20976127 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

金色のコルダ~星奏学院祭4~星奏23土昼

私的に今年最大のイベントだと位置づけたネオロマンス♡フェスタ「金色のコルダ」~星奏学院祭4~に全通してきました!!



いやぁ、今回はもうただチケット争奪戦になったなぁって印象しか残ってません(><)
久しぶりにこんな凄い事になったんじゃないかと。


全4公演チケット完売ってスゴイ!!



私はありがたい事にGCの先行で楽はSS席、3公演目もSが取れたので、本当ラッキーでした。
1日目は友人が頑張ってくれましたので、なんとか全通決定した時には小踊り状態でしたよ。



10周年のお祭りが昨年から続いてますが、なんだかんだで年末まで予定が入りましたし、今年もコルダ三昧の1年になりそうで嬉しい♪


まず最初に次回
コルダの学校別イベントが12月13日Feat天音学園、14日Feat星奏学院
パシフィコ横浜での開催決定!!




次は天音とは思ってたけど、星奏学院までやってくれるなんて!!

次回も全通決定っす(^^;)





1回目の公演レポなので、まずは会場内の様子をば。


ウェルカムヴァイオリン1 ウェルカムヴァイオリン2


入口エントランスを入ってまず出迎えてくれたのは、ウェルカム・ヴァイオリン♪
この楽譜のチョイスがたまりません(>▽<)


で、これを挟んで両サイドに並んでいたのはフラッグ。



看板4 看板1

看板2 看板3


右に無印、左が3のキャラ。

で、壁をぐるりと囲むようにスタンドのお花が今回は所せましと並べられてましたね~♪



律と響也のボード

物販には響也・潤じゅんと律・コニタンのサイン入りボードも展示されており、マーケットは始終凄い人でごった返してましたね。

初日のオフィシャルグッズ販売列は階段6階まで行ったとか。

ひょええぇぇ!!
当然開演間に合いませんよアナウンスが11時前には流れてましたもんね。
本当スゴイ人だった。




今回の公演はみっちり3時間コースだったのもあり、昼公演が12時半スタートだもんな。
びっくり。




・出演キャスト(Featuring星奏学院/2f・3B)

高木礼子(小日向かなで/日野香穂子 役)
福山潤(如月響也/志水桂一)

小西克幸(如月 律/王崎信武 役)
内田夕夜(榊 大地/吉羅暁彦 役)
水橋かおり(水嶋悠人/リリ 役)
佐藤 朱(支倉仁亜/冬海笙子 役)
伊藤健太郎(八木沢雪広/土浦梁太郎 役)
森田成一(火積司郎/火原和樹 役)
岸尾だいすけ(水嶋 新/柚木梓馬 役)
谷山紀章(東金千秋/月森 蓮 役)
石川英郎(土岐蓬生/金澤紘人 役)
日野 聡(冥加玲士/衛藤桐也 役)
増田ゆき(七海宗介/天羽菜美 役)

ゲスト KENN(ソラ)


[演奏キャスト]
室屋光一郎(ヴァイオリン・ヴィオラ)
加藤揚啓(ヴァイオリン・ヴィオラ)

星野智也(チェロ)
天野貴文(トランペット)
神田勇哉(フルート)
平林 龍(ピアノ)





・セットリスト

OP注意事項ナレーション:東金千秋(谷山紀章)/八木沢雪広(伊藤健太郎)

1 OP「WINGS TO FRY」 Maestro Fields(響也、律、八木沢、東金、冥加)

2「金色のコルダ3」ドラマ feat.星奏 「仲間と奏でる絆の音」
 ・生演奏「チャルダッシュ」

3 アナザースカイ・Feat「天音学園」紹介コーナー ゲスト KENN(ソラ)
 ・ミニドラマ 函館天音学園のメンバー4人で遊園地へ

4 あのシーンをもう一度「名場面再現コーナー」
 
 ・冥加と駄犬・響也の出会いのシーン
 
 
 ・原作でリリの思いつきでみんなの中身が入れ替わってしまったシーン

5「金色のコルダ2f」ドラマ feat.3B「仲間と奏でる絆の音」
 
 ・生演奏「ヴォカリーズ」ラフマニノフ
 ・Later


・アンフィニによる新作グッズやスイーツの紹介


2幕
ライブコーナー
6「BLUE SKY BLUE」星奏学院 ver
7「To be continued・・・」柚木梓馬(岸尾大輔)
8「Fine Days ~明日は晴れ!~」冬海笙子・天羽菜美・金澤紘人・王崎信武(佐藤朱・増田ゆき・石川英朗・小西克幸)

9 愛のあいさつ
 ・水島新(岸尾大輔)
 ・七海宗介(増田ゆき)
 ・吉羅暁彦(内田夕夜)

10「夢の軌跡」如月律(小西克幸)
11「沈まない夕陽」火積司郎(森田成一)
12「明日へのMelody」月森蓮・土浦梁太郎・志水桂一

13 愛のあいさつ
 ・冥加玲士(日野聡)
 ・金澤紘人(石川英郎)
 ・東金千秋(谷山紀章)

14「Clockwork Town」金澤紘人・吉羅暁彦(石川英郎・内田夕夜)
15「絶望の挽歌(エレジー)」冥加玲士(日野聡)
16「PRELUDE -青月光-2014」月森蓮(谷山紀章)

ED

アンコール
17「Andante」星奏学院オーケストラ部 (響也、律、大地、ハル)
18「Happy Time」












何がスゴイって、今回の諸注意のナレーションが生だっったって事!!

だから生ならではの客席の反応待ちとかあったり、千秋が拍手を求めたりとか、本当それだけで今から一緒にこのステージに参加するんだって気分に引き込まれましたよ。


後から考えたらこれ、最初の公演も、4公演目の締めもきーやんとイトケンさんなんですよね。

キャラは違えど、なんかそれに気づいてまたじわっときた。
ニクイ人選だよ(><)




今回は全体を通して歌も多かったし、メッセージも。

何よりスチルがどれも素晴らしかった!!

いいシーンチョイスしてくれたなぁとほっこりさせてもらいましたよ~♪

それになんといってもメッセージがかなり甘味っ!!(>▽<)

みんな「彼女」だとか「恋人」だとか単語が直接的なんだもん。
このせいで毎回うひゃ~~~!!ってこそばゆかった~!!(わはは)
嬉しかったけどさ♪


ただ1回目の公演はまだ段取りがうまくいかなかったか、場面転換の暗転がめちゃ長かった(><)
これはいただけなかったなぁ。
気持ちが切れる。
もう少しなんとかしてほしかったよ。





1 OP「WINGS TO FRY」 Maestro Fields(響也、律、八木沢、東金、冥加)

やっぱりこの曲でOPだと思った~!!
いいよね、勢いあって。


こちらの曲からキャスト紹介へ。

夕夜さんが星奏マンになってた!!(わはは)

ジャケットの下のTシャツに星奏のマークをでっかく胸元にプリントしてるんだもん。



全員で星奏学院祭4の開幕宣言!!






2「金色のコルダ3」ドラマ feat.星奏 「仲間と奏でる絆の音」
 



全国学生音楽コンクールも終わり、夏休みも残りわずかとなったある日。
星奏学院理事長からの依頼で、パーティーで演奏することになった星奏学院オケ部のメンバーたち。
依頼された曲は三重奏での「チャルダッシュ」。
響也の得意曲だ。
逸る気持ちを抑えつつも、演奏に打ち込む響也だったが、菩提樹寮(リンデンホール)で八木沢に言われた「僕たち3年生は、夏が終われば部員として音を合わせられなくなる」という一言が気になってしまう。

律はヴァイオリンは響也で行くと言い出す。
その分かなでの練習を見ると。


だが、大地と一緒に弾いて欲しいからという理由もちゃんと言い出せず、とにかく弾かないと言ってしまう響也。

律的には次期部長として頑張って欲しいからと思っての事。
だが、兄弟だからこそちゃんと考えを話さないと気持ちが伝わらない。

大地はそう宥めるのだが・・・。


一方、響也を探しに出たかなでと悠人。
そこでニアと、火原と出会う。

彼にもちゃんと話をした方がいいと、俺も昔、背中を押された女の子がいるという話を聞かされ、かなでは響也を探すことに。



・・・って、しょっぱなから火原登場~~~!!(>▽<)

ニア相手に大人な対応したりして、成長したなぁと♪
声も低いし、これが年月の重みだね(^^)




一方響也は土岐と出会う。
響也の顔を見ただけで、律と喧嘩したのをすぐに見破ってしまう土岐。

ま、土岐は父ともめてる誰かさんをずっと見てるわけだから、馴染み深いようで(^^)


そこで自分の気持ちはひとまず置いておいて、相手の気持ちを考えてみたらとアドバイスをする土岐。

やってきたかなでに捕まえてと言われて、ぐりぐりと手を握る土岐・・・で潤じゅんが腕を引っ張られてる体でのふたりの掛け合いが面白かったって。

まず最初に英さんがぶっこんできたなぁ。


で、悠人にも一緒に弾きたいと言われて、納得する響也。

そして大地と律に「任せてくれないか」と、自らチャルダッシュを弾きとたいと言い出す。


律だって大地と弾きたい。
それでもオケ部のために響也に託す事を決めたのだ。

「今も昔も。お前の力を信じてる」


そして演奏日当日。


今回は火原と柚木のデュオ!!まであるパーティのようで。
これは客席ざわってなったなぁ。



楽しみにしてるというかなでの言葉に任せとけと返す響也だった・・・。


・ 生演奏「チャルダッシュ」




生演奏を絡めてのドラマ。
相変わらず素敵な構成っす(^^)

聞き入ってしまいます~♪



3 アナザースカイ・Feat「天音学園」紹介コーナー ニア(佐藤朱)ゲスト KENN(ソラ)
 

長い新ヴァージョンのPV紹介!!

丁度25日解禁になったようなので、PVはサイトで見れますよ~♪→こちら






演奏者としては最高のものを持ちながら、何かを失った者たちが集まる学園・・・。


なんか病んでる風なのが痛いけどツボぐいぐいついてくる。

もう会場内のざわめきがすさまじかった!!(>▽<)
函館天音学園とか、氷渡さん人気とか凄い!!




そして久遠さんの紹介でここでついに登場、ゲストのソラ役KENNくん!!


ニアとは双子の兄妹なのだそうで、コンビニ・ハラショーの店員でおなじみのソラ。

朱ちゃんってばKENNに「ネオロマンスの世界へようこそ~♪」
ナイス~!!

一観客になって生ドラマを見ていたというKENNくん。
皆さんの演技に感動したようで。


アナザースカイ3本購入特典の「函館天音学園編」では攻略キャラになるソラ。


で、なんとトーノとニア、ソラと主人公4人で同居することになるのだとか!?


なんだとっ!!(><)
めちゃ気になるじゃん!!


ニアとは更にフルボイススペシャルのデーターがあれば友情EDのイベントが見られると!!


天音のデーター大丈夫かって言いたくなるけど・・・(^^;)



で、ここで初公開のスチル1枚公開!!

ファムファタルなかなでを受け止める冥加の図~~~!!(>▽<)


これはぎゃ~~!!だったなぁ。
どんなシーンなのか気になるぜ!!




で、最後は折角だからという事で、特別企画

・ ミニドラマ 函館天音学園のメンバー4人の臨海公園でのあるシーン。

ソラ遊園地のチケットをくれたので、なら一緒に行こうと言うのだが・・・面倒くさいというソラ。
それを見たニアは、こんな男と行かず、私と二人で行こうと言い出す。

だが、かなではみんなで行こうとトーノも誘って4人で行こうというのだ。

絶叫マシンが怖いから誘わない方がいいというニアに反論するのも面倒くさいから今回は一緒に行ってやると言い出すソラ。

面倒くさいけど、あんたが嬉しそうにしてるのは嫌いじゃないから・・・。





4 あのシーンをもう一度「名場面再現コーナー」
 
 

公式サイトで事前に募集していたイベントでの生再現コーナー。
ま、これが今回のバラエティコーナーに該当する企画だったようです。


そこでこのコーナーも、久遠さんのサポートにKENNくん登場で、結構KENNくん出ずっぱり状態でしたね。

キャストさんを呼びこんでのトークを交えたコーナー。

最初の名場面はこちら。




・冥加と響也の出会いのシーン

もうこれだけでどのシーンか皆さんわかってるから、爆笑。

勝手に冥加のシュトゥルムを弾いてしまい、野良犬に駄犬呼ばわりにに裏拳にと、コテンパンにされてしまう響也(^^)


「「だだだ!だだだ!駄犬~~~!!」」

って、最後潤じゅんと日野くんが効果音仕込んでたぁぁぁ!!
わはは!!

体喝采で、大爆笑でしたなぁ。

で、このシーン、制作スタッフ曰く、響也の迂闊なシーンで、そのほかにも冥加が響也を呼称した猿だキジだと出てくるのは、百太郎にちなんでるんだそうで。

なるほど~!!



・白黒柚木登場!?
コミックスからのリリの悪戯でキャラ入れ替わってしまうシーン。


原作の呉先生の原画に合わせてのアフレコ。


初の試みに会場喜んでましたね~♪

土浦→柚木(白)
火原→月森
志水→土浦
柚木→火原
月森→志水


火原として暴走する岸尾さんに笑い。

無理無理無理~~~って、笑った笑った。

相変わらず飛ばすなぁ、岸尾さん。



で、最後に登場は・・・。


冬海→柚木(黒)

わはは!!
そのオチかいっ!!って、なんで柚木だけ二人いるんだ~!?って突っ込みはさておき。

朱ちゃんがうますぎる~!!
ふうん、熱烈歓迎だなって。

ぎゃぁぁぁ!!
ブラック柚木ぃぃぃぃ!!



絵がついてるから何でも出来ると飛ばす岸尾さん。

原作の呉先生のコメントでは、皆さんが演じるとどうなるかと考えながら楽しみにして描きましたと。

ようやく念願かなってのアフレコに先生満足されたのでは~?




5「金色のコルダ2f」ドラマ feat.3B「仲間と奏でる絆の音」
 

経営難の危機に陥っている学院を再建するため、音楽科と普通科を分割しようとする吉羅。
学内コンクールで競い合ったメンバーたちは、その計画を阻止するため日々奔走していた。
そんな中、近々催される駅前の音楽イベントに、火原と柚木のデュオが出演することになる。

そこには吉羅も招待されているため、彼に認めてもらうには絶好の機会だった。

しかし、最近火原は演奏で失敗ばかり。
先日も柚木の足を引っ張ってしまったよう。

そこで、他の人を探した方がいいと、部屋を飛び出してしまう火原。


香穂子が後を追う。
柚木は追わないようで、二人が戻ってくるのを待っているよう。

月森はアンサンブルを経験したことで、他の演奏者の気持ちがわかるようになったと、火原ならこれくらい乗り越えられると、大丈夫だと言うのだ。

変わった月森の姿に感心する天羽。



練習してもやっぱり納得できない音しか出ない火原。

そこへ衛藤が。


前に聞いた華やかな音とは全然違うという衛藤に、下手でゴメンねと謝罪する火原。

でも自分の気持ちに演奏が左右されるくらいなら演奏家としてはまだまだ。

それで演奏を誰かに迷惑をかけるからと責任を押し付けてるだけなのではないのか?

自信を無くした奴にレベルを下られるなんて冗談じゃない。
なら一人で演奏した方がいい、アンサンブルなんて楽しくないという衛藤。


・・・って、この衛藤の話が4公演目の志水とのお話に繋がってたという話ですか。
リンクうまいよなぁ、相変わらず。



だが、それを否定する火原。

大変な事もあるけど、音がひとつになったら楽しい。
それを聞いて喜んでくれる人がいたらもっと嬉しい。


そういった事でアンサンブルはひとりじゃない、一番大切な仲間が一緒にいてくれるという事を思い出した火原。

そこへやってきた香穂子と共に、一緒に音楽を楽しもうねと、前向きになったのだった。


柚木と火原。

うまくなくてもいい。
香穂子はうまくなくても心を揺さぶる演奏をする。


音楽が大好きって気持ち。
音楽は楽しむもの。


それを大切にしなければならないのだ。


柚木と一緒なら、怖くない-------!!



・生演奏「ヴォカリーズ」ラフマニノフ



珍しくゆったりと、少し物悲しい印象の曲。
でも、フルートとトランペットが寄り添う感じで素敵だった~♪


 

・Later

それぞれのドラマのその後の一コマからの軽く愛のメッセージ。


響也たちの演奏は大成功。

柚木と火原も本番を控え、成功を信じていた。

香穂子がいるから大丈夫だって。


それをからかうと怒だよって。
でも、ふたりだけのシーンだからって、遊んでOKって話で、二人で暴走しそうになるけど、珍しく岸尾さんが盛りだくさんだからやめとこなんて止めたし!!

こりゃ驚いた!!


柚木は嫉妬?
火原は香穂子に見ててって。




・アンフィニによる新作グッズやスイーツの紹介

今回は会場限定CDの紹介。
10年の時を経て新録された月森と土浦のキャラソン1曲目が売りのこのCD。

懐かしかった~!!



2幕
ライブコーナー
6「BLUE SKY BLUE」星奏学院 ver


やっぱ鉄板ソングになってきたね。
2部の幕開けに相応しいかと。


7「To be continued・・・」柚木梓馬(岸尾大輔)

久しぶりに聞いた!!(>▽<)
でも思い入れがある曲だから嬉しかった~♪



8「Fine Days ~明日は晴れ!~」冬海笙子・天羽菜美・金澤紘人・王崎信武(佐藤朱・増田ゆき・石川英朗・小西克幸)

元気ソングだよね~♪
これ聞くと安心する。

今回はちゃんとラストにコニタンまで回ら・・・なかった(><)
リベンジならずっ!!(わはは)



9 愛のあいさつ
・水島新(岸尾大輔)


遊園地で遊ぶ二人。
手をつなぐために変身シーンさながら腕をぶんぶん振り回して手を差し出す岸尾さん最高だっ!!

人が多いから離れないようにってのは建前で、恋人と手をつなぎたいからだって。
あんまり可愛いと、キスしちゃうかもって、甘~~~い(>▽<)


・七海宗介(増田ゆき)

練習後のカフェ。
七海に甘えてケーキを食べさせてって言う主人公。

本当にあなたは可愛い人ですよね。
二人きりになったら俺がどれだけ好きか教えますよ。

「約束します」


・吉羅暁彦(内田夕夜)

ちゃんとスーツに着替えて、しかも台本ナシ!!
すべてちゃんと台詞を覚えてるあたり流石夕夜さんと言わざるを得なかった!!


素晴らしいブラヴォーでした~♪


レストラン後。
この後の予定は、私の家でどうか?

ふたりきりなら許されない事を君に伝えるかもしれない。

「試してみるかね」


大人の色気~!!
かっこよすぎますぜ理事長っ!!(>▽<)






10「夢の軌跡」如月律(小西克幸)

こちらもなんか久しぶりの曲だった~♪
律らしい曲だよね。



11「沈まない夕陽」火積司郎(森田成一)

自分でMCして、自分で歌う!!
完璧演歌紹介の体できた森田さん、ナイスすぎるっ!!

いやぁ、これこそ音源ライブヴァージョンとか出してって言いたくなる。
全然生のがいいよ、この曲の盛り上がりと、森田節さく裂感がたまらんわ~♪


本当面白ソング(←オイ)



12「明日へのMelody」月森蓮・土浦梁太郎・志水桂一

いやぁぁぁぁ!!
懐かしすぎるぅぅぅぅぅ~!!

これぞ1の時以来じゃないの?
確認してなくてごめんだけど。

このメンバーはレアだよねぇ。
今回一番うれしい選曲でございました(^^)



13 愛のあいさつ
・冥加玲士(日野聡)

 
スチルで微笑む冥加にテンション上がったよなぁ。
本当今回はマジスチルのチョイスがすごくよかった~♪


演奏を聴いてほしいという主人公。
その音に満足した冥加。

「もう一度弾いてみるがいい。
俺の心臓に突き刺さる楔のごとく、甘美なる音色を------」



・金澤紘人(石川英郎)

海沿いの公園を一緒に歩く二人。
手術で海外に行ってしまったらしばらく会えないから、一緒の時間を堪能するさ。

寂しくなったらメールしてこいという金やん。

いつでも電話をかけ返してやると言う。

「その時は寂しさが消えちまう位に、お前を愛してるって伝えるよ。
だから、安心して甘えて来い」



や~~~ば~~~い~~~~~!!
これはやられた~~!!(>▽<)

まさかの金やんの甘い台詞!!

これは意外すぎてとんぴしゃ突き刺さったわ~♪
金やんありがとう!!
ゴチです!!



・東金千秋(谷山紀章)

プライベートビーチに主人公を誘う東金。(←これだから金持ちはって感じで会場笑い)

お前の水着姿を誰にも見せたくなかったからだって。

「来いよ、来いって」にクラクラ(><)


「お前は俺の腕の中だ、一晩中な」


あぁぁぁぁぁ!!
千秋さまぁぁぁぁ~~!!

もうダメだ、顔がにやけてしょうがなかったよぉぉぉ!!


あざ~~~っす~~!!




14「Clockwork Town」金澤紘人・吉羅暁彦(石川英郎・内田夕夜)

今回はこの大人チームどうしてくれるのかと思えば、なんとバラの花束を客席にサービスっ!!

1本1000円!?
ってお金の話はダメよん、英さんっ(わはは)

流石SSS席へのサービスは忘れてませんねぇ。
これだね。これ。





15「絶望の挽歌(エレジー)」冥加玲士(日野聡)

うわぁぁぁい!!
個人的にこの曲大好きソングなんでめちゃ嬉しかった~♪

真っ赤に染まった会場のライトがすごかったね~(^^)




16「PRELUDE -青月光-2014」月森蓮(谷山紀章)

月森のキャラソン1曲目の新録ヴァージョンお披露目~♪

ただね~ちょっと珍しいなぁと思ったんだけど、きーやんがちょっと音が取りにくそうだった。
私もこんな曲だったっけ?って最初思ったもんな。

CD聞いたらそうこれこれって思ったから。


サビ部分は全然問題なかったんだけどね。

室屋大先生の生演奏が流石すぎました~♪
本当贅沢だよねぇ、生オケでの生歌。

最高でした~!!




ED

モニターに映るスチルに感動させられた。

色々あった思い出を語る香穂子とリリ。


出会いは魔法のヴァイオリン。
コンクールで出会った大切な仲間。

文化祭での出来事。

スチルのみんなの笑顔が!!
ああぁぁ!!

香穂子の思い出は、私たちの思い出でもあるんだよ。


リリに感謝する香穂子は、この先も自分たちと同じように音楽に祝福された生徒たちがたくさん現れるんだろうねって、今度は3のスチル!!

流れが素晴らしい!!


リリはそんな生徒たちにもこれからも音楽の祝福を!!





アンコール
17「Andante」星奏学院オーケストラ部 (響也、律、大地、ハル)



ラストはやっぱりこれだよね~♪

この曲も好きだ~!!
なんか泣けるよな。


TVサイズでの歌。
音楽をバックに出演者皆さんの挨拶。

アンフィニに演奏者。
そしてキャストへ。



KENN 初参加でどうなるかと思ったけど皆さんに支えられて頑張れそうです。

ゆきさん 家族がどんどん増えて行くよ。

英さん 前夜祭入れて3日間嬉しい。昨年もやったけど、何回やっても嬉しいです。


ダイサク 初回という事であまり弾けられなかった。キャパあるから楽しみにしててください。


森田さん アドリブで岸尾さんが自分で止めたのが歴史的瞬間だった。
「沈まない夕陽」はブルース演歌と来たので次はポップで歌いたいと


朱ちゃん 言葉にならないそわぞわを感じてる。全力で楽しみましょう!!

水橋さん ブルーのライトが綺麗!!毎年夏(イベント)やりますか!!(←言ったもん勝ち)

夕夜 星奏学院マンです!!(胸の星奏マークを自慢)
ネオロマンスの世界におかえり!!「ただいま~!!」これが言えてうれしい。
前夜祭でカスカスになったけど、ここに来ると元気を貰えます。それをお返し出来たらと。

礼子 昨日眠れなかったそうで。でも、皆の笑顔を見たらほっとできました。
今日はぐっすり眠れそうです。


日野くん 天音学園近日発売です!!天音の人たち面白いです!!

きーやん この聖地と呼ばれているパシフィコの会場も、ネオロマンスの公演やってる時が一番楽しいと思ってると思います!!

イトケンさん 最近自転車乗っててすっかり痩せて締まった体になったイトケンさん。
きーやんってば痩せたねって、イトケンさんでいいんだよねって再確認!!(わはは)
やっぱりコルダはいいなって思えたと。


コニタン 前夜祭楽しかったです。ステージに立つとパワーもらえますね。

潤じゅん 星奏祭としては4年ぶり。その中で10年というのは自分たちの成長も含め皆さんの温かみを感じられた年月でもあったと。



最後結構グダグダトークになってましたね(^^;)

ま、初回ですし、これからって所で。


Feat天音学園は面白くなってるそうなので、めちゃ楽しみだ!!


で、ここで初紹介された次回コルダ学校別イベントのお知らせ。

2014年12月13日 Feat天音学園 14日 Feat星奏学院 パシフィコ横浜



今年はもう11月で上京も終わりだなぁと思ってたら、最後にまたぶっこまれてしまいました(><)
またも全通決定です。

ううう。
チケット争奪戦また戦いっすね・・・。






ラストは久遠さんご指名で、3Bコンビによる曲紹介。
でもまたためまくって早くしろって突っ込まれる始末(わはは)


18「Happy Time」


大合唱でのラストでしたね~!!

しかも途中で今までの学院祭やイベントの映像が盛り込まれてて、これは嬉しいやら泣けるやら。
懐かしかった~!!

あったあった、あんな事こんなことって感じで(^^)



EDナレーション 志水桂一・冬海笙子(福山潤・佐藤朱)

スローコンビのお二人、また会いましょう!!





で、すっかり溶け込んでるKENNの順応の速さにびっくり!!

しかも「Happy Time」ちゃんと笑顔で歌ってるし~♪
覚えてきてるのが偉いっ!!
流石~♪


1回目公演ってのもあるのか、やっぱみなさんスロースタートなんでおとなしめな印象だったかな。

それに場繋ぎの悪さが目立った感じで・・・。
それが気になった所。


選曲はちょっと懐かしい曲が多かったので、3から入った方はなんぞやっていう感じだったのではないかなぁとか。

でも、無印から繋がってるコルダだから大丈夫か。


私的にはもう愛のあいさつに持ってかれた感じの1回目公演だったかかと。






最後に今回のSS席の通し券の絵柄を取られた方にお借りして写メさせてもらいましたので、特典グッズと共に♪

SS通し券チケット SS通し券グッズ



やっぱ絵付きは華があっていいなぁ♪
グッズはステッカー!!
ちみキャラが可愛い♪


花9


最後に、会場内で異彩を放ってた素晴らしい出来のKENNくん宛てのスタンド!!

愛ですなぁ。




続きまして夜2公演目に!!








にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪




◆23土夜 2回目公演「未来へ続く音色」

◆24日昼 3回目公演「誰かを想い、奏でる音楽」

◆24日夜 4回目公演「絆と音色を紡ぐハーモニー」



送信確認・TB一覧は下のタイトルでリンクしております
     ↓

<トラックバック URL> http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ede22f013bce1769044f164fb6e2a9d1/ac



Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.