000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blissful Days

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

カテゴリ未分類

February 10, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私はマカロンが大好き。
今年のバレンタインはチョコの代わりにマカロンを贈ってあげようかと思っている。

個人的に一番好きなのは、ピエール・エルメのマカロン。
でも、私が知らないだけで、
他にもっともっと美味しいお店があるかも?と思って調べてみたら
こんなサイトを見つけた。↓
http://www.h7.dion.ne.jp/~vieniqua/macaron_map.htm

まぁ、世の中にはずいぶんと熱心というか
マニアックというか、極めちゃってる人がいるもんだぁと関心…。

ちなみに、雨宮塔子さんの旦那さんとして名高いパリのパティシエ、
サダハル・アオキのお店(有楽町にある)のマカロンは微妙でした…。

みなさんも、美味しいマカロンをお試しあれ。






Last updated  February 10, 2006 02:48:41 PM
コメント(82) | コメントを書く


February 1, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本投信から出ている 「コモディティ・インデックスオープン」という
投資信託の商品を見つけた。

既に大和投資信託から 「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド」という商品が
一昨年の12月から出ています。
新聞で広告を見つけた時、当然私は 「うぉー、絶対に買いたい!」と思ったのですが、
パンフレットをよく見たら、なんと最小申込単位が5,000,000円・・・。
ちょっと・・・、いや、かなり高額で手が届きませんでした(汗)。

でも、今年、日本投信の「コモディティ・インデックスオープン」は、
一口1円で、買付単位が1万口から1万口単位で買えるとのこと。
つまり1万円からコモディティ効率良く分散投資できるのです。

住信アセットマネジメントという会社からも
同様に「住信・コモディティオープン」という商品が出ており、
こちらも1万口以上1000口単位買えますが、
ただ、投資分散の基にすると謳っている
「AIGコモディティ・インデックスの構成品目・基本構成比率」 が
2005年の状態のまんまだったので、ちょっと 「ん?」 と考えてしまいました。
やはり、効率の良い成果をあげる花形銘柄は毎年違うので・・・。

今のところ、「コモディティ・インデックスオープン」を販売しているのが
E*トレード証券しか見当たらないので、
今日は早速そこに口座開設の申込みをしてみました。
運用結果が楽しみです。






Last updated  February 1, 2006 07:48:49 PM
コメント(1) | コメントを書く
January 13, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
貴金属は年末に下がった分を年初に取り返し、高い水準にあります。
これは、世界に有り余った資金が、米国債や米国の株式、米国における企業投資等ドル建ての投資に向かうか、欧州に向かうか、あるいは商品投資をするか等と迷ったあげく、セーフへブンとしての金を買う動きとなっていることが原因です。中東ではイスラエル首相の病気で和平交渉が頓挫し、イラクは未だにテロが発生して米国にとってベトナム化しようとしており、米国の貿易赤字は増え続けるなど、ドルに対する不信が円高、金高の動きになっています。金は現在550ドル弱ですが、いずれ600ドルになると多くの欧米アナリストが唱えています。金の値上がりに伴って、白金特にパラジウムは昨年から高騰しており、昨年10月以来では最大の値上がりをしています。これら白金族金属は自動車触媒需要が4割あり、中国やインド、ブラジル等で増産されている自動車が、ようやく政府の環境規制により触媒を装着しなければならなくなってきました。触媒は白金族金属以外の代替品が長年の研究にもかかわらず発見されていないので、プラチナやパラジウムの価格が急落することはないでしょう。ただ、ファンドの買い建ては原油や穀物はフラットになっていますが、貴金属のみが買い建てがふくらんでいるため、年末に起こったようなクラッシュが無いとは言えません。なぜなら、貴金属の値上がりは多分に気分によるものだからです。

原油は64ドル前後で一休みとなっています。
1月3日現在のファンドの建て玉もほとんどスクウェア(売り買い同枚数)で、方向性はないように見えます。これは米国北東部の天候が例年より暖かく、暖房用の石油需要が昨年より19%ほど落ちていることが原因と思われます。その反対に日本では記録的な寒波により、灯油が不足気味です。石油精製メーカーはこの1週間で約82万キロリットルとほとんどフル生産していますが、たまたまお正月のあった週の出荷は68万2079キロリットルと少なかったのですが、通常なら需要は週に110万キロリットル前後なので、その差の30万~35万キロリットルが毎週足りないことになります。在庫は350万キロリットルとなっており、約10週間分になります。天候の回復が無い限り、灯油はじわじわと足りない状況が続きます。石油は連産品なので灯油ばかり作るわけには行かず、ガソリンその他も出来てしまいます。だからガソリン価格はそれほど上がらないでしょう。






Last updated  January 13, 2006 09:55:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 12, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は親会社のリテール営業の人から突然飲み会に誘われた。

なんでも前年の目標達成率がとんでもなく良い数字だったらしく
「一人1万円の予算で5人で好きに飲み食いして来て良いぞ」と
役員(会計監査も担当)に言われたらしい。

なんで私も一緒?
私、去年いなかったし、売り上げUPに微塵も貢献してないよ?と思ったが、
リテール営業の一人が風邪で熱をだしてこられないので
変わりに 遅くまで飲んでもオッケーな一人暮らしの私を誘ったとのこと。

行ったお店は会社近くすごーく小さい家族経営的なお店。
でも、料理はすんごく美味いうえに超豪華だった。
特にお刺身が絶品。
シマ鯵も甘みがあって美味しいし、伊勢海老のお造りもプリプリ!鮑の肝も美味しかった。
煮物のブリ大根も味が染みててサイコー。
こんなに美味しい夕食がタダで食べられるなんて超幸せ。

さて、一緒に行ったメンバーは若いながらも弁が立つタイプが多いので、
店に居る間は料理を堪能しながらも、話題が途切れることなく、
ずーーーーーーーっと毒舌マシンガントーク炸裂。

F社は全員が転職組で、
会社に飼い馴らされてしまっているといったタイプが一人もいない。
そして全員キャラが濃い。

裏表がないキャラなのはとても良いことなのだが、
しかし、あまりの強烈さに圧倒された…。
わずか5人で記録的な売り上げを出す理由もわかるような気がした。

それにしても、こういう敵に回したら手強そうな人達に
お目をかけていただけて良かった…。

今日はそんな感じ。







Last updated  January 13, 2006 09:44:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 11, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、毎日がテンテコ舞い。
法務・経理・総務・マーケティング・システム管理・顧客対応・社長のスケジュール調整等々、
本業のアナリスト業務以外の雑多な業務が想像以上に多い。
会社を立ち上げるってこういうことなのか、とシミジミ思う。

社長は とても含蓄が深い上に先見の明もあるビジョナリー。
会社には欠かせない人物ではあるのだが、
しかし、業務追行能力に欠けるの彼のが欠点である。

面倒なことは、「後、お願い。」の一言でオシマイ。
いや、面倒じゃないことも「後、お願い。」

あのね、私の体は一つしかありませんからっ!
キャパ超えちゃいますよ。
あぁ、超優秀な新人さんが来てくれないかなぁ。。。

でも、そのためには早く安定的な売り上げ確保しなければ。
金曜日は親会社のメルマガで ウチの会社の無料サービス期間開始の告知を流してくれるとのこと。
週明けには問い合わせがたくさん来ると良いな。
よし、頑張ろうっ!






Last updated  January 13, 2006 09:08:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 6, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
5日のシカゴ大豆は急反落。
年初来安値を更新した。原油・貴金属の下落やドル高が圧迫要因となったもよう。ファンドが15,000枚近く買い越しになっているとみられるが、3月限が6ドルの節目を割り込むとファンドの手仕舞い売りが進みそうだ。
6日の東京一般大豆は各限月とも小幅な値動き。
3連休を控え 新規買いは仕掛けにくく、買い戻しの動きに支援されたもよう。今後39,500円を上抜けると、12月限として一代高値を更新することになり、8、10月限でも買い戻しの動きが強まる可能性がある。

5日のシカゴコーンは総じて続落。
新規材料に欠けるなか、大豆や小麦の下落を嫌気した投機筋の売りやファンド筋のテクニカル売りが優勢になり、100日移動平均を下回って年初来安値を更新した。原油・貴金属の下落やドル高も圧迫要因となった。
6日東京トウモロコシは各限月とも小幅な値動き。
1月先限は一時16,890円まで軟化したが、引けでは17,000円台を維持した。4日と5日の高値17,350円(一代の高値)が目先の抵抗線とみられているが、来週17,350円を上抜くようであれば、一気に18,000円を目指す展開となることも否定できない。


5日のニューヨーク粗糖は期近を除き続伸。
全限月が一代高値を更新した。しかし、思われたほど買いが続かなかったことから、業者筋の利食い売りやファンド勢の手じまい売りに押される格好となった。
6日の東京粗糖は軟弱な値動き。
期近が比較的大きく下落し、期中限月も軟弱な商状で取引を終えた。ただし期先は下げ渋る展開となった上、先限は小幅ではあったものの高値引けした。
基本的にまだ上げトレンドを維持しているものと見られるが、全限ともに4万円の大台をあっという間に突破し、記録的な高値圏に達したことから、マーケットに警戒感が出始めている。

5日のニューヨークコーヒー相場は全限が6セント超の急上昇となり、
長期限月である07年9、12月限の2本が一代の高値を更新した。
6日の東京アラビカは、値幅制限が解除されている当限が1000円近い急騰となり、それ以外の限月は、寄り付きから大引けまでストップ高に張り付きどおしだった。
上昇要因は見当たらないものの、ここ最近、ロブスタの上昇が鮮明となっていたことから、出遅れていたアラビカが連動高に至ったものと見られる。また石油や貴金属など、主力銘柄の先行きに不透明感が濃くなっていることから、いったんそれらの商品を手仕舞いして、コーヒーに資金をシフトさせる動きが強まってきたことも上昇を誘ったものと見られる。






Last updated  January 6, 2006 05:39:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 4, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しい会社を移って2週間が過ぎた。

ジョイントベンチャーとして作った会社なので
本当は私と上司は別会社に区分されるのだが、
フロアーのレイアウト変更の最中らしく、
しばらくは親会社の大部屋の一部を間借りすることになった。

みんな最初は異色の私たちをモノ珍しげに見るのだろうか?なんて思ったが、
もともと社員の入れ替わりが激しい会社らしく、
新しく入った人など誰も気に留めていない様子。
普通に考えれば当たり前なのだけど、
「私は私」 「仕事は仕事」 って感じ。
そんなわけで、鬱陶しい女同士の井戸端会議もめったにない。 ありがたや。

さて、今までの会社と一番違う点は、
やたらエラそうにふんぞり返って威張り散らしているオヤジが一人もいないこと。
しかも新人・ベテラン問わず どんどん各社員に裁量が任せられており、
トップは何かあったら責任を取るだけという構図になっている。
傍で観ていても、それぞれの臨機応変な意思決定はさすがだなと思う。

以前、上司が言っていたが、
「課長クラスになったら、もう ドンドン下に任せてしまった方がいい。
人に任せるは とても勇気がいる。
イライラすることも多いし、自分でやってしまった方が早いこともあるんだけど、
でも、それじゃ、いつまでたっても部下は育たない。
部下だって 面白くない仕事ばかり押し付けられていたらやる気がなくなってしまう。
目標の数字を上げることだけが仕事じゃない。
上司の本当の仕事は、部下を稼ぎ頭に育てることと
もし、彼らが失敗したら尻を拭ってあげること、この2つだけ。」

という言葉の意味が、この会社に来てようやくわかった。

オフィスもオシャレで、流行のドラマなんかに出てきそうな感じ。
「思う存分仕事しておくれ」 といった環境で、もう 喜ばしい限り。

なんだか、北朝鮮を脱北して アメリカに来てしまった感じ。






Last updated  January 5, 2006 06:52:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 8, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
2006年の手帳を買った。

仕事柄、あんまり外出することもなく、
一日中パソコンに向かっていることが多かったため、
今まで予定は卓上カレンダーに書き込んでおけばそれで十分だった。
( 上司には 「もっとガンガン取材に行きなさい」 と言われているが・・・。)

が、(1)最近、人に会う機会や打合せがやたら増え、
  (2)毎週末のように友達からの遊びの誘いが入り、
  (3)些細な思いつきを覚えておく記憶力が低下してきたため、
さすがに頭の中がゴチャゴチャになってきたので やっぱり買うことにした。

今日買ったものは 日本能率協会と日経WOMANが共同開発したものらしい。
( 別に日経WOMANの読者ではないのだが・・・ )

月割の見開きと 週割の見開きが両方載っており、
週割のページを開くと 一日の予定は タテの時系列(22:00まで)で確認でき、
しかも2列になっているので、仕事とプライベートが分けて記入できる。
他にはカード型地下鉄路線図、紐しおり、カードポケット、別冊式アドレス帳、
スケジュールシール、ペンホルダーも付いている。
タテ・ヨコの大きさも厚さも まるで文庫本のようで、手に収まりやすい。
品番2022、なかなかスバラシイ。

ちなみに、
中学生の頃、学校指定の日記帳でその日の出来事を書かされていた。
一日サボると 男女問わず 竹刀でお尻を バシッ!! と一発叩かれた。
尾てい骨が砕けるかと思うぐらい痛かった・・・。

で、この日記帳には その日の行動を24時間の時系列で書き込む欄があり、
自主勉強した時間は 蛍光ペンで塗る ということになっていた。
これを1週間後に見直してみると、
案外、自分は自主勉強に費やしている時間が少ないんだなぁ・・・ということに気付く。
週末、シブシブながらも 「ちょっとは勉強するか・・・」 という気になるものだった。
今にして思えば、あの日記帳はなかなか良いものだったと思う。

せっかく時系列が書き込める手帳を買ったことだし、
また あの頃みたいに、読書したり勉強したりした時間は蛍光ペンを塗って
自分を律してみようかな、と思う。






Last updated  December 9, 2005 04:23:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 5, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は新しい会社のHP制作会議だった。

コンテンツに大きな変更がないのであれば
なんと最速で2週間で作ってくれるとのこと。
しかもお値段はたったの50万円弱。
早いうえに安いなんて 感謝感激。

デザイナーさんも、「打てば響く」という感じの方々だし。
出来上がりが楽しみだ。
上手い具合に良いスタートが切れそう。

会社登記に必要なお役所回りは社長に任せたことだし、
私は今週中に法人営業用に使う会社パンフレットと
営業資料の中身を作成しなくては。

なんかワクワクして来た。
自分の活躍の舞台を 自分で作り上げていくのって やっぱり楽しい。

今日はそんな感じ。
(なんか、今日は文章が稚拙でスミマセン・・・。)






Last updated  December 5, 2005 07:24:15 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 2, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は久々に銀座で合コンだった。

と言っても、私は既に相方がいるし、お酒もあんまり飲めないので、
今回はもっぱら 友達と同僚の世話係 (・・・をしていたつもり)。

幹事の男の子は私の友達で、
元々は 私が昔アルバイトしていたお店のお客さんだった人。
雨上がり決死隊の宮迫さんに似ていて ちょっとカッコいい29歳。
彼は 東京医科歯科大学を卒業したのに、
今は なぜか 某メーカーでサラリーマンをしている。
気さくな性格だし、頭の回転が速くて 会話も弾むので
飲みの席にいると とっても重宝する人だ。

一緒に来た彼の友達 (というか同僚+取引先の人) もすんごく良い人で、
初対面とは思えないほど打ち解けていた。
みんな3時間半ずっと しゃべりっぱなしで、
よく話題が尽きないなーって思ったほど。
もう、久々にお腹の皮がよじれるぐらい大笑いをした。
いやはや、すごく楽しい飲み会だった。

彼は私と同じ駅に住んでいるので、
帰りの電車の中で、次はどこに遊びに行こうか?
なんて話をしながら帰った。

恋愛感情抜きにして 色んなこと言い合える男友達ってやっぱり大事。
この関係をずっとずっと大事にしていきたいな、と思う。

今日はそんな感じ。






Last updated  December 5, 2005 07:21:33 PM
コメント(1) | コメントを書く

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.