6244704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2014年03月08日
XML
カテゴリ:その他ワールド

ポップ色の強いヴォーカル作品


 1974年スウェーデンはストックホルム出身のヴィクトリア・トルストイ(Victoria Tolstoy)。その名字からもわかるように、かのロシアの文豪トルストイの曾孫にあたるとういことでも知られる女性ジャズシンガーである。幼くして歌を始めた彼女はやがてジャズへと向かい、インディーズ系レーベルから1994年にデビュー作を発表。その2年後にはメジャーと契約し、本盤を発表することになる。そんな彼女のアルバムは、今のところまだ数枚しか聴いたことがないので、あくまで素人の感想にすぎないのだけれど、それらなん作化のアルバムはどれも魅力的である。

 今回取り上げるのは、ヴィクトリアの作品の中でもとくにポップ色が強いとされる『ヴィクトリア・トルストイ(Too Loved,原題 För Älskad)』。スウェーデン語の原題はさっぱり意味不明だけれど、英語タイトルが“Too Loved”となっているので、おそらくは原題もそういう意味なのだろうか。それと外盤しかもっていなくてこれまた不明だけれど、日本でセルフタイトルで出されたのがどうやらこの盤の模様。

 さて、上で“女性ジャズシンガー”とは書いたものの、実際にはこのアルバムはそんな感じがしない。悪く言えば、ジャズ・ファンからは“こんなのジャズじゃない”とそっぽを向かれそうなポップなノリである。1994年のデビュー盤はマイナー・レーベルからの作品だったが、第二作目となった1996年の本盤は大手(EMI)からのリリースで、意図的にポップ性を強く押し出して、商業的な成功を収めることになった。北欧からのこうしたメジャーなヒットも比較的珍しいが、さらに珍しい事例として、彼女はこの成功の後、ブルーノートからも作品をリリースすることになる。

 ポップ寄りにふった作品がすべてだと思われるのは本人としては心外かもしれないけれど、なかなか好曲が多い(詞の意味はスウェーデン語でさっぱり不明だけれど)。ただ明るいというよりは少し陰を持ったポップ風な曲の出来上がりのレベルが高い。個人的好みとしては、1.「テル・ミー(Månen tur och retur )」、2.「サムハウ(Varken ängel eller gud)」、8.「ユー・アー・ザ・ベスト(Du är bäst)」、9.「セプテンバー・アゲイン(September igen)」、表題曲の11.「愛はどこへ行ってしまったの?」。とにかく歌唱力が見事で、純ジャズ風になろうともポップ色を強めようともやはりこの印象は変わらない。



[収録曲]

1. Månen tur och retur
2. Varken ängel eller gud
3. 3 dygn i rad
4. En bra dag
5. Och om jag gav
6. Lyckligt slut
7. Stanna här hos mig (Mama had to tell me)
8. Du är bäst (i alla fall bra för mig)
9. September igen
10. Moln i din hand
11. För älskad
12. Det finaste som finns

1996年リリース。





 
駿河屋なら各種キャンペーンにエントリーするとポイント5倍以上!【中古】輸入洋楽CD VIKTORIA TOLSTOY/for alskad[輸入版]【05P24Feb14】【画】







下記のブログランキングに参加しています。応援くださる方は、バナーをクリックお願いします!
       ↓          ↓

    にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   












Last updated  2014年03月08日 07時02分19秒
コメント(1) | コメントを書く
[その他ワールド] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Rapture   王島将春 さん
はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。 (2020年11月17日 21時24分52秒)

PR

X

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

恋する空耳クッキー@ A BEAT C「誰のうんち 見てんだ?」 空耳アワーのA BEAT Cに投稿されたものは …
王島将春@ Rapture はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
an-dale@ Re[1]:カーペンターズ(まとめ&動画)(08/06) ノラネコさんへ コメントありがとうござい…
ノラネコ@ Re:カーペンターズ(まとめ&動画)(08/06) 初めまして、スム-スジャズが好きなもので…
an-dale@ Re:憲法改正を急ぐ理由を知って下さい(07/15) 政治的議論に関心がないわけではありませ…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.