4470377 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽日記 ~ロックやジャズの名盤・名曲の紹介とその他の独り言~

2018年04月29日
XML
カテゴリ:動画紹介
気まぐれ80s~第9シーズン(その7)


 第7回目は、1980年代末に発表された極上バラードです。1987年にきら星のごとくシーンに登場したリチャード・マークス(Richard Marx)の1989年のセカンド作からの大ヒット・シングル、「ライト・ヒア・ウェイティング(Right Here Waiting)」です。


 



 リチャード・マークスは当時20歳代半ばだったわけですが、なんとも若々しいですね。続いてはライヴ演奏の模様をということで、後世の円熟味溢れるアコースティックなライヴの様子をご覧ください。


 



 ちなみに、この曲は当時、英では2位だったものの、全米1位をはじめ世界各国で1位のヒットでした(カナダでは年間2位の大ヒットだったとのことです)。とはいえ、過去のヒット曲という”懐メロ”的な位置づけではなく、今でも街中やいろんな場面で耳にするスタンダードになっています。加えて、後にいろんなアーティストによってもカバーされています。

 そこで、今回は1999年のモニカと112(Monica featuring 112)によるカバーをお聴きください。モニカは、1980年生まれで、1990年代後半以降に活躍しているグラミー受賞歴もあるR&B女性シンガーです。なるほど、女性が歌うとこうなる、そしてさすがはR&Bのシンガーといった節回しと感心させられるカバー・ヴァージョンです。


 





[収録アルバム]

Richard Marx / Repeat Offender(1989年)
Monica / The Boy Is Mine(1999年)




   以下のブログランキングに参加しています。お時間の許す方は、
   “ぽち”応援よろしくお願いします。
       ↓      ↓      ↓

  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ      ブログランキング・にほんブログ村へ   






Last updated  2018年04月29日 06時07分26秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

Freepage List

Category

Free Space

  ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

   にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

   にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
      ↑        ↑
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックで応援お願いします!
      ↓        ↓
  人気ブログランキングへ



↓相互リンク↓

ちょっと寄り道 [音楽の旅]




Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

an-dale@ Re[1]:420万アクセス御礼(12/05) Midge大佐さんへ ありがとうございます。…
Midge大佐@ Re:420万アクセス御礼(12/05) おお!すごいですね!! (コメントしてま…
an-dale@ Re[1]:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) ひろしさんへ コメントありがとうござい…
ひろし@ Re:ザ・バーズ 『ミスター・タンブリン・マン』(08/12) まさに仰る通りで、バーズがロックに残し…
AnDale@ Re[3]:マル・ウォルドロン 『レフト・アローン(Left Alone)』(10/08) 東リ須賀利さんへ ご丁寧なお返事ありが…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.