2097342 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2017年08月10日
XML
派手にはならず着実なブルース・ロックの脈流(後編)


 前作の『ブルー・マター』は1968年に吹き込まれ、翌69年に入ってからリリースされた。その後、サヴォイ・ブラウン(Savoy Brown)は、わずか半年ほどでさらに次の作品となる本盤『ア・ステップ・ファーザー(A Step Further)』を世に送り出す。

 表題(“一歩先へ”の意)の通り、従来の演奏から一歩踏みだして、新たな試みがまずは耳につく。それは、ホーンにストリングスを導入したり、コンガをパーカッションにしてみたりという演奏面での実験である。ホーンを入れるというのは前作の追加曲として収められているシングル(「グリッツ・エイント・グローサリーズ」)でも見られたが、この音の面での工夫が2.、3.、4.の3曲にわたっている。その意味で、従来の編成で演奏される冒頭の1.「メイド・アップ・マイ・マインド」は、個人的にはお気に入りのナンバーだけれども、このアルバムの試みの中では例外的と言ってもいいのかもしれない。

 ところが面白いことに、いろんな音が加えられて新境地を開拓しようとも、最後はデイヴのこの演奏、そしてシモンズの“いかにもブルース・ロック”なフレーズなのである。そうした点で、一聴すると雰囲気が違っているかもしれないが、実は本質においては変らぬ演奏を続けていると評するのが適当なのかもしれないと思う。

 ちなみに以上は、アルバム前半の話で、今回もまたアルバム後半はライヴ音源となっている。LPで言うと、A面(1.~4.)とB面(5.)でスタジオ録音とライヴ録音に分かれている。後半は、勢いに乗ったブギー・メドレーになっている。都合5曲分、時間にして22分間ほどで、1トラックのみのメドレーとして収録されている。

 このライヴ部分を聴いていて特に思うのだけれど、前作以降、サヴォイ・ブラウンのメンバーには、後にこのバンドを脱退してフォガット(Foghat,参考過去記事(1)(2)(3))を結成することになるメンバーが出揃った。変に大衆受けに走るのではなく、英国ブルース・シーンの中で着実に音を発展させ、しかし中心部分は崩さないというのが、この頃のサヴォイ・ブラウンの好盤の連続に結びついていたのだろう。


[収録曲]

1. Made Up My Mind
2. Waiting in the Bamboo Grove
3. Life's One Act Play
4. A. I'm Tired / B. Where Am I
5. Savoy Brown Boogie (Live): A. Feel So Good / B. Whole Lotta Shakin' Goin On / C. Little Queenie / D. Purple Haze / E. Hernando's Hideaway

1969年リリース。




 ​
【送料無料】 Savoy Brown / Blue Matter / Step Further 輸入盤 【CD】

 ​
【メール便送料無料】SAVOY BROWN / STEP FURTHER (輸入盤CD)





   ブログランキングに参加しています。
   応援くださる方は、ぜひ“ぽちっと”お願いします。
       ↓      ↓      ↓

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2017年08月10日 21時35分00秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

地味JAM尊@ これまたカッコイイ曲ですよね! New! 自分は「Give It All You Got」からの遡り…
andale@ Re:父親が熱烈なファンで(11/09) 地味JAM尊さんへ 私語厳禁ですか。次の機…
andale@ Re[1]:岩崎宏美 「聖母たちのララバイ」(11/09) キイロマン天さんへ コメントありがとうご…
地味JAM尊@ 父親が熱烈なファンで サスペンス劇場の中でこの曲がかかると私…
キイロマン天@ Re:岩崎宏美 「聖母たちのララバイ」(11/09) 2009年のほうが高音に幅があって聴き…

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.