4443819 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2018年04月28日
XML
テーマ:THE 80's(38)
カテゴリ:動画紹介
気まぐれ80s~第9シーズン(その6)


 続いては、ディオンヌ・ワーウィック(Dionne Warwick)のナンバーです。彼女は1970年代に登場し、その後、1980年代にかけて活躍しました。前回のブルース・スプリングスティーン(参考過去記事)と同様に、「ウィー・アー・ザ・ワールド」への参加が記憶にあるという人も多いかもしれません。

 そんな彼女の1986年の大ヒット曲が、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン、グラディス・ナイトと共演した「愛のハーモニー(That's What Friends Are For)」です。チャリティー・シングルとして英米で発売され、全米1位のヒットとなり、チャリティーの収益は300万ドル以上あったといいます。


 



 もう1本、往時のライヴ歌唱の様子をご覧いただきたいと思います。正確にいつのものかは不明ですが、“ディオンヌ&フレンズ”の“フレンズ”のメンバーが少し入れ替わっています。スティーヴィー・ワンダーは同じですが、ルーサー・ヴァンドロスとホイットニー・ヒューストン(参考過去記事、ちなみにディオンヌとホイットニーは従姉妹の関係でした)が加わっています。


 



 ところで、この曲はバート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーのペンによるものですが、実はディオンヌの数年前に先に別の有名アーティストが歌ったものでした。1982年、サウンドトラック盤に提供されたロッド・スチュワート(Rod Stewart)による「愛のハーモニー」をどうぞ。


 




[収録アルバム]
Dionne Warwick / Friends(1985年)
Various Artists / Nightshift (Original Motion Picture Soundtrack)(1982年)




 ​
Dionne Warwick ディオンヌワーウィック / Friends 【CD】




   ブログランキングに参加しています。
   応援くださる方は、ぜひ“ぽちっと”お願いします。
       ↓      ↓      ↓

  にほんブログ村 音楽ブログへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2018年04月28日 06時57分07秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

an-dale@ Re[1]:420万アクセス御礼(12/05) Midge大佐さんへ ありがとうございます。…
Midge大佐@ Re:420万アクセス御礼(12/05) おお!すごいですね!! (コメントしてま…
an-dale@ Re[1]:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) ひろしさんへ コメントありがとうござい…
ひろし@ Re:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) まさに仰る通りで、バーズがロックに残し…
AnDale@ Re[3]:マル・ウォルドロン 『レフト・アローン(Left Alone)』(10/08) 東リ須賀利さんへ ご丁寧なお返事ありが…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.