20977572 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

舞台TIGER & BUNNY THE LIVE 千秋楽

行って来ましたプレミア舞台のタイガー&バニー THE LIVE千秋楽、ライブビューイング!!



はなから本会場には行ける予定がなかったので、早々に千秋楽のライブビューイングが決まったときは嬉しかったなぁ♪


TIGER & BUNNY THE LIVE



どうしてもパンフレットが欲しかったので、ちょっと早目に家を出て無事ブロマイドと一緒に購入♪


パンフにはヒーロースーツを着て、顔を出している形の虎徹とバニーのおふたりの貴重な写真も掲載!!

これは本当貴重ショット!!

対談でも言われてましたが、お二人とも実に嬉しそうな笑顔でしたね(わはは)






私が参加したのはチケット完売会場で、友人ともバラバラにしか席が取れなかったような形でした。


なので、一番前の席だったので、見上げる形になったのが少々首の痛いところではありましたが、会場の熱気は十分伝わってきたなぁと。



いやぁ。

ザックリ感想を言わせてもらえば、まず最初に印象に残ったのは、アクションシーンの派手さ。


さすがJAEさんとのコラボ!!

昔同じようにアクション芝居を(まだジャパンアクションクラブだった時代ですが)殺陣シーンとかで見させてもらったことがあるんですが、それを思い出しましたねぇ。


色んなところから人が落ちる落ちる(わはは)


それに今回は映像をミックスさせて、画面の動きを繋いで演技に見せて・・・と、相乗効果を狙った演出が素晴らしかった!


これは面白い試みだったねぇ。


これなら大きくて派手な演出も簡単に出来るし、映像で見ても楽しめる形になってたもん。



それに客席も巻き込んでの演出の細かさ。


客席での芝居の見せ方のうまさ。


通路側のお客さんは本当ラッキーだったねぇ。
間近で何度も芝居が見れただろうし。



ちゃんとタイバニらしさも出てて、虎徹が楓を救出するために慌てて、それをフォローするバニー。

で、仲間の力も借りて、全員一丸で敵を倒す。

アニエスはばっちり視聴率を取るって流れはアニメと同じ。


そういう「らしさ」をちゃんと押さえた形で、芝居でしか出来ないアドリブや、遊びもふんだんで、見てて本当面白かったもんなぁ。




何より皆さん役をちゃんと自分のものにされてて、まさに実写になったらこんな感じっていうのを見事演じてらっしゃいましたねぇ♪


アニメの「オリジナル声」を大切にして演じてくださってて、主役のお二人以外でも、全然違和感なし!

それが凄いと思ったわ(^^)


特にネイサン最高だったよ~(わはは)

アクターの林野さんんがすごく大柄な方なので、身長ひとりだけ飛び出てたんですが、それがまた舞台栄えしてて、ピンクがめちゃめちゃ似合う!

つっちょんのオネエ声を練習されたってのが納得の出来!



平田さんは虎徹そのものだったし、本当自然体な芝居されてましたねぇ♪

でも、こういっては何なんですが、あのお歳で本当こんなアクションすごい!!


正直アクションは期待してなかったので、ここまで動き回られるとは!!
感心させられましたよ。


こりゃかなりタイトに絞られたんだろうなぁと(^^)




バニかず森田さん。


何故かうちの会場では、バニかずさんが画面にアップになる度に笑い声が!!(わはは)

・・・おかしいなぁ、シリアスな場面とかでも笑うってどうよ。


最早存在自体が笑いになってしまったのか、バニかずさん(^^)



よくあのバニーちゃんを体現してくれたなぁと思いましたわ。


やっぱりビジュアル的にバニーっていうのはすごく難しい役。
ある意味、これが森田さんだから許されたって役なんだと思う。



でも、パンフにも平田さんが書いてましたが、森田さんが赤いジャケット着て、めがねかけたら、ちゃんとバニーに見えるってのは驚きというか、さすがだなぁって思ったわ。


それだけ役と森田さんのイメージがあってたって話なんでしょうね(^^)


まぁ、途中若干暴走気味で、笑うシーンも多々ありましたが。

それ、バーナビーじゃなく、バニかずでしょって!!(わはは)



カリーナ役の岡本玲ちゃんがまた可愛い!!

で、まんまブルーローズで、歌も寿さんそっくり♪
弾き語りとか凄かったっす。


で、可愛いといえば、ホァンの佃井さん!!

いやぁ、ドラゴンキットでのアクションも素晴らしかったし、何せ元気っ子でめちゃ可愛い♪


よく動いてて、見てて気持ちよかったわ。



イワンの高崎くんも、まんまイワン。

彼のバク転も見ごたえたっぷりだったねぇ♪


で、アントニオ横山さん。



今回は折紙先輩と、牛角は流石にあの細部まで作り上げるのは難しかったか、ヒーロースーツはナシ。


でも、その分アクションでおふたりは十分カバーしてくれたので、違和感なかったもんなぁ。



こうなるとキースの永徳さんの負傷がただ残念だったとしか言えないのですが、スカイハイのアクションはアクターさんがしっかり決めてくれたので、彼の分も補ってくれてたと思います。


でも、願わくば、彼が加わった形での舞台が見たかったなぁと・・・。

こりゃ、いつか再演を期待ですね!!




アニエスの彩夏さんはスタイル抜群♪

楓の荻野ちゃんもまんま楓だったし。




で、驚いたのが、私ぜんぜんチェックしてなくて、どこかで見たことある人だなぁと思えば、元・リアルヒーロー・ギャバ●の大葉健二さんが、アカデミーの教官として登場されてるじゃないですかっ!!


懐かしい顔だぁぁぁ!!

いやぁ、驚いた。

でも、平田さんをやたらいじられている姿に笑った。
いいねぇ、このパワフルさ。
さすがです♪





そして、舞台オリジナルキャラの音楽プロデューサーのバベルと、元伝説のミュージシャンのブライアン。



おふたりの芝居も熱入ってたなぁ。

クライマックスの見せ場は熱かった!!

しっかり斉藤さんやヒーローTV実況マリオのお声も登場して、アニメファンを思わずにやりとしてしまう参加もあり、本当見所満載な舞台でございましたわ。






さて、お話はもう楽なのでネタバレ全開でいっちゃいます。


例によってメモ書きを取りながらの鑑賞で、そのメモの一部が写真に載ってるね(^^;)

友人に見せたら、めちゃ小さい字でびっしり紙1枚に書かれてるメモに驚いてた。
今回1枚で済んだから割と少な目だったよ。






OPはまず2部リーグのバイオレットと、スモウスタジアムによる諸注意から。

今からブルーローズのライブが始まるって設定をそのまま生かしての紹介で、お二人とも乗せるのがうまい。


映画のCMが入って、カウントダウンの開始と共に、ライブスタート!!

「GO NEXT!」でダンサーさんたちも引き連れての映像を交えてのブルーローズの見せ場。


2曲目は弾き語りの「MY SONG」



いやぁ、玲ちゃん本当ブルーローズまんまだったなぁ。
歌も本当うまかったし。



でも、アニエスの情報によると、最近有名アーティスト誘拐事件が多発しているよう。

次に狙われるのは、ランキング4位のMr.M
彼がこの会場に来ているというのだ。



だがその時虎徹にかかってきた電話。

なんと、楓もブルーローズのライブに来ているというのだ!!

すぐに帰れと言い募る虎徹。


楓は当然そんなものを聞くはずもなく・・・。



そんなライブの客席実況をするマシュー。


お客さんへの突撃インタビューで、どこからいらしたのかとか聞きまくり。

・・・これ残るんだよね?
大丈夫?




だが続いてのインタビューに指名されたのは------楓!!


なるほど、ここで仕込み入ってたのか。


彼女はブルーローズではなく、バーナビーを見に来たと公言。
この後のBTBの登場を楽しみにしているよう。


だがその時、虎徹が客席にまで乗り込んで、楓に帰るように指示。

マシューはお父さんが来たということで、誰のファンか聞くと、タイガーが頑張ってるということで、マニアックなファンだといわれてしまう。


客席も大笑いだったね、ここら辺のコント。


呼び出しを受け、渋々楽屋へ戻る羽目になる虎徹。

「チャーハン弁当まだ食ってねぇのに!!」


って平田タイガーの捨て台詞に、会場大爆笑でございました(^^)



さて、控え室に戻った平田タイガーは、そこでなにやらブルーローズとバニーが言い争っている場面に遭遇。


音楽性の違いだと言い出すバニー。


実はこれ、アニエスの仕込みだったわけで、何も知らされていなかった虎徹は二人のフォローに大慌て。



そして、ヒーロー3人での「夏の恋はお疲れサマー」を歌うのだが・・・。


なんと、バニーとブルーローズが突然「BTBは解散します」宣言して、マイクを置いてしまったのだ!!

一体何故?


結局残されたタイガーがひとりでダンス披露する羽目に!!

ロンリー!!(><)




だがその時、突然客席からギターを持って現れた男が。

伝説のギタリスト・ブライアン!!


彼のファンだった虎徹。

その登場を喜ぶのだが・・・突然照明が切れて、機材が破壊されてしまったのだ。


更には影人形が闇から生まれ、舞台を、会場を覆う!!



上からもぞもぞ真っ黒な格好で、顔に白い仮面をつけた人たちが降りてきたのは驚いたわ。



すぐさまタイガーはハンドレットパワーを駆使して影を撃退。


ここは照明を使って光をあてることで、うまくハンドレットパワーを示して、映像とアクションのコラボを見せてくれましたね~♪



だが、闇はいくら払っても、払っても襲い掛かってくる。

やがて時間切れを迎えてしまったタイガー。



そこへ颯爽とバーナビーがタイガー救出に!!

やっぱこれは定番っすね(^^)




だが、ブライアンは今度は客席にいた楓を人質にして逃走してしまったのだ!!





スカイハイ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレムも登場して、救出に向かうも・・・こちらでも闇が彼らを襲う。




どうやらブライアンはネクストになった事で、ギターを演奏すると、物が破壊されるという能力を身につけてしまったよう。


ミュージシャンだった故に、音楽から去らなければならなかった彼。




楓の行方が分からず、動揺を隠せない虎徹。

取り乱す虎徹に、理由を話せと迫るバニー。

だが、それを隠す虎徹。



「これは俺自身の問題だ!!」

「なら、僕の問題でもあります」




ぎゃぼ~!!

これは一番萌えた台詞だったなぁ♪

おふたりの対峙しての真剣な芝居もまんま虎徹とバニーだったし(^^)



目と目の会話がナイスでした~♪



で、キース姿のシーンはどうなったかというと、どうやら飼い犬のジョンの調子が悪いってことで、病院に行ってるという設定で誤魔化したよう。

病院って単語が出たので、思わずリアルか!?ってドキっとしちゃったわ(^^;)




だが、先ほどの戦いで、スカイハイが天井を壊した際、影が消えたことを不思議に思うホァンとネイサン。

もしやブライアンのほかに能力者の協力者がいるのか?



その時、ヒーローたちの元へ突然ヒーローアカデミーの教官がやってきたのだ!!


バニーとイワンはお世話になった恩人。


いやぁ、大場さんかっこよすぎだわ(^^)


彼はどうやら元ヒーロー(わはは)


で、触った者の考えが分かる能力を持っているようで。


虎徹に触れた彼はあっという間に虎徹を跪かせ、腕を捻りあげてしまう。


「心が乱れてるな」


で、彼がヒーロー心得を説くといいだしてしまう。




「ヒーローってのは、正義を愛する心だろ」という虎徹に「リズム感だ!!」(わはは)


で、なぜか全員でダンスをはじめることに!!


これは何のコント!?
もう大爆笑の会場。

両手広げてノリノリダンスを見せる教官に続けということで、途中から暴走をはじめてしまったのがバニかずさん!!


もう真面目にやってる姿が何故かおかしすぎるんだっ(>▽<)


皆にもどうせ、サインや決めポーズとかあるんだろと言い出す教官。


そこで、ネイサンの「ジャスティスパワー」とか、「イーワン・ポン」って、お尻に突き刺さった手裏剣にやられるイワンの姿とか、もう暴走止まらない役者さんたち。




だがその時、ブライアンの潜伏先が判明したとアニエスが知らせてくる。


身内がらみなだけに今回は先にバーナビーと折紙を行かせると言い出すアニエス。


だが、虎徹は強引に先に行こうとしてしまう。

そんな彼を、バニーは思い切りはたいたのだ!!


「目が覚めましたか」


熱くなりすぎているのを悟った虎徹はようやく頭を切り替えたよう。

心の乱れもなくなったということで、感謝する虎徹の額を優しくハンドタオルで拭いてあげる教官。


なんと優しい!!



でも、退場の台詞が「よろしく勇気」って!!
それ!!あかんでしょ(><)


いやぁ、本当凄い教官だったなぁ。
パワフルだったわ、大葉さん。


ホァンの佃井ちゃんも、高いところからの飛び降りも全然平気そうで、見てる方がちょっとヒヤヒヤ。




その頃、楓はブライアンによって囚われの身に。

どうやら彼は、とある男から、このミュージシャンの誘拐がうまく行けば、ブライアンの破壊の能力を消してやるという話を持ちかけられていたよう。



「行くぞ、バニー」

「了解です、虎徹さん」


って事で決意表明して、1幕は終了。


20分の休憩を挟んで2幕開始。





ミュージシャンとして最高の時にネクスト能力を得てしまい、演奏すれば物を破壊してしまう。

能力により壊された彼のミュージシャンとしての道。


だが、この攻撃を、斉藤さんの発明した消音機でとめて見せたのだ!!


斉藤さんやる~♪

声だけの出演で、最初はいつも通りボソボソ。
で、拡声器での大声だと調節できてないし。

実に齊藤さんらしい発明品♪



最早音が鳴らないギターを奪い、捕獲したブライアンに、早速楓はどこだと詰め寄る虎徹。


だがここでも熱くなりすぎだと虎徹の頬を叩くバニー。



その時、アニエスがブルーローズが、音楽プロデューサーのバベルに呼び出されて、楓救出に向かったと言うのだ。


バベルの名前を聞いて呆然となるブライアン。


そう、どうやら彼の能力を消してやるといった、黒幕はバベル!!



彼は音楽プロデューサーとしてずっとブルーローズを自分のファミリーにとスカウトしてきたよう。

だが、ブルーローズの事務所に断られ続けていたよう。


ではバベルの狙いはブルーローズか!?





どうやらバベルは自分のファミリー以外のミュージシャンをいなくならせることで、全てのヒットチャートを独占しようというのだ!!


「あなたも私の伝説の1部となるのです」


闇人形を操る彼により、追い詰められてしまうブルーローズ。



そこへロックバイソンとイワンが。

「来いよ、俺はスーツがなくても硬いぜ」




ここはイワン、ロックバイソンの見せ場♪


いやぁ、アクション満載で、ロックバイソンの2階からの飛び降りとか凄かった~!!

イワンのバク転もかっけぇ!!


やっぱ動ける人はすごいわ。



追い詰められたブルーローズの元へは、ついにタイガーとバーナビーが!!


更には女の子は顔を守らなくちゃダメよって、ネイサンの炎が炸裂。

だがそういった瞬間、闇に顔を傷つけられちゃった(^^;)



一瞬で男に戻るネイサン、最高の切り替えしだったなぁ♪

いやぁ、ファイヤーかっけぇっす!!



スカイハイは何度もワイヤーアクション!!

これまた凄いなぁ。

フライングで舞台を右へ左へ。
これじゃぁ確かに怪我しても・・・って感じ。


黒子にもなる闇人形たちに支えられ、飛んで行くていのスカイハイには爆笑したけどね(^^)




闇たちは何度も何度も蘇る。

だが、彼らにも弱点があることに気づいたタイガーたち。


そう、天井を崩した際消えたという闇。

彼らの弱点は『光』


そこでブルーローズの氷が光る。

ファイヤーエンブレムの炎が燃える。

ドラゴンキッドは雷を。


皆の見せ場と力を合わせることで、ついにバベルを追い詰める。



そこへブライアンが。


能力を消すなど出来ないと笑う彼に騙されたことを知り、バベルを殺そうとしたブライアン。


だが、それを庇ったのは、タイガー!!


ギター以外の楽器ではダメなのか?



「俺はギタリストだ!!」

叫ぶブライアンに、タイガーは言う。


「それ以前に、音楽家だろ?」


虎徹はブライアンの音楽のファン。
ダメならハンドレットパワーを使って聞いてやるという言葉に、笑みを漏らすブライアン。


「あんたロックだな」

「いや、タイガー」



・・・こういうお惚けな所も虎徹の愛すべき所♪


楓も無事救出したのだが、今回の救出は、バーナビーがやったということにして欲しいと言い出す虎徹。


目を覚ました楓と感動の再会-----だったはずなのに、救出したのがバーナビーだと聞いた楓は、何故サインをもらわなかったのかと怒り心頭。



「お父さんのバカ!!」


呆然の平田虎徹。

で、口パクで「お父さんのバカ」を復唱(わはは)

「楓ぇぇぇぇ」


情けない虎徹の声が響き渡るのだった---------。




って事で、EDは客席もみんな巻き込んでの「オリオンをなぞる」の大合唱!!


手話付きのこの演出がまた素晴らしかったなぁ。


見てるだけでも楽しかったよ。


公式サイトにこのレクチャーのVが上がってたので何かと思えば、このリクエストって事だったんですね。



舞台が終わっても、照明が暗くても、会場全員で「オリオン」大合唱!!

これがめちゃめちゃ感動的だったわ~♪




カーテンコールの挨拶では、なぜか森田さんの登場で皆さん笑い。


キメポーズでの退場は爆笑。
・・・何故だろう?



最後は見切れた折紙を突き飛ばすタイガー。


最後まで小芝居サンキューな出来でございました(^^)





それでも鳴り止まない拍手!!

最後は客席は皆さんスタンディング!!

これは役者さんたち嬉しかっただろうなぁ。




その間、まだ興奮冷めやらない舞台袖では、キャストの皆さん大集合で、ヒーロースーツアクターの皆さんも顔だしでの挨拶。


楽しかったという平田さん。

最後の締めはやっぱりみんなで決めポーズで


「See You!!」




満足感に溢れた笑顔満開の舞台袖トークで、本当みなさん充実した1週間を、そしてこのタイバニチームを作ってこられたんだなぁというのが伝わる舞台でした。


楽しかった。


もちろん芝居的にはまだまだ未完成で、つめるべき要素は多々あったのは事実ですが、そういうのを抜きにしてしまえる勢いと、演出だったかと。

何より役者さんたちのこの「タイバニ」という作品への愛を感じさせられました。


私的にはこれが何よりだったなぁと。



ありそうでなかった中の人、ご本人がリアルで主演をする。

こんなことを考えてしまえるスタッフの企画力と、行動力。
サポートもばっちりだから出来たんだろうなぁ。


いやぁ、本当この「タイバニ」ってのは作品が愛されてる。


今度は是非永徳さんの加わったスカイハイで是非再演を!!
そう願います!!



あ~久しぶりに勢いで書き上げてしまえた感想だわ(^^)

こういう熱が嬉しい♪


みなさん本当にありがとう!!
そしてありがとう!!









にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪





送信確認・TB一覧は下のタイトルでリンクしております
        

<トラックバックURL> http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/1be36d6dc984c3344fda2d54b843cc85/ac


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.