | ★アルバム『この人と一緒に』 | ★うまいもん! | 井原線夢番地ギャラリー | ★ふるさと井原考 | ★晴れの国おかやま元気ネット | ★井原線沿線美術館だより | ★自然観察 | ★岡山井原弁 | ★『気になる記事ヨミ』 | 『日々のつぶやき』 | 『気づき』 | 『ヒントMemo』 | ☆健康日記 | 【読書Memo】 | しゃむろっくの『チョットひと言劇場 』 | “おぎゃ~と生れてXXXXX日” | 夢枕控え帳 | ★徒然亭閑話 | ☆にゃんにゃん物語 | ☆エコライフ日記 | ・アイデアマラソン | ★ほのぼのウォーク写真館 | ★アーカイブイベント!

・アイデアマラソン

2019.09.07
XML
「一日一考、儲けてなんぼ(Idyen)」
 毎日1個以上のアイデアを書き留める。アイデアマラソンのテーマを「儲かる」に絞ってアイデアを積み重ね、儲かった金額が評価となる。アイデア円(=Idyen)は儲かるアイデアマラソン。
 言葉遊びのアイデアマラソンもいいがそのアイデアで儲かれば尚いい。アイデアの積算によって商品化製品化して儲かりの積算を楽しむ。






最終更新日  2019.09.07 15:50:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.11
3月11日(月)
 昨夜は東日本大震災のことを考えながら眠った。
 東日本大震災から8年、復興の道のりは遠い。阪神淡路大震災からの復興に比べるとほんとうに遅い。それは原発事故の存在だ。これほど長きにわたって日本経済を停滞させた福島原発の事故、風評被害払拭という対応はいいが原発行政の転換は成されなかった。
 原発事故の記憶が国民から薄れ、景気対策が政権の使命になり8年という時間が流れて原発は着々と稼働を始めている。政権の思考は短期の政策に終始しているように思われる。
 20年30年50年というスパンでの日本の舵取りをしてほしい。現状で安全な原発は利用すべきだが、すべての原発の廃炉を決断すべき時に来ていると思う。
 次の東日本大地震がすでに予測されている状況で福島原発の周りに立ち並ぶ汚染水タンク。あれが崩壊すれば汚染の範囲と周期は日本経済を崩壊させるに違いない。放射線汚染土の袋が散在する避難地区・解除地区の現状、誰もこの処理を決断しない。
 今朝のアイデアマラソンはこの原発の後処理だ。
 福島県内に無数に仮置きされた汚染残土の袋を福島原発の周囲に積み上げて津波対策要塞の山を築く。原発の送電網を活かして積み上げられた残土の山一杯に太陽光発電を敷設する。太陽光発電の発電の収益を地権者に支払い補償する。この取り組みを福島原発未来遺産としてユネスコに登録する。
 今朝はそんなことを考えつつ、震災の被害者の冥福を祈ると共に一日も早い根本的な復興を願った。






最終更新日  2019.03.11 10:38:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.02
「WEB+紙」
 このブログはWEB上アイデアマラソンだが、ブログに書けることは内容が制限される。プライベートもあれば仕事上のこともある。
 昨日から新しい紙上アイデアマラソンを始めた。アイデアマラソン本来のノートとして記録をして残していく。アイデアは浮かんできては消えていく。
 「決意」も記録しておかないと忘れてしまう。「約束」も「計画」も「反省」も忘れて薄れてしまう。
 「人間は忘却という長所を与えられ忘却という短所も与えられた」






最終更新日  2019.03.02 09:25:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.26
「イノシシによる耕作放棄地の開墾」
 先日、イノシシによる畑の掘り返し被害に遭った。一晩で見事に掘り返されてしまった。このイノシシの能力の活用法を利用できないかアイデアマラソンする。
 イノシシの子どものウリボウを電気柵で囲った耕作放棄地で飼うとミミズや虫の幼虫と一緒に雑草や雑木を掘り返して餌として食べながら開墾ができる。






最終更新日  2018.10.26 23:02:55
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.12
健康ダイエットのアイデア
 パソコン作業を立って行う。
 何時間もパソコンに向かって座っていると脚力が弱って太る原因にもなる。そこで立った状態で作業する高さにパソコンをセットしておくと姿勢がよくなる。立っているだけでも消費カロリーが高くなる。椅子もあるので休む時には座ればいい。
 その他、効果は、眠くならない。集中的に仕事をするようになる。時にはその場で立ち歩きしてウォーキングしながら仕事ができる。動きながら作業していると発想も多く出る。






最終更新日  2018.10.12 19:42:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.21
「一日一考(アイデアマラソン)」
 壁にぶち当たった時にはアイデアマラソンをするにかぎる。壁という課題を踏み越えていくにはまずは、沈思黙考⇒アイデア(100個)を書き出す⇒KJ法で整理⇒2方向(優先順位・安価簡単)で行動する。
 アイデアマラソン&KJ法の初心に帰って、10通りの切り口があれば1000個のアイデアを出す。1000個に3個くらいはモノになる光るものを掘りあてることができる。






最終更新日  2018.09.21 14:27:56
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.16
アイデアマラソン今週のテーマと目標数
1)畳の新商品開発のアイデア、50個
2)新しいお客様サービスの工夫、50個
3)直売所の販売促進の工夫、50個
4)資源ゴミ回収の工夫、50個
5)新しい健康ダイエットの工夫、50個

脳細胞は日々死んでいくが考えることで未利用の脳細胞が活性化する。
アイデアマラソンは人生を楽しむエコツール。
ノート紙代とボールペン代と自分の時間だけでできる最良の趣味だ。
費用対効果抜群です。






最終更新日  2017.07.16 08:30:18
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.19
このブログはウェブ版アイデアマラソンだが、ノート版も昨日から再開した。
ボケ防止として文字を書くことがいいというのはよく知られているが、それだけではない効果が多い。
文字の乱れで脳の疲労や脳梗塞も気づけるし、アイデアマラソンの日にちの記載は今日という日の認識の確認になる。これは認知症予防になる。
日記をつけることによってその日の行動の記憶の刷り込みができるし、明日明後日と日が経っても振り返ることによって記憶の補完ができる。
また書くことによって不確かな記憶に頼ることの不安から解放され、忘れる不安からも解放される。
「継続は力なり」
健康寿命を延ばすためにもアイデアマラソンはいいと思う。






最終更新日  2017.04.19 09:38:55
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.01
平成29年(2017年)1月1日。
 明けましておめでとうございます。
 嫁いらず観音院への初詣でに行ってきました。
 娘たち2人でのお参りです。
 お賽銭を投げ入れて願いごとをしてみかんをいただき生姜湯をいただいて聖観音にも手を合わせた。鐘撞堂にそれぞれに除夜の鐘を打つと満天の星空に長い余韻をもって響き渡った。

 駐車場では例年通り大焚火!
 この焚火、燃すだけではもったいない。
 年越しイベントのお参り増加に活かしたいね。
 ・この焚火に当たると健康になる。
  (焼きミカン・焼き餅・焼き栗・焼き~・・・)
 ・願い祈願の護摩焚き
  (結い草の願い絵馬・お焚き上げ・・・)
 ・おいしい特産品
  (大根炊き・無病こんにゃく・観音おでん・・・)
 今年最初のアイデアマラソンも行ってきました。
 今年は机の前でのアイデアマラソンからフィールドワークでのアイデアマラソンをやっていこう。
 今年は楽しい一年にするのだ。






最終更新日  2017.01.01 01:22:30
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.01
10月1日(土)5:30
おはようございます。
今日は昨日よりすばらしい自分になれるように一日一日を生きる。
計画し実行し記録してゆく。
日毎の目標+何か
週毎の目標+何か
月毎の目標+何か
まずは年末までの12週間のチャレンジだ。
毎日の単調な記録の積み重ねが進歩となる。
アイデアマラソン新梢の始まりです。
新しい梢が枝になり幹に育てる。






最終更新日  2016.10.01 17:54:50
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1955件 (1955件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.