27400029 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

PR

プロフィール


なぎさ美緒

日記/記事の投稿

カテゴリ

徒然日記

(326)

イラスト

(43)

TVドラマ感想

(1730)

大河ドラマ

(348)

彗星のガルガンティア/オリジナルアニメ

(736)

俺の妹がこんなに可愛いわけ/ノベル原作

(464)

寄生獣/コミック原作

(659)

クロスアンジュ・VVV・SEED/サンライズ系

(82)

弱虫ペダルGRANDE ROAD・隠の王

(88)

黒子のバスケ・バクマン・聖闘士星矢Ω/ジャンプ系

(332)

うた☆プリ・金色のコルダ/乙女ゲーム

(180)

暁のヨナ・夏目友人帳・神はじ/白泉社 枠

(162)

蒼穹のファフナー/アニメイズム・MBS

(45)

サイコパス・四月は君の嘘/ノイタミナ枠

(252)

オオカミ少女と黒王子・ちはや/少女マンガ

(81)

戦国BASARA・ダンガンロンパ/ゲーム原作

(317)

Free!!・けいおん・クラナド/京アニ

(183)

黒執事・野崎・鋼の錬金術師/スクエニ系

(110)

宇宙兄弟・おおきく振りかぶって

(140)

進撃の巨人・獣神演武

(51)

ペルソナ4・ペルソナ-トリニティ・ソウル-

(52)

世界一初恋・純情ロマンチカ・BL関係

(137)

カーニヴァル・07-GHOST/一迅社 枠

(65)

まおゆう魔王勇者・狼と香辛料

(31)

とある科学の超電磁砲・とある魔術禁書目録

(43)

機動戦士ガンダムOO・AGE

(143)

アクエリオンEVOL・マクロス・F(フロンティア)

(90)

心霊探偵八雲・花咲ける青少年/NHK

(120)

DARKER THAN BLACK~黒の契約者・流星~

(44)

BLCD感想

(64)

コミックス感想

(15)

コードギアス~反逆のルルーシュ~・R2

(83)

さよなら絶望先生

(35)

ソウルイーター

(50)

彩雲国物語

(98)

D.Gray-man

(104)

ネオ アンジェリーク・恋する天使アンジェ

(39)

地球へ・・・

(50)

ドラゴノーツ ザ・レゾナンス

(24)

レンタルマギカ

(24)

素敵探偵☆ラビリンス

(25)

少年陰陽師

(39)

ヒロイック・エイジ

(27)

DEATH NOTE

(42)

天保異聞 妖奇士

(25)

舞台感想

(36)

宮野真守・声優・ネオロマ関係

(155)

FF7・クライシスコア・ゲーム

(67)

スポーツ

(20)

同人イベント関連

(14)

バトン・オススメ・kimeru

(37)

コメント新着

お気に入りブログ

今日読んだコミック… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

スター・ウォーズ … 千菊丸2151さん

【エール】第19週(10… ショコラ425さん

「劇場版 ヴァイオ… tama@sanukiさん

サイド自由欄

     ☆つぶやき☆ 
     ◆Twitter◆

*************

◆管理人へのメッセージ等は

こちらのメールフォームからどうぞ

*************

◆最新イベントレポ
「Free!」スペシャルトークイベント 昼の部
「Free!」スペシャルトークイベント 夜の部
「宮野真守LIVE TOUR 2014「WAKENING!」1
「宮野真守LIVE TOUR 2014「WAKENING!」2
「金色のコルダ」~星奏学院祭4~星奏23土昼
「金色のコルダ」~星奏学院祭4~天音23土夜
「金色のコルダ」~星奏学院祭4~至誠館24日昼
「金色のコルダ」~星奏学院祭4~神南24土夜
PSYCHO-PASSイベント「PSYCHO-FES(サイコフェス)」

*************

2013年冬(1月~3月期)ドラマ総評価
2012年夏(7月~9月期)アニメ総評価

*************

◆TB専用ブログ◆

◇TB黒衣の貴婦人の徒然日記

◆リンク集◆

朔夜の桜
マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
ドラマ@見取り八段・実0段
ティンカーベルをください
LIV-徒然なるままに
ミナモノカガミ
中濃甘口Second Dining
WONDER TIME
ふみまま日記
ジャスタウェイの日記☆
李羅の咲く庭で・・・
*Estrellita*
午後に嵐。
色・彩(いろ・いろ)
メガネ男子は別腹☆
Spare Time
坂の上の雲日記
深・翠蛇の沼
サラリーマン オタク日記
荒野の出来事
空想野郎の孤独語り
スターライト☆ステージ
麦子さんといっしょ
また奥深い名言が生まれちまったな・・・
「ミギーの右手」のアニメと映画
にばんぼし
壁紙ポケット
しあわせのマテリア
Garnet Clover~ガーネット・クローバー~
紅の終幕劇
aniパンダの部屋
のんたんのanime大好きブログ
こいさんのアニメーションレビュー
ゲーム漬け
明鏡止水
20代女子の携帯ゲーム機日誌

*************

ニューストピックス

フリーページ

アニメ感想部屋


◆機動戦士ガンダムSEED DESTINY


◆彩雲国物語


◆テニスの王子様


◆NIGHT HEAD GENESIS


◆D.Gray-man


◆少年陰陽師


◆コードギアス 反逆のルルーシュ


◆天保異聞 妖奇士


◆金色のコルダ


◆DEATH NOTE


◆桜蘭高校ホスト部


◆BLOOD +


◆恋する天使アンジェリーク心のめざめる時


◆京四郎と永遠の空


◆セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚


◆のだめカンタービレ


◆シャイニング・ティアーズ・X・ウインド


◆破天荒遊戯


◆あまつき


◆図書館戦争


◆西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~


◆薬師寺涼子の怪奇事件簿


ドラマ感想部屋


◆ ドラマ「のだめカンタービレ」


◆ドラマ「華麗なる一族」


◆ドラマ「山田太郎ものがたり」


◆ドラマ「花ざかりの君たちへ」


◆ドラマ「ホタルノヒカリ」


◆ドラマ「働きマン」


◆ドラマ「ガリレオ」


◆ドラマ「ハチミツとクローバー」


◆ドラマ「鹿男あをによし


イベントレポ


「少年陰陽師」『孫』感謝祭 其の1(昼)


「少年陰陽師」『孫』感謝祭 其の2(夜)


地球へ『テラズ TWENTY FOUR』イベント


テニスの王子様100曲マラソン


GO!GO! 5! FES ’08 in武道館


金色のコルダ「星奏学院祭2」1日目夜の部


金色のコルダ「星奏学院祭2」2日目夜の部


宮野真守ライブ「BREAKING !」大阪公演♪


Gフェスティバル2008 in大阪


ネオロマンス・ライブ2009 大阪♪


ネオロマンス15thアニバーサリー19日昼


ネオロマンス15thアニバーサリー19日夜


マクロス・クロスオーバーライブ


鋼の錬金術師FESTIVAL'09


宮野真守2ndライブ「SMILING!」


ガンダム00 Festival 2009-2010


戦国BASARA FES.2010 紅の陣


戦国BASARA FES.2010 蒼の陣


銀魂 春祭り2010(仮)


「金色のコルダ」星奏学院祭3~15日昼~


「金色のコルダ」星奏学院祭3~15日夜~


「金色のコルダ」星奏学院祭3~16日昼~


「金色のコルダ」星奏学院祭3~16日夜~


「裏切りは僕の名前を知っている」イベント


マクロスF「ギラギラサマーカーニバル♪」


「ガンダムOO」サポーターズ・ミーティングin大阪


ガンダムOO Suporter's Gathering


劇場版「ガンダムOO」舞台挨拶 梅田ピカデリー


宮野真守~WONDERING!~Zepp大阪


ネオロマンスフェスタ12 24日昼公演


宮野真守4thライブ~STANDING!~Zepp大阪


マクロスF「娘フェス」昼の部公演レポ


銀魂高校文化祭 in大阪


宮野真守SPECIAL LIVE2012「FIGHTING」


テイルズ オブ フェスティバル 2012 2日


舞台TIGER & BUNNY THE LIVE 千秋楽


劇場版 TIGER & BUNNY WORLD PREMIERE


宮野真守FCイベント VOL.1 Laugh & Peace


宮野真守 アコースティックライブin大阪


金色のコルダ Featuring 神南高校 昼公演


金色のコルダ Featuring 神南高校 夜公演


宮野真守5thライブ「BEGINNING!」NHKホール


宮野真守 BDライブ「アニバーサリーライブ REQUEST」


金色のコルダFeaturing4Schools星奏学院


金色のコルダFeaturing4Schools天音学園


金色のコルダFeaturing4Schools至誠館


金色のコルダFeaturing4Schools神南


宮野真守武道館SPECIAL LIVE2013 TRAVELING


うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE LIVE 3rd


宮野真守FCイベント VOL.2 Laugh & Peace


アドリブ2014タイツ 鈴村健一×宮野真守


「Free!」スペシャルトークイベント 昼の部


「Free!」スペシャルトークイベント 夜の部


宮野真守LIVE TOUR 2014「WAKENING!」1


宮野真守LIVE TOUR 2014「WAKENING!」2


金色のコルダ~星奏学院祭4~星奏23土昼


金色のコルダ~星奏学院祭4~天音23土夜


金色のコルダ~星奏学院祭4~至誠館24日昼


金色のコルダ~星奏学院祭4~神南24土夜


「PSYCHO-FES(サイコフェス) 」


イラスト部屋


3万HIT記念「BLOOD+」


「BLOOD+」最終回記念


5万HIT記念「彩雲国物語」


10万HIT記念「コードギアス」


「彩雲国物語」35話 イメージイラスト


15万HIT記念「金色のコルダ」


「少年陰陽師」最終回記念


20万HIT記念「地球へ・・・」


DARKER THAN BLACK~黒の契約者~


「おおきく振りかぶって」阿部×三橋


「地球へ・・・」9話イメージイラスト♪


30万HIT記念&ブルーお目覚め記念


「地球へ・・・」二期OPイメージイラスト


「地球へ・・・」ブルー追悼記念


「地球へ・・・」22話イメージイラスト


40万HIT記念&おお振り最終回記念絵


機動戦士ガンダム00放送開始記念絵


「D.Gray-man」ラビ×神田


50万打 FAINAL FANTASY 7「CRISIS CORE」


60万HIT記念「機動戦士ガンダムOO」


「狼と香辛料」ロレンス×ホロ


70万打・彩雲国物語最終回記念絵


「機動戦士ガンダムOO」1期 最終回記念


777777HIT記念「コードギアスR2」


90万HIT記念「マクロスF」


100万HIT記念「コードギアス」


「夏目友人帳」夏目×ニャンコ先生


「隠の王」宵風×壬晴


「マクロスF」最終回記念


「D.Gray-man」最終回記念


金色のコルダ2f 200万HIT記念


「戦国BASARA」伊達正宗×真田幸村


「黒執事」セバスチャン


しゅごキャラ!」イクト


300万HIT記念「鋼の錬金術師」


「花咲ける青少年」最終回記念♪


劇場版 銀魂「紅桜編」記念イラスト♪


宝塚舞台感想部屋


宝塚星組特別公演「龍星」


宝塚星組公演「ベルサイユのばら」


エリザベート「ガラコンサート」


ビューティフル・タカラヅカ


愛するには短すぎる・ネオ・ダンディズム


宝塚星組特別公演「ヘイズ・コード」


宝塚星組「さくら・シークレットハンター」


宝塚星組「エル・アルコン-鷹-/オルキス」


宝塚星組「スカーレット・ピンパーネル」


劇団四季感想部屋


「アイーダ」とイベント


東宝ミュージカル感想部屋


「モーツァルト!」


「レ・ミゼラブル」


ステキ頂き物の部屋


カレンダー

バックナンバー

2020/10
2020/09
2020/08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013/03/26
XML
カテゴリ:TVドラマ感想
6人の医師がこのセンターに集められた理由とは?






過去話が色々飛びすぎて、ちょっと話を整理してみるのもまとめるのも大変だったドラマだなぁ。






それにしても患者が元気すぎるだろオイっ(><)

お前ら全員驚異的回復力すぎだってぇの!!













突然目の前で倒れた鳴瀬。



苦しい息の元、鳴瀬は必死に卓巳に移植を成功させろと訴える。

この問題は卓巳だから解決できると・・・!!







一方、ついに母親を飛行機の中で見殺しにした医者を探し出した雪代。

それは高木の恩人の大森。



医者なのに大森は母を助けもせずに目の前で見ていただけなのか。


彼は日本では医者ではない。
医者として助けたかった。
でも、専門でもない、医療器具もない場所で治療をするのが怖かったという大森。


彼は日本でリスクの高い手術を請負い、失敗。
患者の家族に訴えられ、すべてを失ったという。


医者だけど、日本では医療行為を行うことが出来ない大森の微妙な立場。


「手を上げる勇気がなかった。それだけだよ」


そう自嘲気味に話す大森。

雪代は、医者になる時、母を見捨てた医者のようにはならないと誓ったという。


だが、患者に治らないと告げる時、母の命を見捨てたあの医者とどこが違うのかと思うことがあると・・・。




「聞けてよかったわ。

あなたは私の母を助けるか、葛藤した。
医者としての使命を 全うするか苦しんだ。

少なくともあなたは、まともな医者だった。

ホントによかった」



笑顔を見せる雪代に、大森は万感の思いで頭を下げるのだった-----。



そこへ入った連絡。


なんと鳴瀬が倒れたというのだ!!


すぐさま雪代と高木が駆けつけるも、腫瘍内出血で、なんとか頭の腫瘍をとることは出来たよう。
だが、意識が戻るかどうかが勝負になるという。



ようやく町田の移植の許可が下りたのに。

だが、その移植を町田自身が拒んでいる。


移植以外では町田を救うことは出来ないのに・・・。


町田と息子たちと話をするという卓巳。




なぜ今頃になって移植を拒否するのか?

真一は必死に説得を試みるも、父は頷かない。



卓巳は自分の置かれた状況を思い、思わず町田に、どれだけの覚悟を持って息子さんたちがドナーになったか分からないのかと説教をはじめたのだ!!


「こんなときまで町田 恭一郎にならなくていいんじゃないですか?

息子さんたちが助かってほしいのは、完璧な人間の町田 恭一郎なんかじゃない。

自分たちの、掛け替えのない父親なんです。

息子さんたちの思いを。
覚悟を無駄にしないであげてください」




真一もまた、息子を孫として可愛がってほしいと、家族の時間を取り戻したいと訴える。


「親父。
俺たちが助ける」




息子たちの力強い言葉に涙を流す町田。


町田は卓巳の手に触れ、「お願いします」と口を動かすのだった・・・。







そして始まる手術。

息子の頭を撫でて、おじいちゃんを助けてくるという真一。


卓巳たちにすべてを託す------!!






両ドナーの順番の肺の摘出。

町田の両肺の切除。


チームに分かれての共同手術。

これは時間とタイミング、そして高度な手術能力が必要。


高木、卓巳、歩美の連携。


順調に進む手術。




だがその時、鳴瀬がけいれんを起こしたとの報告が!!

歩美がそちらへ向かうことに。






町田の手術が終了。

最後の最後で、肺動脈のねじれが発見され、左肺が機能しなかったのだ!!


それは卓巳の提案で、なんとかクリア。

無事町田の手術は成功!!




そして、応急処置が早かった鳴瀬の方も、無事意識が戻ったようで・・・。


って、目を覚ましてすぐにそんなシャキシャキ会話できるんかって話(><)



町田にしても、元気すぎだって!!



孫と今度一緒に遊ぼうと約束する姿に、泣きそうになる真一。


「ようやく普通の家族になれそうです」

感謝して卓巳に頭を下げる真一だった。







そして、驚異的回復を見せる成瀬。



あの時、卓巳の移植に関わった事が正しかったか、今も答えが出ないという鳴瀬。

でも・・・。



「あなたたちなら向き合える。

全員、命を前に、究極の判断を迫られたことがある」




それがこの6人がセンターに集められた理由。





卓巳はずっと鳴瀬が父親だと思っていたよう。

それを聞き、面白いことを言いますねと笑う成瀬だった-------。







町田の手術の成功を信じてたという雪代。

高木は惚れ直したかとからかうも、惚れ直したのは自分の方。


大森も、そして自分も雪代の言葉で救われたから・・・。







一方、歩美の方は・・・あれから父に会いに行ったよう。

そこで桟原が遺言で父は本当は人を殺してないと遺していたという。


すべては桐野の研究が原因。


キメラ--------人間とマウスを掛け合わせた新しい生物を生み出そうとしていた桐野。

これでがん細胞増殖メカニズムの解明が可能になると。


しかもそれ、なんと歩美の細胞を使ったというのだ!!



それを止めようと、研究器具や装置を壊した父。

桐野はナイフを取り出してきた為、もみ合う間に、誤ってそれが桐野に刺さってしまったのだ!!




正当防衛だとなぜ話さなかったのか?

桐野はキメラの研究にのめりこみ(←まるでハガレンの世界だ)やるべき研究のデータを捏造していたというのだ!!


それを基にして論文を書いて、研究者としての評価をあげていた父は、殺人者の烙印より、研究者としての自分の存在を否定されることが耐えられなかったと・・・、。




ありえねぇ(><)

それで家族が後ろ指を指されてもいいってのか。

犯罪者になってでも研究者としての自分を守りたいって神経がもう分からん(><)



「だから研究者は嫌いだ」


それが歩美と父の決別。



・・・これはあまりにショボ結末だったなぁ。
設定だけが大きすぎて空回り印象。


これでは自殺した母と、いつか人を殺すのではないかと怯えていた歩美が可愛そうすぎるわ。


それでも彼女は医者として、これからも常に命を救う側でいようとするんだろうな。


ま、今は町医者の事がちょっと気になるようですが(^^)






そして、古牧に自分の父の真相を朋子の記事を見せて話す歩美。

これが本来の目的を失った研究者の顛末。



「自分が生まれたのは、亡くなった息子の代わりだと知ったら、一生苦しむことになる」


それでも聡史に会いたいという古牧。


だが、それで本当に聡史は喜ぶのか?



歩美は聡史の臍帯血を預かると言い出す。



「これからもカンファレンスで無駄な研究発表を聞かせてほしい」


それが歩美の願い。








センターに来てよかったと古牧に話す副島。


「医療には限界がある。

でも、そのシステムの枠を飛び越えれば救える命がある。
自分がすべきことが明確になりました」



ならば行動に移せばいいとアドバイスする古牧。





そして・・・。


なんと副島は突然挨拶もなしに辞職願を出したという。


細胞リプログラミングの研究発表で、医療ベンチャー企業が開発に成功したとの報道がなされ、研究所は大騒ぎに。



副島が古牧のデーターを盗んだ。


だが、古牧はそれを否定。


「私が彼に託したんだ。


私の使命は、実験を繰り返し、医療の可能性を探り、研究から臨床へとつなぐことだ。
彼につないだにすぎない」





・・・古牧はそれでいいんだね。

彼も立派な医者で、まともな研究者なんだ。



ま、相変わらず真希への説教は長いようですが(^^)









健に移植を薦める卓巳。

ドナーになると言い出したのは・・・なんと卓巳自身!!



だが、また卓巳を頼ることになると、それを渋る健。



「そのために私がいる」

そういった卓巳。



「でも、それが理由で、私があなたのドナーになるわけじゃないんです。

私がドナーになれば、あなたは助かる。

それが唯一の道だからです。

生まれてきた理由なんか、関係ない」





そう。
卓巳は--------斉藤夫婦の息子。

そして健の弟---------!!




だが、波多野の父から告げられた話はもっと重いものだった。




健は生まれてすぐに再生不良性貧血を発症。
骨髄移植しか助からない。


兄弟であれば型が一致する確立は4分の1.

そこで弟の卓巳がドナーになった。


だがその後、肝臓障害を起し、今度は肝臓移植が必要になったという。

だからまだ2歳半だった卓巳から肝臓を摘出したというのだ!!


その手術を受け持ったのが・・・波多野と鳴瀬だったと。




ではなぜ卓巳は波多野の子供として育てられたのか?


それは斉藤夫婦に頼まれたよう。

卓巳を手元に置けば、情が沸いて健への移植に踏み切れなくなるからと・・・。



「何より、生まれてきた真実を知らずに育ってほしいと言っていた。

健君が再生不良性貧血になったとき、お前はまだこの世にはいなかったんだ。

体外受精によって受精卵を複数つくり、健君のドナーにするために遺伝子操作を行って妊娠させる。


卓巳は健君の移植治療のためにつくられた子供だ。


お前は健君のドナーベビー。

世界で初めて生まれた、救世主兄弟なんだ」





これが斉藤夫婦の禁忌の研究成果か。

ひどい話。
人権もあったもんじゃない。



波多野の両親が愛情を持って育ててくれたことだけが救いだよなぁ。



人を作る。
それはもはや神の領域。

認められる行為ではないよなぁ。


よくゆがまないで育ったよなぁ、卓巳は(><)









そして今日もカンファレンスが始まる。


そこにもう副島の姿はない。


そこで卓巳が告げた最初の患者は-------斉藤健。




「大丈夫です。
あなたを死なせない。

主治医として、必ずあなたを助けますから--------」







◆続きはコメント欄にて




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪




第10話


9297 HIT/1/11





送信確認・TB一覧は下のタイトルでリンクしております
   ↓   

<TB URL> http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/8b1bce9b6d2a359244675ec28d321ec4/ac






最終更新日  2013/03/29 08:47:37 PM
コメント(7) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 ◆感想の続きです   なぎさ美緒 さん





あの日と同じ、手術室へ運ばれる卓巳と健。


そして手術室には今日も「ケ・セラ・セラ」の鼻歌が響くのだった---------。








纏まったっ(><)



どこで誰の話を挟もうかと、あらすじ構想も大変な作品だったわ。

後半は特に過去編が長かったし。




本編が割りと会話劇的なカンファレンスが面白かったし、どういう治療法か分からなくても、あらゆる分野の応用で、最先端医療を駆使してるのはよく伝わったと思う。

患者も助かるだけでなく、亡くなり方も次につながるものだったのでよかっただけに、過去編の入れ方だけが気になったかなぁ。



最初はへぇと面白い構図だったんだけど、それがあまりに多すぎなのと、6人分やろうとするから尺がいるわけで・・・。



いっそ過去編ってまとめて、今回は誰の持ち回とかってやり方でもよかったのではないのかしら?



全部をちょっとずつでは、一度に覚えておくのは無理(><)

見てるはずなんだけど、流し見になっちゃってた過去編だったよ。



で、蓋を開ければ、結構タブーで重い設定だし。

これを1話で見せてしまうのはちょっと設定のわりに軽く見えてしまって勿体無かったなぁ。





6人が主役のドラマ。

個性的なキャラばっかだったので、逆に中和剤的存在だった相葉ちゃんは、押しが強くない分、見易さはあったね。

過去編が暗かったのでギャップもよかったし。







続きも出来そうな終わり方だったし、またSPとかで見てみたい。
(2013/03/27 12:28:29 AM)

 Re:ドラマ「ラストホープ」 第11話(最終回) あらすじ感想「大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択」(03/26)   みのむし さん
それぞれの過去話が本当につなげていくのが
大変でしたね。
でもそれがちゃんとつながった時の
達成感っていうか。
おお~。こういうことなのか。っていうのは
最後の最後で楽しかったです。
見ててよかったなって思いました。
高木と荻原の話は最後まで引っ張る必要は
あんまりなかったですよね(^_^;)
ラスト卓巳の自分の出生の秘密を知った時の
ショックが、その他もろもろが片付いてなかったせいで
あっさりと受け流されちゃったのがちょっと
残念でした。
(2013/04/01 05:37:55 PM)

 みのむしさん   なぎさ美緒 さん
こんにちわ!!

>それぞれの過去話が本当につなげていくのが大変でしたね。

いやぁ、めまぐるしかった(><)というのが一番の本音です。
レビューが後半になるにつれ、どんどん大変になってきましたもん。

>でもそれがちゃんとつながった時の達成感っていうか。
>おお~。こういうことなのか。っていうのは
>最後の最後で楽しかったです。

確かにそれはありましたけど、正直詳細まで覚えてる自信がないです(^^;)

>高木と荻原の話は最後まで引っ張る必要はあんまりなかったですよね(^_^;)

それはありましたね。
あの奥さんを安楽死させた時点で彼の罪はすでにわかってたわけですし。

>ラスト卓巳の自分の出生の秘密を知った時のショックが、その他もろもろが片付いてなかったせいで、あっさりと受け流されちゃったのがちょっと残念でした。

というより、あまりに大掛かりな設定で現実味がないっていうのもあるんでしょうね。
ちょっと詰め込みすぎの最終回でしたし。

また続きが出来そうな内容でしたし、スペシャルとかあるかもしれませんね。
今度は最先端医療の、ラストポープな所だけ見せてもらいたいものです。 (2013/04/02 09:15:50 AM)

 Re:◆感想の続きです(03/26)   一言言わせて下さい さん
只々、空恐ろしく気持ちの悪いドラマでした。
しつこいくらいの近過去にもウンザリ。後味が最高に悪い
ドラマで、私の中では記憶にも留めたくないドラマです。
相葉ちゃんも相変わらずのド下手演技で、六人の群像劇
だったからまだしも、主役が引っ張るドラマだったら、
非難轟々の酷い演技でした。ホント最悪。 (2013/04/02 04:27:53 PM)

 一言言わせて下さいさん   なぎさ美緒 さん
>只々、空恐ろしく気持ちの悪いドラマでした。
>しつこいくらいの近過去にもウンザリ。後味が最高に悪い
>ドラマで、私の中では記憶にも留めたくないドラマです。

そうなんですね。
まぁ、過去編がかなり後半尺を取りすぎている感はいなめませんでしたので、最先端医療をメインにもう少し見せてもらいたかったとは私も思います。

>相葉ちゃんも相変わらずのド下手演技で、六人の群像劇
>だったからまだしも、主役が引っ張るドラマだったら、
>非難轟々の酷い演技でした。ホント最悪。

他のメンバーが濃い方ばかりでしたから、逆に相葉ちゃんが中和剤的存在には見えました。
キャストも難しいですね。 (2013/04/03 01:37:20 AM)

 Re:◆感想の続きです(03/26)   甲斐犬とラブラドール さん
なぎさ美緒さん、はじめまして!
そしてサマリーと美緒さんの感想をいっしょに残しておいてくださってホントにありがとう!
この時、テレビを見れる余裕が無かったことと、
ZAQだかJ-COMでまるで人為的にボケてる吉本番組、吉本ニュースしか映らない状態でこんな番組が放映されてることすら知る機会さえ無かった時!
まさに・・我が家ではこの最先端医療とやらの餌食になってる国立病院での裏側とやらを患者側の立場と上の弟が居たり、
昭和期の医者一家(といっても・・大病院ではなく、家族でやってる町医者なんですが・・苦笑)だったからこそと
「白い巨塔」のモデルになった阪大第一外科の歴史を
実際に知ってる人たちから見聞きしたこととで・・
このラストホープの発表が相当な圧力があって・・??
というよりも・・通常なら田宮次郎と同じで
暗殺されていてもおかしくない医薬業業界の暗闇の暴露ものですよね!

で・・わたしも美緒さんに賛成!
>6人一度にシナリオしてしまわないで
今回は誰、次は誰というように・・一人ひとりシリーズ者にすればよかったのに!・・って・・

ただね!少し、身近にこういうタブーを堂々とすすめている勢力ってね、阪神大震災と911テロ以降は、
国際的な独裁者状態に思える・・
その中で!この暴露ドラマが日本で放映された経緯には
多くの人たちの命(nor戸籍?)と交換の結果ではないだろうか??ってね・・
それほど・・今の若い人たちには見えにくい表面的な偽善社会で、大変な出来事に思う・・
野田政権だったから?可能だったのだろうか??・・・???
ってね!本当に、驚いてる次第です・・
ただ・・美緒さんのHPでこのシリーズにアクセスするのにとても苦労したこと・・圧力?かなり・・net的に監視されてる状態じゃないのかなぁ・・??(反対に私の方のアクセスが制限されてるだけかもしれないけれど・・笑)
どうして・・一人ひとりのシリーズにできなかったかというと・・
これっきりだという約束で放映されたから・・??
去年、今年にかけ、多くの芸能界での真実を伝えようとしてきた俳優、歌舞伎役者さんたちが亡くなってる・・・

もう少し、このドラマを見るチャンスを壊されていた私はなおのこと!
このラスト・ホープの題名を強く刻みたいと思う・・
ラストにしてはいけない!
夢なんていかさまの裏にどんな悲惨で卑劣なことがあるのか、を訴え続けて生きたいと思う・・
宝塚は夢を売る商売だとすると・・
この急逝した役者さんたちは希望を伝える仕事をしてきた人たちだったのを思う・・・
希望にラストが合ってはいけない・・
夢を現実にしてはいけない!
という信念の元に・・・
美緒さん、ほんとうにありがとう・・
たのHPでの同じあらすじでは作者の本旨が出ていない・・
(2013/04/27 10:02:26 AM)

 甲斐犬とラブラドール さん   なぎさ美緒 さん
はじめましてこんばんわ。
コメントありがとうございました。

最初は普通の医療ドラマなのかなぁと思いながら見ていたら、扱っている題材がものすごく重くて、カンファレンスとのギャップに驚きました。

会話劇でもあったので、カンファの時の医者たちの姿は割りとギャグを交えて、最先端医療の話をしていたのに、過去編ではその最先端医療のせいでタブーやモラル的に問題があるようなものが多々出てきて・・・。

このドラマの言いたかったこと何なのか?

ラストホープの重さ。
それをしっかり考えなければならないですね。

医者をされているご家族なのですね。
現場はもっと大変かと思います。
頑張ってくださいませ。

カキコありがとうございました。 (2013/04/28 12:28:37 AM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.