122808 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

女性だけのLOHAS CLUB B-line新潟

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

EBIZO物語 アメリカ… EBIZOSさん
Dual Life ~ 行き来… 野見山 文宏さん
リブウエルインステ… リブウエルさん

コメント新着

マイコ3703@ 思わず初コメしちゃいました(*^^*) 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
プラダ 店舗@ mzbhclplrun@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
ササキコジロウ@ 参院選で不正選挙が行われます。 参院選で不正選挙が行われます。 もう当選…
gear2525@ お誕生日おめでとうございます!! お渡しそびれましたが、gearの生徒さんか…
いくみ@ Re:ヨガ戦士(04/16) おはようございます!今日札幌にいらっし…

フリーページ

ニューストピックス

プロフィール


blineniigata

カレンダー

楽天カード

2013年06月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
キャニオン.jpg

NHKニュースでの情報。
米西部の巨大な峡谷、グランドキャニオンで23日、曲芸師の男性が、高さ約460メートルの地点に渡した長さ約380メートルのワイヤの綱渡りに成功した。命綱は使わなかった。この男性は7世代にわたって曲芸師をしている家系のニック・ワレンダさん(34)。この日は横風が強かったが、ワレンダさんは長い棒でバランスを取り、AP通信によると、直径わずか5センチのワイヤを約22分で渡りきった。
ここまでが共同通信の記事ですが問題はその後のワレンダさんのコメント。
気になるのはどうやってバランスを取ったか。ヨギンの皆さんが気になるところ。
「体全体を使って、リズムをとって渡った」。
人生の綱渡りも一緒。体全体を使って流れに脈動を感じながら渡る時、必ずゴールは訪れます。
リズムを感じる感性を磨くことが肝心なのではないのでしょうか。






最終更新日  2013年06月24日 20時00分45秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.