179737 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

バンドエイド

PR

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

ランキング市場

2006.12.17
XML
テーマ:ニュース(70212)

たまたま仕事が休みで朝のワイドショーを見ていたとき


トランスファットについての特集をしていました。


トランスファットとは、トランス脂肪酸のことです。


これが今、問題視されているという内容でした。


何が問題かというと・・・・・・


過剰に摂取すると、LDLコレステロール上昇作用などによる心臓疾患リスクの増加、


特定の癌のリスクの増加などにつながるとされています。


ニューヨークでは、トランスファットを含有する食品での表示が


このほど義務付けられました。











では、一体どのような食品に含まれているのかと言うと・・・・


硬化油を使った食品


(マーガリン、ショートニングを使った菓子類、業務用揚げ油など)と、


乳製品・食肉製品など。



かなりいろんなものに含まれていることになります。


WHO(世界保健機構)によると


1日に摂取してもいいトランスファットは日本人の場合2.2g未満だそうです。











ところが、マーガリン類のトランス脂肪酸含量(%)を見てみると


コーンソフト 11.4
コーンソフト NON-GMO 11.4
コーンソフトバターの風味 10.8
ケーキ用マーガリン 10.9
カスタードスプレッド 10.3
ガーリックマーガリン 10.4
はちみつ&ソフトバター 10.6
ファット
 スプレッド コーンソフトハーフ 4.0
NEWソフト 6.1
クリームブレンド 7.0
べに花ソフト 6.3


朝、トーストにマーガリンをつけて、お昼にフライドポテト(S)を食べると


トランスファットの1日の摂取量を余裕でオーバーしてしまうことになります。


これを続けると、心臓疾患や癌を引き起こすということになるのです。


大手ファーストフードでは、一斉にトランスファット対策を実施していますが


日本では、まだまだ規制がないため


どの食品にトランスファットが含まれているかわからず、


私たち消費者は安心して安全な食品を口にすることができない状況です。


早く、日本でも表示義務(できれば利用規制)を行っていただきたいものです。


トランスファットフリーの安全な油




トランスファットフリーのショートニング



トランスファットフリーのエクストラバージンオリーブオイル(最強)




トランスファットフリーのマーガリン








最終更新日  2008.01.27 12:09:09
コメント(8) | コメントを書く
[病気・医療・妊娠・出産] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.