046852 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

旅ログ

2010.03.04
XML
テーマ:ニュース(78322)
カテゴリ:時事
どうしたら、こんなウソが平気で書けるんでしょうか。
社説子は理性を失っているようですね。

朝鮮学校無償化 日本で生きるために


 確かに北朝鮮は独裁国家だが、在日朝鮮人の子どもたちはまったく別の社会で生きている。朝鮮籍を理由に教育の機会を制限すれば差別を助長するだけだ。


はい、嘘です。

日本の、公立高校に、国籍による差別はありません。

あるのは、「日本の教育課程、それに準ずる教育課程がある中学校を卒業しているかどうか」です。

ですから、朝鮮籍の子供であっても、日本の教育課程を持った高校に入学していれば、実質無償化は受けられます。

国籍による差別は全くありません。

今回の実質無償化でポイントとなるのは、教育機関が申請して代理受領する、という点です。

世帯の受給権を学校設置者が代理行使するのですが、これは学校に請求権がある授業料という債権を行使するわけで、結局は国からの支出を受けることにかわりはありません。

そして、憲法89条に「公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」とあります。

公の支配とは、学校教育においては、認可された学校教育を行っている学校は、「公の支配」にあります。

憲法上、日本国政府が、公の支配に属さない「民族学校」に影響力を行使できないように、憲法89条があります。

これは、公金の支出が、中日新聞が「日本政府もこうした実情を調査したらいい」と書くように「民族教育に日本政府が影響力をもたらす効果」を及ぼすからです。

日本国民の税金を使う以上、公金の支出は厳しく監視する必要があり、無駄遣いもなくすべきです。

したがって、民族学校が公金の支出を受けるということは、日本政府から有形無形の影響を受けるということになります。

民族学校は、民族としての誇りと伝統を守る目的であるはずであり、代理受領できないことをもって、「差別だ」と主張するのはおかしなことです。

中日新聞は、憲法に違反するようなことをすべきだと堂々を主張するなど、理性を失っているとしか思えません。

主張するのであれば、憲法改正すべき、と言うべきでしょう。






最終更新日  2010.03.04 11:24:11
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:全く間違っている中日新聞の社説(03/04)   美加。 さん
おつかれさまです。

全くおかしなことです。

反対意見(懸念)を表明しているのは、大阪の橋下知事と、産経新聞だけで、残りは政党も、新聞(沖縄も朝日も毎日も・・・)も

「差別はよくない。教育の機会均等の精神に反する」

だのと言っています。

日本の公立学校に彼らを入れずに拒絶しているならともかく、自らの意志で日本のカリキュラムに即さない自分たちの教育をしているのに、なぜそこまで日本が面倒みないといけないのでしょうか?

日本の新聞社、政党の”人権”病は異常です。

いや、彼ら自身も”人権”という名の利権に手を貸していることは十分承知なのでしょうが、あまりにも日本の現状は、彼らに握られすぎていて哀しくなります。
(2010.03.04 14:42:16)

Re:全く間違っている中日新聞の社説(03/04)   戦後女 さん
人権無視する北朝鮮に税金を援助することはない拉致問題を解決してくれ。北朝鮮の国民の人権無視している。日本国民の税金です。 (2010.03.04 15:36:00)

PR

カレンダー

プロフィール


JunK4450

コメント新着

美加。@ ですよね~。 誰も責任取らない、ダブルスタンダードが…
戦後女@ Re:全く間違っている中日新聞の社説(03/04) 人権無視する北朝鮮に税金を援助すること…
美加。@ Re:全く間違っている中日新聞の社説(03/04) おつかれさまです。 全くおかしなこと…
美加。@ そんなことになったら  本当の恐怖政治の始まりになりますね・…
JunK4450@ 典型的な小沢民主党信者 山下さん コメントありがとうございます…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

マイルチャンピオン… ひばりこさん

・長期政権のやりた… あならいずぁさん

*法螺の部屋* みか0101さん
HANNAのファン… yhannaさん
部長のブログ 投資部長さん

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.