20941698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

鋼の錬金術師FESTIVAL'09

鋼の錬金術師FESTIVAL'09 inパシフィコ横浜(2009・11・01)(sun)


行ってきました!!

今回で今年絶対最後になるであろう上京・・・。

今年7回目だもんなぁ・・・恐ろしい事に2カ月に1回以上関東へ出陣してるんだから、どんな出張だって(><)


そんなこんなで、今回は同じく当選された楽天ブロガーのrumi0503さんと同行です♪



まずは物販に並びまして、欲しい物を無事GET!!

鋼フェスティバル戦利品♪

しかしパンフレットって冊子かと思いきや、PPマット加工した紙が1枚・・・(1000円なり)

そこにキャストメッセージとサインだけって・・・なかなか酷い商売してまんなぁ(^^;)
ま、所詮記念だからいいんだけどさ。

 


でも、入場記念にって事で、サンライトや、布製のシャオメイの絵がプリントされたエコバックだとか、ポストカードもいただけたのでよしとします。

グッズは大盛況でした♪


青のロイ仕様のサンライトは売り切れてましたし。

・・・ってか、まさかサンライトがいただけると思ってなかったので、みなさん購入しちゃってたんだと思いますしね(^^)

 


そして、やっぱいました!!

会場内のロビーに設置された等身大アル!!

2009-11-01 16:16:27

今回のイベントのロゴマークと一緒にパシリと撮影させてもらいました(^^)

会場スタッフのお姉さん達はみなさん紺の軍服姿でなかなか雰囲気を盛り上げてくださいましたね。

もちろんお客さんの中にも気合いの入ったエドのコスプレされてる方とかいらっしゃいましたし。

そういうのもイベントならではって感じでした。

 


今回のイベントの豪華な出演者はこちら♪

エドワード・エルリック :朴ろ美
アルフォンス・エルリック:釘宮理恵
ウィンリィ・ロックベル:高本めぐみ
ロイ・マスタング:三木 眞一郎
リザ・ホークアイ:折笠 富美子
スカー:三宅 健太
グリード:中村悠一
リン・ヤオ:宮野真守
メイ・チャン:後藤麻衣


*スペシャルゲスト

マース・ヒューズ:藤原啓治

アーティスト:シド


まさかの登場に驚き、嬉しかった藤原さん!!

詳しくは順を追って書いていきます!!




開演・注意事項アナウンスは、アームストロング!!

これがねぇ、映像もこだわってセレクトされてておかしかったんだわ。

ナイスな編集で、怒りや感謝のアームストロングで笑わせてもらいました!!


キャストのみなさんの登場はシルエットから!!

それだけで期待が高まるっ!!

しかも今回はみなさん白と黒と光りものをベースに統一されててものっそかっこいい♪

三木さんの白のスーツがめちゃナイスでしたわん(^^)

胸元が光る光る!!


朴さんがまたねぇ、お洒落な感じで、モデル並み。
頭につけられた小さな帽子がよかったっす!!

くぎみーが可愛いっ!!(>▽<)

ふわふわの白のワンピースが本当似合ってて、ゆうきゃんがしきりに「可愛い」とデレてたのがナイスでしたわ~♪

マモとゆうきゃんは黒で統一!!(キラッ☆)


白馬に乗ってないけど、調子に乗ってる王子様って紹介を受けたリン・マモに会場大爆笑でした(^^)

 

司会はなんと南かおりさん!!

ラジメニ以来、めっちゃお久しぶりに拝見させていただきましたわ(^^)


キャストも客席もみなさん最初からテンション高い!!

何せいじられキャラと、いじりキャラがそろってますからね(^^)


最初のコーナーは、でたらめ人間のトークコーナーって事で、公式サイトで募集していた質問に答えてもらおうというもの。

 

1 エドは12歳で国家錬金術師になりましたが、みなさんは12歳のころは何をしてたか、夢は何でしたか?


朴さんは金魚の飼育係してたと。
で、白点を取ろうとして失敗し、金魚を殺しちゃったとか・・・。

最初からブラック・トークっ!!


くぎみーは本が好きで、図書館で働く人になりたかったと。

「か~わ~い~い~」って本気で言ってるゆうきゃん。

「本気で萌えるのやめろよ」ってマモに突っ込まれて、寝ちゃうゆうきゃんに爆笑でしたわ♪

やっぱくぎみーは可愛いなぁ~♪


高本さんと、後藤さんは既に声優目指していたとか。
折笠さんは中学受験真っ最中。


で、三宅さんはというと・・・会社員になりたかった!!(わはは)

「釣りバカ日誌」がライフワーク?
堅実な人生ですなぁ。


三木さんはというと・・・清掃局員になりたかったそうな!!

今は禁止になってますけど、昔、清掃車の後ろに乗ってた姿がかっこよかったと。
ゴミを颯爽と片づけて行き、また動き出した車に飛び乗る。

確かにあれかっこよかったかも!!

でもあの車を運転しているのは、清掃局員じゃないんだとか。
運送屋だそうで、そんなマメ知識も披露してくださった三木さん。

流石です!!


で、マモは、既に舞台に立ってたって事で。

ゆうきゃんは、なりたいものがなかったと。

でもコレクターになるきっかけが12歳くらいだったそうで。

で、最初に集めたのは、CDの帯!!
300枚くらい集めてニヤニヤしてたそうな。

なんでそんな趣味~~~(><)


2 食べるものリストに上げるなら何?

マモに話を振られ、どもりながら・・・

「お・・・おせんべい!!」

わはは!!

ゆうきゃんは肉が好きらしいけど、飽きるんだそうで、今は数の子だとか(わはは)

それって、くれってねだってるのか!?


三木さんはカラスミ!!

料理好きな三木さんならではの言葉~♪


三宅さんはみなさんご存じなようで、泡の立つアルコールのやつね(わはは)


3 その流れで、スカーとガーフィールの演じ分けが面白い三宅さん。
アフレコ時はどうしてるのか?


あれは外側の形から入るそうで、スカーの時は手に力を入れて立ってるし、ガーフィールの時は内またになって手も頬に入ってるそう。

それを中央で見せてくれた三宅さんに拍手喝さい!!

スタジオでは三宅ウォッチングが流行ってるんだとか。
ゆうきゃんは観察しまくりで、三木さんはその背中を台本にスケッチされたとか。

見てみた~~い(>▽<)

 

兼役と言えばって事で、くぎみーはシャオメイの声を当ててるんですよね。
すごい癒されてる~♪

って話に、会場もキャストもメロメロ。

「そんな理恵が可愛い♪」って朴さんが褒めたものだから、会場歓声飛びまくってましたね。

いい姉妹の図だわ♪

 

続きましてスタッフへ質問と言う事で、ビデオメッセージでまずは入江監督登場!!

感想を聞くのが楽しみだと。

ここでハガレンが来年6月までの放送が決定した事を明かしてくださった監督。

5クールまでお付き合いくださいと言うメッセージでした。


更に荒川先生への質問。

1 キャラにモデルはいるのか?

外見モデルなら、ノックス先生は知人の先生だそう。

アームストロングはキューピー人形!!(わはは)

グラトニーはスノーマン(これはみなさん「あ~~」って納得)


2 お気に入り場面と演出。

クスルクセスの背景がとても美しかったと絶賛。
演出は、一度閉じた真理の扉をもう一度こじ開けたエドの姿。

やはりあそこはナイスでしたよね~♪

 


続きまして、ハガレン・シーンセレクション!!


今回はスタッフにアンケートを取ってのスタッフセレクションコーナー。


最初はやはりヒューズの最期のシーンから「雨だよ」のロイまで。

これはみなさん納得のシーンセレクト。


で、これはやはりあの方のコメントを聞かねばという事で、まずはビデオで登場した藤原さん!!

なのに・・・仕込んでますねぇ。
朴さんってば「啓ちゃ~~ん」なぁんて呼んでるし♪


って事で、会場みんなで「藤原」コール!!

うわぁ~~~い!!
藤原さんの登場だっ(>▽<)

これはナイススペシャルゲストでした~♪

嬉しかったなぁ。


アフレコ時の心境は?

「聞きたいか?」

って藤原さん溜める溜める(わはは)

これでもう最期かと思うと、いつもと違うピリピリ感があったとか。


三木さんはどう思われたか・・・「聞きたい?」(あはは)

ナイス返しっ!!

やはりあのシーンはこれで頼れる人がいなくなると、色々考えられたそうです。
しかも時間は容赦なく流れて、悲しいとか余韻に浸る暇もなかったと感じられた回だったと。


そしてリザ・折笠さんは・・・「聞きたいですか?」(あはは)
もうみなさん素晴らしいっ!!


やはり干渉に浸る暇もなかったというあの流れ。
藤原さんが寂しそうにしてたのが印象的でしたと。

 

キャストのみなさんのお話を聞いて、確かにあのシーンはそう見る事も出来るんだと思わされましたわ。
あの余韻のない展開は、逆に現実的だったですしね。

私もなんだか納得させられました。


次のシーンは15話のリンたち登場の新章の話。

でもその前の14話で亡くなったグリードの件に触れようと言う事で、突然振られたゆうきゃんは最初焦ってたんですが、彼は原作読んでるそうで、

「死なないし~」「また出るし~」って思ってたそうで(^^;)

で、リアルな話、リンと一体になった時、声をどっちが演じるか?でドキドキされたそうです(^^)

確かにあれでどっちが演じるかで出演量が違うわけですからね。

 

で、リンはと言う事で、初回は緊張したと「びっちゃびっちゃ」って汗かきを強調したマモ!!

朴さんにまで「びっちゃびっちゃだった」って突っ込まれてましたね。


次のシーンはラストの最期のシーン。
ここはロイの名場面でしたもんね~♪


かっこよすぎでした!!
ロイが出てきた瞬間会場黄色い声援が上がってましたね~♪


三木さんは作画をめちゃ褒めてました。

確かにここはすごかったですもんね(^^)

でもこれでラストの井上さんが最後になると。
このスタジオから追い出すのが自分なのが、すっごい複雑だと思われたそうで。


次のシーンはスカーに自分の両親を殺されたとウインリィが知ってしまったシーン。

銃を向けたウインリィがどうするか。
庇ったエドに兄の姿を見たスカー。


三宅さんのコメントが深かったです。

被害者は加害者にもなりうると。

なるほどなお言葉でした。

で、自分のせいで兄じゃが・・・。
と言う事で、ゴメンと子安さんに謝っておられました(^^)

ウインリィ的には、高本さんにはあの両親を奪われた気持ちというのは分からないけれど、その分からない衝撃を演技に乗せたと。

 

最後のセレクトはやはりあの真理の扉でのアルとエドの再会シーン!!

最初に台本を読んだ時に、涙が止まらなかったとおっしゃった朴さん。

衝撃的なアルの姿に、希望と戒めを感じたと。
やはり胸が一杯になったというくぎみー。

今までのいろんな思いが錯綜したシーンだったそうです。



次のコーナーは「ハガレン4コマ劇場inパシフィコ横浜」

って事で、今回のイベントのためだけに荒川先生が書き下ろししてくださった4コマに即興でアテレコしてしまおうと言う企画!!


登場がグリードとスカーはないと言う事で、ゆうきゃんと三宅さんは「ちょっと待ってくださ~~い!!」って突っ込み!!


でもちゃんと役を与えようと言う事で、ゆうきゃんはタイトルコールと音響監督!!
三宅さんは最後のオチの効果音!!

もはや人ですらない・・・と落ち込む三宅さんに、先輩である三木さんがすかさず「大丈夫、君は出来る子だから」って慰めるのがステキな光景♪

 

音響監督・中村悠一はこの作品はポップを目指すと。

アドリブは嫌いだと宣言。
そのくせ横浜と言えばなシーンではアドリブOKだそうで・・・。

言ってる事違うって(><)


で、3コマ目ではリンがシューマイを食べるというシーンだったのですが、リアルさを求める中村監督は、そこで実際に食べてみようと、シューマイを用意していたっ!!

わはは!!
仕込んでるなぁ♪


シューマイを持って来た、軍服のお姉さんに興味深々だったマモ。

ゆうきゃんにしきりに注意を受けてましたね(^^)

で、問題のリンのシーン。

しっかりシューマイを食べるマモ!!

でもパシフィコは海の近くだから・・・アルとウインリィの七つ道具は錆びるっ!!

で、最後のズガァァァァン!!の効果音を三宅さんが担当した音は素晴らしかったっ!!

 

とりあえず1発録ってみたところ。

ダメ出しはマモだけ!!(あはは)

リアルを求める中村監督は、今度はシューマイを5個食べて、ちゃちゃっとしゃべってって無茶振りっ(><)


口一杯に頬張ったマモ!!
せっせと口に運ぶ手伝いをする朴さん!!

ステキすぎるっ!!

でも、かなりヤバイ状況でしたねぇ。

結局しゃべれなくなってしまったマモ。

一言発した途端、ぽろりと転がり落ちたシューマイ!!

ハムスターよろしく頬いっぱいにシューマイを仕込んだままのマモ。
似合いすぎて(?)おかしかった~♪



で、ここで一度キャストは退場。

そして、なんと会場で第30話「イシュヴァール殲滅戦」の放送をしてしまおうという企画っ!!


最初にヒューズ・藤原さんがいつもと同じく親バカっぷりを発揮した台詞を言っていたのですが・・・。
イシュヴァールの話を振られて、それは聞くなと、話を濁すのでした。


そこから始まった本編。

そしてCMを挟んでのシーンではリザさん・折笠さんが戦場での孤独を話してくれました。

あの戦いは何だったのか・・・。


そして最後はロイ・三木さん。

血文字の意味は『復讐』

理想無くして明日への道を歩めるのか・・・。

 

って事で、ここで一度、まさかの休憩でした。


10分とは言え、イベントで休憩が入るなんてなかなかない事!!

これはもしや長丁場になりそうだと感じた瞬間でしたわ。





2部はまず場つなぎと言う事で、イベント限定(?)

グリリンラジオ!!その1

って事で「強欲」コンビのリン・マモと、グリード・ゆうきゃんコンビでお送りするラジオ企画っ!!

これは素晴らしいっ!!
是非この企画WEBラジオでも進めて頂きたいですわ~♪


で、1回目から告知もしていないのに、メッセージが届いているんだとか。


今週のグリード大賞!!ってことで、人間誰もが持ってる「強欲」さをゆうきゃんが判断するというコーナーだとか。


ラジオネーム、「グリード大好きさん」より、

限定品に弱い。

強欲じゃないって。


で、またまたラジオネーム「グリード大好きさん」

割り勘

即答強欲っ(>▽<)



イベントに対して強欲って事で、この場つなぎラジオ、あっという間に終了っ(><)
でもお二人の軽快なトークは本当面白かったっす♪



続きましてのコーナーは、イベント限定ドラマ。



最初はロイとヒューズ、リザさんで。


死んでしまったヒューズに語りかける恨みの言葉。


青臭い理想を掲げるロイを見ていたかったとからかうヒューズ。
そして娘の成長も・・・。

だが、これからも見守り続けると言う彼に「任せておけ」と答えるロイ。

リザはそんなロイに自分の手は汚れていると言う。
だが、これからは子供たちの手がそうならないよう、するだけだと。


重いお話でした。



次は打って変わってのメイとスカー、そしてウインリィと、ガーフィールのお話♪


その場で演じ分けをする三宅さんに拍手っ!!

舞台中央に三宅さん、奥に高本さんと後藤さん。


真面目なスカーが実は可愛いいもの好きって事で、映像もかなり加工してスカーがデレるシーンばかりをセレクト。


デレな顔を隠したいスカー。
なのに「可愛い」って、あの低い声で言うのがおかしくておかしくて。


そのくせガーフィールの時はおねえ言葉でしなを作って・・・笑える笑える~♪

ま、気持ちはボビーっ!!(わはは)



でも最後の方になると、ふたりに話しかけられて、男言葉をしゃべってるのか、女言葉なのかどうか分からなくなってきたスカーとガーフィール♪


最後は答えられず「あぁぁぁぁぁぁ!!」
って発狂する三宅さんっ!!


パシフィコでスカーでかっこよく決められると思ってたのに・・・「この様さ」って。

最後は「もう勘弁してください」って、三宅さんステキすぎるっ!!


やっぱナイスキャラで~~~っす♪☆

いいなぁ、いじりがいのある方で!!
愛すべきキャラですわん。




そして見ごたえたっぷりの強欲チーム♪

リンとグリード!!


ひとつの身体で、内なる戦いを始めるふたり。
ふたりの掛け合いが本当面白い。

マモとゆうきゃんで、背中を向けながらのアフレコ。

ホムンクルスじゃんけん大会とかってアドリブをかますゆうきゃん。

じゃんけんでその身体の所有権を主張しようと言うふたり。

でもいつの間にか「つるつる」(変身後の姿)と「糸目」って小学生のけなし合い。


どうせなら大きく、世界の王になってみろと。

「それもいい」


って最後に意見がまとまったふたり。

で、今まで背を向けていたふたりなのに・・・目と目を合わせふたりで頷きあう姿はナイスオチでした♪




最後はエドとアル。

母の作ったシチューの味を覚えているかと昔話を始めたふたり。

人体錬成で母は戻らなかったけれど、アルは助かったのだ。

眠る事は出来ないけれど、エドと話をしたり、笑ったり泣いたりする事は出来る。
だから感謝しているというアル。


元の身体に戻れるのか・・・?

今はまだどうすればいいか分からないけれど・・・絶対に取り戻してやると宣言するエドだった・・・。


そして・・・現れた真理の扉。

そう、あのシーンですよ!!

ここからはあの真理の扉の前でのシーンの生アテレコ!!


朴さんの熱演が素晴らしかった!!

身体を一杯使っての演技に鳥肌でしたわ。
叫び声。
そして心からの悲鳴。

「いつか、必ず迎えに来るぞ!!待ってろぉぉぉぉ!!」


そのまま映像は2期EDへ。


いやぁ、素晴らしかった!!
流石です朴さん!!♪


私がアニメの鋼で一番よかったと思ったシーンだったので、これは本当嬉しかったです♪


そして、そのまま映像は3クール目後半の舞台、北へ!!

長編の予告編にこれからのお話へ期待を持たせるような作りでしたね。




そして、またまた場つなぎで「グリリンラジオその2」

朴さんのあのシーンの後でこのシーンがいるのか?

ゆうきゃんコメントに笑いだわ。

「朴さんってすごい方なんですね」ってマモ!!

後で怒られるぞ~(わはは)


で、今回のラジオでは会場にいるであろうグリード探しのアンケート!!

そのくせ、コメントしながら突然いい人になってしまうゆうきゃんに「強欲」だと突っ込みをいれるマモ!!


錬成陣を書いた事があるかって質問。

やったと手を挙げた人に、何が出たかと聞いたところ・・・

「ため息!!」

あはは!!
確かに~!!


「強欲ですねぇ~!!」

なんでもその言葉で落ちがついてしまう便利な言葉。
なんだかんだ言いつつ楽しいトークが面白かったです♪


何かの機会に・・・と言わず、このラジオが実現するような強欲さで持って頑張ってもらいたいですね!!



で、続きまして、ラジオらしく曲を流すと言う事で、ナイスな流れが!!


歴代OP、ED映像の最後に登場しましたのはもちろんシド!!

「嘘」は大好きな曲♪


CD シド / 嘘 通常盤 アニメ「鋼の錬金術師」EDテーマ[ソニー・ミュージックエンタテインメント]《発売済・取り寄せ品》


マオが赤い服と頭に小さなリボンをつけてめちゃ可愛いかったです~♪

こういうイベントで歌うのは緊張するとコメントされたマオ。

鋼はもう1曲Wii専用ソフトのテーマソング「ドラマ」も歌っておられるんですよね。

2曲をパシフィコで楽しそうに歌っておられたシドの登場はとっても嬉しかったです~♪
最近お気に入りバンドだもんね~(^^)




と言う事で、いよいよイベントも最後。

キャストのみなさんに一言づつメッセージをと言う事で。


後藤さんが帰るまでがハガレンですって。

ゆうきゃん、シドの音楽を聴いて、やっぱ音楽っていいなぁって。
自分も1アーティストとして最後までいいものを届けられたらと。


マモ、熱い想いを受け取った今回のイベント。
次の出番でその想いをぶつけたいと。


何故か藤原さんには「かっこいい~!!」コールがかかり、挨拶が出来ない状態に!!
ヒューズはあれなんですが、これからも見守っていきたいと。


三木さん。
キャラの成長に負けないように成長していきたい。


くぎみー。
黄色い、野太い声援が聞こえた瞬間、胸が一杯になったのか、涙してしまわれたくぎみー。

このみなさんの気持ちをこれからも作品に出していけたらと。


朴さん。

やっぱ一番声援でしたね~!!

くぎみーの頭をなでなでしながらもらい泣きしそうなところをぐっとギャグで明るく話を盛り上げてくれた朴さん。

5クールまで決まったこの作品。
これからもキャストは全身全霊で演じて行くので、

「みなさん、これからも鋼の錬金術師を愛してください!!」


最後にふさわしい締めのあいさつでしたね(^^)



本当ステキな時間をありがとうと言う3時間でした!!

やはりキャストのみなさんの熱演あっての力は大きいですからね。


毎週感想では結構厳しい意見を書いたりする事もありますし、最初から言い続けてる尺のなさをどう解消するか?

はしょった台詞やシーンの多さにがっかりすることも多々あります。

キャラの掘り下げが出来ずに悔しい想いもした事も・・・。


もっともっとという要求は、原作が面白いだけに尽きませんが、それでもあのアクションシーンは素晴らしいものがありますし、やはりキャラが動いてしゃべるという魅力はアニメならではのものです。


こういうイベントに参加すると改めて作品の持つパワーとか、役者さんの役に対する想いとか、姿勢が感じられて、またしっかり見届けなくてはと思わされてしまいます。


色々言われてる作品ですが、自分は最後まで追い続けて行くつもりです。
感想も最後まで書き続けられたらいいなぁ。


そして、また何かイベントがあれば是非参加したいと思います!!


最後まで読んでくださった方も、本当にありがとうございました(^^)



最後に。

時間潰しの為、隣の展示場でやってたイベントにお邪魔してきました(^^)

そこで久しぶりに影山さん始め、JAM Projectのライブを聞かせてもらい、がる☆パラ・ブースでは、こちらのオリジナルどら焼きを購入してきました(^^)

がる☆パラ!オリジナル萌えどら焼き♪



これ、表は受、裏は攻になってて、リバーシブルなんだとか(わはは)

ネタっす♪

明日にでも食べてみようかと思ってます(^^)



って事で、今年最後の大きな声優イベントでしたが、楽しかったです。
願わくば、この熱気が少しでも伝わりますように!!




 

にほんブログ村 アニメブログへ←よろしければポチっとお願いいたします♪


バンプレスト(BANPRESTO) 鋼の錬金術師 FULLMETALALCHEMIST ステンレスタンブラー 全2種セット

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 錬成陣 絵皿[コスパ]《予約商品12月発売》
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMISTぬいぐるみ全3種セット


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.