4557312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2013年12月23日
XML
カテゴリ:動画紹介
It’s Christmas Time~クリスマスソング集(その9)


 調子に乗ってもう一つ、誰も振り向かなさそうな(?)クリスマスを題材にした曲を行ってみたいと思います(笑)。“酔いどれ詩人”として知られるトム・ウェイツ(Tom Waits)の1978年のアルバム『ブルー・ヴァレンタイン』所収のナンバーです。


 



 得意な楽器は“語彙(ボキャブラリー)”と自分で言っているだけあって、トム・ウェイツの本領発揮の場面の一つはライヴです。「きよしこの夜(Silent Night)」をイントロにして、この「ミネアポリスの女からのクリスマス・カード」へと移行し、最後に再び「きよしこの夜」に戻ってくるという弾き語り演奏です。


 



 どうもクリスマスに相応しくない、と言われてしまうかもしれませんが、何よりこの人の歌(とくに70年代に顕著と思います)は、情景(詞のシーン)が自然と脳裏に浮かぶという不思議な魅力を持っているように感じます。そう思えば、娼婦からの手紙を受け取ったチャーリー(この曲の主人公)の姿を思い浮かべながら、ウィスキー片手にクリスマスシーズンの夜を過ごすというのも、いいのかもしれません(笑)。






 
【RCP】【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】ブルー・ヴァレンタイン<リマスター2010>/トム・ウェイツ[CD]【返品種別A】








  下記のランキングサイトに参加しています。
  お時間の許す方は、ひとつでも“ぽちっと”応援いただけると嬉しいです!
        ↓           ↓ 

   にほんブログ村 音楽ブログへ   人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2017年12月10日 06時33分58秒
コメント(2) | コメントを書く
[動画紹介] カテゴリの最新記事


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

an-dale@ Re[1]:420万アクセス御礼(12/05) Midge大佐さんへ ありがとうございます。…
Midge大佐@ Re:420万アクセス御礼(12/05) おお!すごいですね!! (コメントしてま…
an-dale@ Re[1]:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) ひろしさんへ コメントありがとうござい…
ひろし@ Re:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) まさに仰る通りで、バーズがロックに残し…
AnDale@ Re[3]:マル・ウォルドロン 『レフト・アローン(Left Alone)』(10/08) 東リ須賀利さんへ ご丁寧なお返事ありが…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.